ここから本文です。

ホーム > 県政情報・統計 > 広報 > 千葉県インターネット放送局 > ウィークリー千葉県~ちばの旬な話題をお届け~ > 平成28年度のウィークリー千葉県 > ウィークリー千葉県平成29(2017)年1月28日放送分(特集)「茂原食べ歩きの旅」

更新日:平成29(2017)年1月30日

ウィークリー千葉県

ウィークリー千葉県平成29(2017)年1月28日放送分(特集)「茂原食べ歩きの旅」

掲載日:平成29年1月30日

茂原のご当地グルメや観光スポットなど、茂原の魅力を紹介する。

特集

動画の内容

(キャスター)
「特集」です。
今週は「茂原食べ歩きの旅」と題してお送りします。
茂原と言えば「茂原七夕まつり」や「日本さくら名所100選」にも選ばれている「茂原公園」などが思い浮かびますが、どんなグルメがあるのかとても楽しみです。

(リポーター)
はい、茂原には魅力的なグルメがたくさんありました。
今回は、その誕生秘話なども含めてご紹介します。

(リポーター)
茂原市を訪ねました。
ここ茂原市は、千葉県のほぼ中央部に位置していて、圏央道の開通によりアクセスも良くなり、注目されているスポットです。
関東屈指の規模といわれる「茂原七夕まつり」は、毎年7月に開催され、大勢の観光客で賑わいます。
そんな茂原市のグルメを食べ歩きしてみましょう。

最初は、まさに今が旬のいちごです。
いちご狩りは茂原市の早春の風物詩。
まずは、案内所でいちご園を紹介していただきました。

(リポーター)
ハウスの中、甘い香りでいっぱいですね。
牧野さん、今年のいちごはいかがですか?

(牧野いちご園 牧野邦男さん)
今年はね、一か月ほど遅れちゃいまして大変だったんですけど、味は最高においしいです。

(リポーター)
色々な種類のいちごが栽培されているんですね。
どんな種類があるんですか?

(牧野さん)
農園によって違うんですけどもうちでは「ふさの香(か)」、「とちおとめ」、「紅ほっぺ」、「かおり野」、「おいCベリー」5種類作っています。

(リポーター)
じゃあ、いちごの食べ比べができるんですね。おすすめはありますか?

(牧野さん)
それぞれね、みんなおいしいんだけど、甘い種類とちょっと酸味がある種類とどっちがいいですか?

(リポーター)
甘いのですかね。

(牧野さん)
そうですか。じゃあ、「ふさの香」なんかいいですね。

(リポーター)
凄い重量感、大きいです。
わ~ 甘い、凄い甘いですね。
さわやかな香りが口いっぱいに広がります。

(牧野さん)
いっぱいあるから食べてください。種類ごとに食べ比べてみてください。

(リポーター)
はい、ありがとうございます。

いちご狩りは30分食べ放題。
料金は、時期によって異なりますのでご注意ください。

(リポーター)
続いては、茂原ならではのご当地グルメをいただきます。
訪ねたのは、コチラのお店。

(らぁ麺三軒屋 茂原店 店長 大津生紀さん)
おまたせしました!
茂原市のご当地ラーメン「もばら~めん」です。

(リポーター)
わ~ お肉いっぱいですね。
かなりボリューム満点です。
迫力ありますね。
こちらは、茂原市のご当地ラーメンだから「もばら~めん」って言うんですか?

(大津さん)
はじめは、安くてたくさん食べられるラーメンを提供しようと盛り盛りバラ肉ラーメンを考えて、商品名を略してみたら「もばら~めん」だったのが始まりです。

(リポーター)
盛り盛りバラ肉ラーメンを略して「もばら~めん」なんですね。
では、早速、いただきます。凄い麺が見えないです。
結構コッテリなのなかと思ったんですけど意外とさっぱりしていて、バラ肉もさっぱりしているんですよね。
とってもおいしいです。
こちらの「もばら~めん」は茂原市内の何軒かのラーメン屋さんで食べられると聞いたんですが。

(大津さん)
今現在、茂原市内の5軒のラーメン店で「もばら~めん」を提供しています。
味は各店舗独自のものですが、「もばらーめん」には4つの心得があります。
其の壱 盛り盛りの豚バラ肉は必須。
其の弐 ネギなどの野菜は茂原近辺で採れた地元の物にこだわる。
其の参 らーめん職人がこだわりを持ってつくる一杯である。
其の四 提供店は茂原を愛する店である。
ことです。

(リポーター)
という事は、こちらのお店も茂原を愛しているということなんですね。

(大津さん)
もちろんです。
ぜひ、茂原のラーメン職人渾身の一杯食べに来てください。

(リポーター)
お肉もお野菜もいっぱいで大満足でした。ごちそうさまでした。

(大津さん)
ありがとうございます。

(リポーター)
続いてご紹介するのは、茂原市の特産品「本納(ほんのう)ネギ」を使ったグルメ。

それがコチラ「七夕のまち茂原 星のソース」です。
このソースを使ったお料理を食べられるお店を訪ねました。
ずらりとお料理並んでいるんですけれどもこれすべて「星のソース」を使ったお料理なんですか?

(株式会社B-TYPE/wa-ism 代表取締役社長 久保田基さん)
はい、「星のソース」はですね、色々な料理に合うんですけれども、今日はそのなかから4品ご用意させていただいています。
こちらが「バラしゃぶサラダ」。
こちらが「茂原唐揚げ」。
こちらが「星のメンチ」。
こちらが「市民のうどん」ですね。

(リポーター)
では、唐揚げいただいていいですか。
うん、おいしい。
甘さと酸味が唐揚げによく合いますね。

「七夕のまち茂原 星のソース」は、茂原商工会議所青年部が開発した商品。
久保田さんも開発に携わった中心メンバーです。

(久保田さん)
「星のソース」はですね、もともと茂原商工会議所青年部のほうで本納ネギを使った料理をはじめ考えていたんですけど、何品も何品も料理を考えていくうちに、ソースまたはドレッシングにしたらどうかというふうに考えがかわってきました。
で、七夕まつりで唐揚げにネギを使ったソースをかけて販売したところ非常に好評をいただきまして、商品化をするという風に流れになっております。

(リポーター)
このソース本当においしいんですけど、どこで販売しているんですか?

(久保田さん)
茂原商工会議所や農産物直売所等で販売をしております。
各家庭にですね、必ず1本あるというところを目指してやっておりますので、お見かけの際はぜひお試しいただきたいと思います。

(リポーター)
私もお土産に買って帰ろうと思います。
ありがとうございました。

(久保田さん)
ありがとうございました。

(キャスター)
「いちご」に「もばら~めん」に「星のソース」と茂原市のグルメ色々ありますね。

(リポーター)
はい、「もばら~めん」は各店舗で味が違うので巡ってみるのも楽しいかもしれません。

(キャスター)
ボリューム満点でしたから、お腹をすかせて行かないといけないですね。

(リポーター)
さて、魅力ある茂原市のグルメを色々とご紹介しましたが、続いては、この時期には珍しいイベントをご紹介します。

(リポーター)
茂原市役所そばのイベント会場を訪ねた私を観光大使の相川友希(あいかわゆうき)さんとマスコットキャラクターのモバりんが迎えてくれました。

(リポーター)
この時期の茂原にはどんなイベントがあるんですか?

(茂原市観光大使 相川友希さん)
はい。
2月11日に「もばら冬の七夕まつり」が開催されるんですけど、織姫と彦星が年に1度だけ会える特別な日を茂原では2回、作ってしまったんですよ。

(リポーター)
そうなんですね。
素敵なアイデアですね。相川さん、参加されたことはあるんですか?

(相川さん)
このイベントは今年で3回目で、私は毎年参加させていただいています。

(リポーター)
イベントの見どころは?

(相川さん)
そうですね。
通称「天の川」と呼ばれている豊田川(とよだがわ)や市役所周辺が2月の14日までの期間、イルミネーションで彩られているんです。

(リポーター)
そして、11日のイベント当日は、市役所前の広場にプロジェクションマッピングで溢れ出んばかりの天の川が映し出されます。
小学生手作りペットボトル灯篭イルミネーションや男女ペア歓迎キャンペーンなど、参加型のイベントも充実していますので、皆さん、ぜひ、茂原市に遊びに来てください。

(リポーター)
さて、暗くなるのを待って再び豊田川を訪ねてみました。
凄い、綺麗ですね。幻想的な世界が広がっています。

豊田川を彩るのは、およそ2万5千個のイルミネーション。
このイルミネーションもだんだんと定着し、新しい茂原市の冬の風物詩になってきているそうです。
冬の天の川、綺麗ですね・・・・

(キャスター)
「天の川」のイルミネーション綺麗でしたね。

(リポーター)
はい、「もばら冬の七夕まつり」。
豊田川のイルミネーションの点灯は2月14日火曜日までイベントは11日土曜日の正午から午後8時まで開催されます。

(キャスター)
「もばら冬の七夕まつり」、グルメと合わせて楽しんでみてはいかがでしょうか?

以上、特集でした。

続いて、「食の宝庫 ちば」
今回は「タコ」です。

三方を海に囲まれ、全国有数の漁獲量を誇る千葉県。
ここ、いすみ市の大原沖には、器械根(きかいね)という広大な岩礁帯があり、イセエビ、マダイなど、多くの魚介類が生息する豊かな漁場となっています。
中でも旬を迎えているのがタコ。
いすみ市沖のタコは、明石のタコと並び「日本二大タコ」と称されるほど、高い評価を受けているそうです。

(利東丸 日高利幸さん)
Q.大原のタコ漁の特徴は? 
タコがタコつぼの箱の中に入ってハマグリのエサをひっぱるとそれが閉まるようになっている。

Q.大原のタコの味の特徴は?
やっぱり味が濃いですね。
味が濃くて、食べ方によっては噛みごたえがある。

(キャスター)
水揚げされたタコは、漁協直営の店でも食べられます。
新鮮なタコは、お刺身や唐揚げにしたりこの地方に伝わる「タコ飯」にしたりと様々な調理方法でおいしく食べられます。
ぜひ試してみてくださいね。

ちばの食材についてはホームページもご覧下さい。

それでは、今週のプレゼントです。

(リポーター)
今週は、特集でご紹介した「七夕のまち茂原 星のソース」を2本セットで5人の方にプレゼントします。

(キャスター)
ご覧の必要事項と番組の感想を必ずお書き添えの上、ご応募ください。

(キャスター)
「ウィークリー千葉県」そろそろお別れの時間となりました。
来週の「特集」は千葉ブランド水産物として認定されている「外房つりきんめ鯛」を紹介します。
それでは、今週はこのあたりで失礼します。

お問い合わせ

所属課室:総合企画部報道広報課放送・インターネット班

電話番号:043-223-2245

ファックス番号:043-227-0146

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?