ここから本文です。

報道発表案件

更新日:令和3(2021)年3月10日

ページ番号:422093

緊急事態宣言下におけるテレワークの実施状況について~アンケート調査結果~

発表日:令和3年3月9日
商工労働部雇用労働課

県では、緊急事態宣言下におけるテレワークの実施状況を把握し、感染拡大防止に向けた今後の取組に活かすため、県内の約17,000事業所に対し、アンケート調査を実施しました。
このたび、結果について取りまとめましたので、公表します。

アンケート概要

  1. 調査対象:県内の16,941事業所(雇用保険が適用される従業員を10人以上雇用する事業所)
  2. 調査時期:令和3年1月22日~2月8日
  3. 調査方法:郵送配付・FAX回答、インターネット回答
  4. 回答状況:4,972件(回答率=29.3%)

調査結果概要

1.テレワークの実施状況

  • テレワークを現在、実施している:979件(19.7%)
  • テレワークを実施していない:3,993件(80.3%) 

2.実施していない主な理由

テレワーク未実施の理由につき、複数回答で聞いたところ、「テレワークに適した業務がない」(90.3%)が最も多く、続いて「情報セキュリティ対策」(10.7%)、「労務時間や進捗の管理が難しい」(10.0%)となっています。

※調査結果の詳細は参考資料をご覧ください。

アンケート結果を踏まえた今後の県の対応について

アンケート結果については、経済団体等を通じて県内企業に報告し、テレワークの更なる推進を呼びかけるとともに、できる限り多くの企業においてテレワークが活用されるよう、働き方改革専用サイトを新設し、導入のヒントとなるような事例の紹介を行うほか、テレワークに適した業務の洗い出しに向けた相談事業の充実を図るなど、アンケート結果を踏まえたテレワーク推進の取組を進めてまいります。

※参考

お問い合わせ

所属課室:商工労働部雇用労働課企画調整班

電話番号:043-223-2767

ファックス番号:043-221-1180

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?