ここから本文です。

ホーム > しごと・産業・観光 > しごと・雇用 > 就労・人材確保支援 > ちばの魅力ある職場づくり公労使会議 > 平成29年11月24日平成29年度第2回「ちばの魅力ある職場づくり公労使会議」を開催しました

更新日:平成30(2018)年8月15日

平成29年11月24日平成29年度第2回「ちばの魅力ある職場づくり公労使会議」を開催しました

ちばの魅力ある職場づくり公労使会議(※)では、働きやすさと働きがいのある雇用環境の実現に向けて、企業において取り組むことが期待される具体的な行動案をまとめ、同日開催のシンポジウムで広く企業や県民に対して表明しました。

(※)国、県、労使団体及び金融機関が連携して働き方改革に取り組むことを目的として設置。平成28年9月に「ちば『働き方改革』共同宣言」を採択。

 

kourousi

1日時

平成29年11月24日(金曜日)

2場所

三井ガーデンホテル千葉

3出席者

(公)
千葉県副知事滝川伸輔
千葉労働局長塚本勝利

(労)
日本労働組合総連合会千葉県連合会会長小谷裕

(使)
一般社団法人千葉県経営者協会会長小島信夫
千葉県中小企業団体中央会会長平栄三
一般社団法人千葉県商工会議所連合会会長石井俊昭
千葉県商工会連合会会長和泉善久

(金融)
株式会社千葉銀行取締役副頭取木村理
千葉信用金庫理事長宮澤英男

4具体的な行動案の概要

(1)労使の意識改革を図り、時間外労働の削減や年次有給休暇の取得を促進

  1. 「長時間労働の企業文化」の見直し
  2. 労働時間の適切な把握、時間外労働協定の適正な締結、業務改善等の生産性の向上
  3. 年次有給休暇の取得計画の作成、取得しやすい雰囲気づくり

(2)若者、女性、高齢者、障害のある方々などすべての県民が能力を発揮でき、「働きやすさ」と「働きがい」のある雇用環境を整備

  1. 積極的な採用時の職場情報の提供
  2. 女性の少ない職務等への採用や管理職への登用
  3. いわゆるマタハラ防止措置や育児・介護休業規定等の整備
  4. 65歳以降への定年延長や継続雇用制度の導入
  5. トライアル雇用、職場適応応援者による支援
  6. 治療と仕事の両立支援

(3)不本意非正規労働者の正社員化やキャリアアップ支援等を通じて企業の生産性と競争力を高め、地域経済を活性化し、魅力ある千葉県を創出

  1. 職業能力開発や正社員化
  2. 「無期転換ルール」の円滑な導入
  3. パートタイム労働者の均等・均衡待遇の確保
  4. 人事評価制度や人材育成制度の改善、業務方法の見直し等により、労働者のキャリアアップや労働生産性の向上
    ちば「働き方改革」共同宣言に基づく具体的な行動案(PDF:148KB)

 

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:商工労働部雇用労働課企画調整班

電話番号:043-223-2767

ファックス番号:043-221-1180

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?