ここから本文です。

ホーム > 県政情報・統計 > 広報 > 千葉県インターネット放送局 > ウィークリー千葉県~ちばの旬な話題をお届け~ > 平成29年度のウィークリー千葉県 > ウィークリー千葉県平成29(2017)年7月8日放送分(今週の動き)順天堂大学SAKURA未来プロジェクトシンポジウム

更新日:平成29(2017)年7月10日

ウィークリー千葉県

ウィークリー千葉県平成29(2017)年7月8日放送分(今週の動き)順天堂大学SAKURA未来プロジェクトシンポジウム

掲載日:平成29年7月10日

・順天堂大学SAKURA未来プロジェクトシンポジウム

今週の動き

動画の内容

(キャスター)
こんばんは。

(リポーター)
こんばんは。

(キャスター)
ちばの旬な話題をお届けするウィークリー千葉県の時間です。
さあ、そろそろ夏本番。「夏休み」も近づいてきましたね。

(リポーター)
そうですね。
海に出かける方もたくさんいるかと思いますが、これからの季節、毎年水辺の事故も多くなります。
そこで今回は、そうした事故から命を守るライフセーバーの皆さんを取材してきました。

(キャスター)
では、後ほど詳しくお願いします。
そして、番組のおしまいにはプレゼントのお知らせがあります。
こちらもお楽しみに。
それでは、今週の千葉県の主な出来事からお伝えします。

2日、日曜日。
日本のスポーツの今後を考えるシンポジウムが、千葉市内で開かれました。
このシンポジウムは、順天堂大学が進めている「SAKURA未来プロジェクト」の一環として開催されたものです。
来賓として出席した森田知事は、「子どもたちがより大きな夢、より大きな希望を叶えられるよう、スポーツを通じて『日本一の光り輝く千葉県』を作りたいと思います」とあいさつしました。
当日は、「スポーツで子どもの可能性を広げるためにできること」をテーマに、スポーツ庁の鈴木大地長官が講演を行ったほか、体操の冨田洋之さんや陸上の高平慎士選手、パラリンピック競技からはゴールボールの欠端瑛子選手らがトークセッションに参加し、世界で活躍するための秘訣などについて、自身の経験を交えながら語り合いました。

以上、今週の主な出来事をお伝えしました。

お問い合わせ

所属課室:総合企画部報道広報課放送・インターネット班

電話番号:043-223-2245

ファックス番号:043-227-0146

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?