ここから本文です。

ホーム > 県政情報・統計 > 広報 > 千葉県インターネット放送局 > ウィークリー千葉県~ちばの旬な話題をお届け~ > 平成28年度のウィークリー千葉県 > ウィークリー千葉県平成29(2017)年3月11日放送分(特集)「応急危険度判定士のしごと」

更新日:平成29(2017)年3月13日

ウィークリー千葉県

ウィークリー千葉県平成29(2017)年3月11日放送分(特集)「応急危険度判定士のしごと」

掲載日:平成29年3月13日

大地震被災後、二次的災害を防止するため、すぐに被災現場で被災建築物の調査を行う「応急危険度判定士」のはたらきについて紹介します。

特集

動画の内容

(キャスター)
平成23年3月11日に発生した「東日本大震災」は広範囲にわたり甚大な被害をもたらしました。
6年目にあたる今日、津波で大きな被害を受けた旭市では、今年も県と市による合同追悼式が営まれ、地震発生時刻の午後2時46分には、黙祷が奉げられました。

(リポーター)
そこで今日は、被災直後に現場に入り、被災地で活動を行う「応急危険度判定士」のはたらきを紹介します。

(キャスター)
「応急危険度判定士」という言葉は聞いたことあるけれども、実際の活動内容はよく知らない方も多いかもしれないですね。

(リポーター)
はい。そこで今回の特集は、どういった方が、どのように活動するのか。また、実際に現場で判定を行った方に、お話を伺いながら、そのはたらきを紹介します。

(リポーター)
平成23年3月11日。かつて私たちが経験をしたことのない大地震が東日本を襲いました。
千葉県も地震や津波による家屋の倒壊、また、液状化などによって多くの被害がもたらされました。

あれから6年。ここ旭市も「夢と誇りをもてる暮らしの創造」、「災害をバネにした地域活力の創造」などを目標に掲げ、より住みやすいまちづくりに取り組んできました。

また記憶に新しいところでは、平成28年4月に発生した「熊本地震」。
熊本でも、たくさんの建物が倒壊し、多くの被害が報告されました。
そしてその残された建物に張られた、このようなステッカーをニュース映像などでみたことはありませんか?
大地震の被災直後の現場で、被災建物を調査し、判定ステッカーを張るのが「応急危険度判定士」なのです。

(リポーター)
応急危険度判定とはどのようなものなのでしょうか?

(千葉県 県土整備部 都市整備局 建築指導課 齋藤忠志 課長)
大地震により被災した建築物を調査し、その後に発生する余震などによる倒壊の危険、外壁や窓ガラスの落下、付属設備の転倒などの危険性を判定して二次的災害を防止することを目的としています。これらの活動を行政職員やボランティアとして協力いただける民間の建築士さんなどで行うのが「被災建築物応急危険度判定」と言っております。
「千葉県被災建築物応急危険度判定士」は、“応急危険度判定士認定講習会”を受講した建築士等が、『認定申請書』を知事に提出することで認定されます。
千葉県では、建築士等を対象に年に1回講習会を行っています。

(リポーター)
現在千葉県には、どれくらいの応急危険度判定士がいるのでしょうか?

(齋藤課長)
自治体職員と民間建築士と合わせまして4,524人の方々が判定士として認定されています。

(リポーター)
これまでに、どのような活動を行ってきたのでしょうか?

(齋藤課長)
昨年の4月の「熊本地震」におきましては、4月22日から26日まで、第一次派遣で8名、4月25日から29日までの第二次派遣で36名、合計44名を派遣いたしました。
今回の急な要請にもかかわらず、県内の市町村から多くの判定士の方を派遣していただきまして、感謝するとともに、今後の千葉県の耐震に関する備えの中に生きてくると思っております。

(リポーター)
では実際に、現場で活動を行った「応急危険度判定士」の方に、お話を伺ってみたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

(千葉県被災建物応急危険度判定士
千葉県 県土整備部 建築指導課 長谷部礼子 副主幹)
よろしくお願いいたします

(リポーター)
長谷部さんは、東日本大震災の時に、ここ旭市で実際に判定活動を行ったそうですね。

(長谷部 副主幹)
はい。

(リポーター)
その当時の状況というのは、どうだったんですか?

(長谷部 副主幹)
はい。私が飯岡に来た時は、まだ壊れたままの家ですとか、波が入って汚れたままであるとか、驚いてしまうような状況でした。

(リポーター)
そんな中、判定活動をしていてどのようなことを感じましたか?

(長谷部 副主幹)
応急危険度判定というのは、地震の揺れで壊れた建物に対して、どんな危険があるかというのを判定するのですが、旭の場合は、津波で壊れた家が多かったので、揺れで壊れたのと状況が違うので、なかなかマニュアルどおりじゃない難しいところがありました。
本来の目的は、余震の時に更なる被害が出ないように、というのが目的ですが、その他には、その家で暮らしている人や近所の人が、少しでも安心してもらえれば、不安が少なくなればありがたいなと思います。

(リポーター)
そして関さんは、平成28年の熊本地震の際に、被災地に駆けつけたそうですが、熊本に実際に行ってみて、いかがでしたでしょうか?

(千葉県被災建物応急危険度判定士
千葉県 県土整備部 建築指導課 関貴明 副主査)
はい。建物が、二階建ての建物の一階がなくなってしまって、二階が落ちてきてしまっている状況の建物だとか、ブロック塀がほとんど倒れてしまっているものがたくさんありまして、ただ呆然としたのを覚えています。

(リポーター)
そんな中、どのようにして判定活動をすすめていったのですか?

(関 副主査)
まず、一見して危険と判断できればそれで終わりますが、ちょっと判断できないものは、下げ振りを使って建物の傾きとか、外壁の亀裂とか、また屋根の瓦が落下してこないかどうか、すべて見て危険かどうかを判断してきます。

(リポーター)
やりがいはどんなところに感じますか?

(関 副主査)
被災者の方がたくさんいる中で、まだお庭でテントを張って過ごしている方や車中泊をしている方などが多かったんですが、判定活動を行っていると、声を掛けてくれるんですよ。『千葉県から来たんだ』『遠いところありがと』と声をかけてくれる方々の力になれるのがやりがいだと思います。

(リポーター)
では地震が来る前に、私たちが備えておけることってあるのでしょうか?

(関 副主査)
はい、あります。耐震診断や耐震改修などをすることができます。

(リポーター)
私たちができる備えとして、耐震診断や耐震改修などがあると伺ったのですが。

(齋藤課長)
はい。大地震が起きても、家族の命や財産を守れ、地震発生後もご自宅での暮らしを維持できるよう、ご自宅の耐震診断により、建物の耐震性を把握していただきまして、必要に応じた耐震改修などを行っていただく。このため県内の各市町村におきましては、住宅の耐震化に対する補助制度を設けておりますので活用していただきたいと思います。

(リポーター)
では実際、そういったことを相談したいと思った場合、どうしたらよいでしょうか?

(齋藤課長)
千葉県および市町村では、千葉県建築士会や千葉県建築士事務所協会などの建築設計団体の協力をえまして、建築の専門家に相談できる無料相談会を各地で開催しています。

(リポーター)
日頃から耐震に対する関心を持って備えておけば、不安な気持ちも解消されますね。「備えあれば憂いなし。」ということですね。


(リポーター)
今回お話を伺ったのは、県職員の方でしたが、たくさんの民間の判定士さんが、ボランティアで判定にあたっています。
県では今後も講習会を開いて、応急危険度判定士のさらなる確保を計画しているとのことです。

(キャスター)
それはとっても心強いですね。
そしてそれぞれの家庭でも、地震に備えて耐震診断や耐震改修などを行っておくことも大切ですね。

(リポーター)
はい。
応急危険度判定士、耐震に関する補助制度、無料相談会については、県や市町村のホームページでご確認ください。

(キャスター)
以上、特集でした。

続いて、「旬のレシピちばの味」。
今回は「ヒジキ」を使ったレシピです。

千葉伝統郷土料理研究会 桜屋敷智子(さくらやしきともこ)先生に「ヒジキのいなりずし」を作っていただきます。

この時期旬を迎える「ヒジキ」。
県内では外房地域が主な産地です。
今回は「ヒジキ」を使って、お弁当にもピッタリな、いなりずしを作ります。

水で戻した「ヒジキ」を2センチくらいに切り、ニンジンは千切りにします。

鍋に油を入れニンジンを炒め、火が通ったら「ヒジキ」も一緒に炒めます。

ニンジン、ヒジキ用のだし汁と調味料を加え、水気が無くなるまで中火で7~8分煮詰めます。

塩ゆでしたサヤインゲンを斜めに2センチの薄切りにし、2つに切った油揚げは、お湯で油抜きをします。
油揚げを鍋に並べ、温めておいた油揚げ用のだし汁と調味料を入れ、落としぶたをして中火で5、6分煮含め、冷ましておきます。

すし飯が温かいうちに「ヒジキ」とニンジンを混ぜます。

軽く絞った油揚げに詰めれば、完成です。

(千葉伝統郷土料理研究会 桜屋敷智子(さくらやしきともこ)さん)
大きさを変えたり、トッピングしたりして、楽しいお弁当にもぴったりです。
みなさん、ぜひ、お試しください。

(キャスター)
紹介したレシピは、「県民だより3月号」に掲載されています。
ちばの食材については、ホームページもご覧ください。

それでは、プレゼントです。

(リポーター)
今週は、防災グッズと耐震診断のパンフレットをセットにして、3人の方にプレゼントします。
ご覧の必要事項と、番組の感想を必ずお書き添えのうえ、ご応募ください。

(リポーター)
来週の特集は、大多喜町にある「品の川(しなのがわ)用水(ようすい)」と、この用水を地域の交流に繋げようとする取り組みを紹介します。

そして、4年間特集のリポートを務めてきた中川ちひろさん、今日で番組を卒業ということですね。

(中川リポーター)
はい。4年間振り返ると本当にあっという間でした。私、地元が千葉なんですが、取材に行く度に毎回新たな発見というのがあって、地元千葉がもっと好きになりました。
取材を通して出会ってくださった沢山の方々、そして番組をご覧頂いた皆様、本当にありがとうございました。木次さん、本当にありがとうございました。

(キャスター)
こちらこそ。本当に沢山の中川ちひろちゃんの笑顔に癒された日があったと思います。
そして皆様にも、これからもちひろちゃんの活躍を応援して頂けたらと思います。

それでは、ウィークリー千葉県、また来週です。

お問い合わせ

所属課室:総合企画部報道広報課放送・インターネット班

電話番号:043-223-2245

ファックス番号:043-227-0146

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?