ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年8月21日

ウィークリー千葉県

ウィークリー千葉県平成29(2017)年8月19日放送分(特集)ダムのはなし

掲載日:平成29年8月21日

県内のダム施設のリポートなどを通して、水資源の状況をはじめ、洪水調節や水道用水確保といったダムの役割を紹介します。

特集

動画の内容

(キャスター)
さあ、冒頭で、最近「ダム」がブームだと言っていましたが、あらためてダムの魅力はどんなところにあるんでしょうか。

(リポーター)
はい。
まずは、何といってもその大きさではないでしょうか。
下から見上げるダムの高さはもちろん、横方向も圧巻で本当に迫力があります。
また、それぞれの地形に合わせて建設されているので、いろんな表情を持っている。同じものが無いので、また別のものも見に行ってみたくなる、といったところかと思います。
そして、これ。
ダムに行かなければもらえない「ダムカード」。
今回、亀山ダムと片倉ダムでいただいたものですが、全国のダムに行って集めたくなってしまいますよね。

(キャスター)
いいですね、思い出にもなりますよね。

(リポーター)
はい…、まだ2枚なんですけれどもね。
では、ダムの目的と役割、そして魅力についてご紹介しましょう。

(リポーター)
君津市久留里を通って木更津市の東京湾に注ぐ小櫃川。
流域面積273.2平方キロメートル、延長約88キロメートルは千葉県で一番長い川です。
昭和45年、大雨による洪水で小櫃川流域は大きな被害を受けました。
これを契機に水害を防ぐことを主な目的に亀山ダムは建設されたのです。
ダムの目的は、洪水を調節して水害を防ぐこと、水道用水の安定供給、河川環境の保全などがあげられます。
千葉県で最初に建設された多目的ダム「亀山ダム」にやってきました。
房総丘陵の山あいのダム湖周辺には、三石山観音や清澄寺などがあって、気軽に自然とのふれあいが体験できます。
まず、はじめにダムとは一体何か…。
千葉県亀山・片倉ダム管理事務所の高山所長にお話しをうかがいます。

(千葉県亀山・片倉ダム管理事務所 高山治 所長)
はい、千葉県には、洪水対策を目的としたダムや水道用水・農業用水などの水資源開発を目的としたダムが、約50建設されています。
小櫃川水系には、亀山ダムと片倉ダムの2つのダムがあります。
亀山ダムも片倉ダムも、複数の機能をもった多目的ダムで、雨が降った時に水をためて洪水を防ぐという役割と、水を溜めておいて水道用水や農業用水が必要な水量を川に流すという役割をもっています。

(リポーター)
片倉ダムは、亀山ダムの上流およそ5キロ、小櫃川の支流笹川に位置します。
木更津市や君津市の住宅の密集や人口増加に伴い、洪水の再来・予想される水不足を防ぐため、平成13年につくられました。
ダム湖周辺では、多くの人々が豊かな自然と湖に親しめるよう、自然環境を生かした環境整備が行われています。

(高山所長)
ダムが造られる地域は、家屋や土地の水没など、生活基盤が全面的に失われることから、生活再建対策や環境保全が必要になります。
ダムの周辺環境整備は、その一環をなすとともに、自然の回復と乱開発の防止、地域振興などを目的として整備されています。
亀山湖、笹川湖周辺は、ハイキング、ボート、釣り、キャンプなどさまざまなレジャー施設があり、四季を通じて賑わっています。
11月から12月にかけては、紅葉を楽しむことができます。
また、SNSで一気に有名になった、濃溝の滝があります。
是非、亀山・片倉ダム周辺を訪れていただき、自然を満喫していただければと思います。

(リポーター)
全国のダム湖周辺の飲食店などでは、ダムカレーと呼ばれるカレーが提供され、その数は100種類以上に及ぶといいます。
亀山ダムのすぐ横にあるこちらのレストランで亀山ダムカレーをいただきました。

こちらがダムで、カレー部分がダム湖ということですね。
では、さっそくいただきます。
ピリッと少し辛いんですけれども、野菜の甘みも感じられて、そしてとってもまろやかでおいしいです。

(御食事処湖畔亭 代表 石井強さん)
ダムっていうと、皆さん水面を思い浮かべると思うんですけれども、実はダムっていうのはこの建造物のことをダムって呼ぶんであって、もちろんこの白いご飯が亀山ダムの「ダム」になりますね。
それで、このカレーのルーの部分が貯水池ということで、イメージとしては緑のレタスの部分が山。
千切りのキャベツの部分というのかな、付け合わせのキャベツの部分が、そこらへんの里山というか野原をイメージしてまして、一番の特長としては、この三つの唐揚げですね。
亀山の地域のシンボルとして三石山っていう有名な観音寺があるんですけれども、そちらの山の頂上になぜか大きな岩が三つあるという、その三つの岩をイメージして唐揚げを三つ乗っけて、それで昔の水天宮、鳥居があるんですね。
福神漬をわざとルーのところに浮かべて鳥居をイメージしていると。

(リポーター)
そういうことだったんですね、それぞれに意味があるんですね。
そういうのも聞くと面白いです。

(石井さん)
そうですね。
ぜひ楽しんで食べていただきたいと思います。

(リポーター)
ダムの大きな目的は「洪水の管理」です。
台風や集中豪雨の時、管理事務所ではどのようなことが行われているのでしょうか。

(高山所長)
ダムの効果を最大限発揮するため、雨や洪水の状況をできるだけ早く把握し、ダムの貯水位の状況を監視しながらダムの操作を行っています。
また、ダムから放流を行う場合には、下流の河川利用者の安全を確保するため、サイレンやスピーカーなどで警報を行うとともに、市町村、警察、消防など関係機関に連絡し、安全の徹底を図っています。

(リポーター)
そして、もうひとつ重要な仕事が堤体の安全管理です。
ずいぶん奥深くまでやってきましたが、ここはどのあたりなんですか。

(高山所長)
ここはダムの安全点検をするために、ダムの内部につくられた通路で、「監査廊」というところです。
ここはダムの一番上から31m下の地点にあたります。

(リポーター)
だから少しひんやりとするんですかね。

(高山所長)
ここはですね、夏になるとひんやりとして冬は少し暖かいという感じになります。

(リポーター)
具体的にはどのような点検を行っているんですか。

(高山所長)
ダムは、大量の水を貯留しなければならないということから、大きな水圧過重がかかります。
そのためにですね、ダムの定期的な点検とか、あと漏水量の観測、あとはダムの下にかかる揚圧力というのを計測してでですね、ダム堤体の安全とですね、ダム基礎地盤の安全を確認しているということです。

(リポーター)
最大で1475万立方メートルもの水を支えるダムの堤体。
その陰には、こうした管理事務所の皆さんの地道な点検がありました。

最後に、亀山・片倉ダムの今後についてお聞かせください。

(高山所長)
亀山ダムも片倉ダムも建設されてから数十年と経っており、ダム自体のですね、点検あと維持修繕が必要となっています。
現在長寿命化計画というのを策定して、維持管理を行っているところです。
今後は洪水・上水道に、ですね、末永く役立てるように管理していきたいと思っています。
あと、11月23日には観光放流というものを行っております。
ぜひいらっしゃっていただければと思います。

(リポーター)
今日はありがとうございました。

(高山所長)
ありがとうございました。

(キャスター)
ダムの壮大な景観とその周辺に広がる豊かな自然、素晴らしいですね。

(リポーター)
そうですね。
ダム周辺には観光スポットもたくさんあります。ぜひご家族で楽しんでいただきたいと思います。

(キャスター)
ダムというのは洪水を防いだり、安定的な水の供給のために頑張ってるわけですからね。
私たちも貴重な資源である水を大切に使いたいですね。
以上、「特集」でした。

(キャスター)
続いて、食の宝庫ちば。
今回は「なし」です。

温暖な気候や、水はけのいい土壌を持つ千葉県は、古くから梨の産地として有名で、収穫量・産出額ともに日本一を誇っています。
今年は、雨が少なく、日照りの強い日が多かったため、例年よりも糖度が高い、甘くて瑞々しい「なし」が出来ているそうです。

Q. おすすめの食べ方は?
((有)与左ヱ門 代表取締役 田中総吉さん)
梨といえば生で食べる生食が一番おいしいので、やはり購入されたら食べる30分ぐらい前に冷蔵庫で冷やして、それを剥いて召し上がるのが一番おいしい食べ方だと思います。

収穫された「なし」は、こちらの直売所から全国に向け発送されています。
ここでは他にも、こちらで獲れた「なし」を使ったジュースやジャム、お酢を購入することができます。
冷やした「なし」は、まだまだ暑い日の続く今の時期にぴったり。
シャキっとした歯ごたえや口いっぱいに広がる甘みや果汁をこの機会に堪能してみてはいかがでしょうか?

ちばの食材について詳しくは、ホームページもご覧ください。
それでは、プレゼントです。

(リポーター)
今週は、千葉県産の梨を使った「ありの実100%のジュース」2本セットを3人の方にプレゼントします。

(キャスター)
ご応募は、はがきか番組のホームページからお願いします。
ご覧の必要事項と、番組の感想を必ずお書き添えください。

さて、来週の特集は「ちばを味わう 農家レストラン」です。
地元で収穫された新鮮な野菜などを利用したレストランを訪ねます。
是非ご覧ください。
それでは、今週のウィークリー千葉県、このあたりで失礼します。

お問い合わせ

所属課室:総合企画部報道広報課放送・インターネット班

電話番号:043-223-2245

ファックス番号:043-227-0146

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?