ここから本文です。

ホーム > 県政情報・統計 > 広報 > 千葉県インターネット放送局 > ウィークリー千葉県~ちばの旬な話題をお届け~ > 平成28年度のウィークリー千葉県 > ウィークリー千葉県平成28(2016)年11月5日放送分(特集)「福祉のスペシャリストを目指して~県立松戸向陽高校~」

更新日:平成28(2016)年11月7日

ウィークリー千葉県

ウィークリー千葉県平成28(2016)年11月5日放送分(特集)「福祉のスペシャリストを目指して~県立松戸向陽高校~」

掲載日:平成28年11月7日

11月11日の「介護の日」にちなみ、県内で唯一、福祉に関する専門学科が設置されている県立松戸向陽高校を紹介します。

特集

動画の内容

(キャスター)
今週の特集は、福祉のスペシャリストを目指す高校生たちの紹介ですね。

(リポーター)
はい、それを紹介する前に、こちらをご覧ください。
このグラフは、千葉県の高齢化率、つまり総人口に占める65歳以上人口の割合を表したものです。
平成22年にはおよそ20パーセントでしたが、平成37年には30パーセントに達することが予想されています。
また、介護、支援を必要とする高齢者の数も増加していくことが見込まれています。
平成22年度はおよそ17万8千人でしたが、平成37年度には倍以上、およそ38万人までに増加するという調査結果になっているんです。

(キャスター)
ということは当然、介護に従事する人材の確保も必要になりますね。

(リポーター)
はい、そこで今週の特集は、県内で唯一、福祉に関する専門学科が設置されている県立松戸向陽高校をご紹介します。

(リポーター)
松戸市秋山(あきやま)にあります県立松戸向陽高校です。
こちらの高校には、普通科と福祉教養科がありますが、普通科においても福祉の心にあふれた教育が行われています。
そして、きょうご紹介します「福祉教養科」は、県内唯一の福祉に関する専門学科ということで、期待が寄せられている学科です。ことし6月には、森田知事も視察に訪れました。
では福祉教養科では、3年間でどのようなことを学ぶのでしょうか。

(県立松戸向陽高校 福祉教養科 清水弘恵 学科主任)
本校の福祉教養科では、3年間で介護福祉士国家試験の受験資格を取得するための福祉のスペシャリストを育てています。
まず1年生から専門的な授業や介護実習などを体験します。
本校の福祉教養科は、介護福祉士の国家資格の取得を目的にしていますので、入学後すぐに福祉の専門教科の授業や実習が始まります。
福祉とは何かという基礎的なことはもちろんですが、利用者の生活を支援する者の心構えとして、まずは自分自身の生活を振り返るということを特に大事に学習を進めます。このことにより、「自分が利用者だったらどのようにケアして欲しいか」ということを考えながら利用者に接することができる態度を身に付けられるようになります。
2年生になると、初めての長期実習を体験し、福祉や介護について、より実践的に学んでいきます。
1年生での学びを更に深めて、利用者の様々な状況に応じたケアとは何かということを学びます。同じ支援でも、利用者の状況によって方法を考え、より安全で快適なケアを提供するにはどうしたら良いのか考えることができるようになります。この学びをもとに、3週間の長期実習で介護福祉士に必要な知識を更に深め、専門職としての技術、態度を学びます。
2年生を修了する時点で「介護職員初任者研修」を終了することができます。
そして3年間で専門教科1855時間と、施設での実習60日間を終了し、「介護福祉士国家試験受験資格」を取得することができます。

(リポーター)
では、生徒の皆さんは、どのような志を持って福祉教養科に入ったのでしょうか。

(1年生女子生徒)
福祉のことを専門的に学べるということで私の将来の夢である看護師に役立つのではないかと思いこの学科を希望しました。

(1年生女子生徒)
今の日本に必要な職業だと思い、その職業に就職したいと思ったからです。

(2年生女子生徒)
今は高齢化社会を超えて超高齢社会なので介護の人材が足りなくて、社会に貢献したいなと思ってこの学科を選びました。

(2年生男子生徒)
もう亡くなってしまったんですが、自分にはひいおばあちゃんがいて、デイサービスに通っている時の写真を見せてもらったときに、すごく良い笑顔をしていて、こんなにも人に笑顔を与えられる仕事はあるのかと実感し、介護福祉士を目指すことを決意しました。

(リポーター)
こちらは、校内の「介護実習室」です。中では3年生の実習が行われています。

(実習中の生徒)
すみません。吸引させていただきます。
失礼します。
ありがとうございます。

(清水先生)
現在、ご覧いただいているのは、体内に管を通したんを吸引する「喀痰(かくたん)吸引」と、
鼻から胃に管を通して栄養剤を注入する「経鼻経管(けいびけいかん)栄養法」の実習です。

(実習中の生徒)
それではお食事の準備ができたので今から開始させていただきます。
吐き気とか違和感とかないですか。
ありがとうございます。

(清水先生)
平成27年度以降、介護福祉士が業務として喀痰吸引や経管栄養を行うことが可能になったため、本校でも平成25年度入学生より、このような医療的ケアの実習を行っています。
シミュレーターを使っていますが、安全かつ適切な手順で行わなければなりませんので、どの生徒も真剣な表情で取り組んでいます。
福祉教養科の全課程を修了すると介護福祉士国家試験受験資格が取得できますが、本校の福祉教養科の平成27年度の介護福祉士国家試験の合格率は、全国平均57.9パーセントを大きく上回る91.7パーセントでした。
国家試験に合格すると最年少で介護福祉士になることができます。

(リポーター)
あと数か月で、全課程を修了する3年生は、どのような目標を持っているのでしょうか。

(3年生女子生徒)
まずは、目先にある介護福祉士国家試験に合格することと、その後は利用者様一人ひとりを理解して寄り添った介護が提供できるような介護福祉士なりたいと思っています。

(3年生男子生徒)
将来的には、専門的な倫理観を持った立派な介護福祉士になることです。

(3年生男子生徒)
専門的な知識と技術を介護福祉士になりたいと思っています。

(キャスター)
強い意志を持った皆さんに頼もしさを感じますし、まさに実践さながらの実習なんですね。

(リポーター)
はい、実習が始まるとパッと目の色が変わるんですよ。

(キャスター)
こういった学校を見ていると、介護の道に興味を持った方も多いのではないでしょうか。

(リポーター)
そう思います。
そういった方々に向けて、県立松戸向陽高校では学校説明会を実施しています。
既に1回目は終えていますが、今月26日土曜日には2回目を実施、そして12月10日土曜日には3回目の学校説明会が開催されます。
興味を持った中学生の皆さん、ぜひこの機会に学校説明会にご参加ください。

(キャスター)
将来の介護のスペシャリスト、大いに期待しましょう。
以上、特集でした。

続いて、「旬のレシピちばの味」。
今回は「カリフラワー」を使ったレシピです。

千葉伝統郷土料理研究会 三橋早苗先生に「カリフラワーの変わりおでん」を作っていただきます。
千葉県の「カリフラワー」生産額は全国第9位。県内では旭市が主な産地です。
今回は、そんな「カリフラワー」を使って、これからの季節にピッタリな一品を作ります。

軽く水洗いした「カリフラワー」の葉と芯を切り落とし、沸騰したお湯に丸ごと入れ、1分ほどゆでます。
カリフラワーは余熱で火が通るので、ゆで過ぎないようにするのがポイントです。
ザルに取り、そのまま冷まして小さく分けます。
厚揚げは熱湯を掛けて油抜きし、3センチ幅に切ります。
ちくわぶは2センチの輪切りにします。
鍋にだし汁、砂糖、薄口しょうゆを入れ厚揚げ、ちくわぶ、結び昆布を入れて火にかけます。
沸騰したらあくを取り、弱火でおよそ20分煮ます。
「カリフラワー」を加えて火を止め、10分おいて味をしみ込ませます。
あとは、串に刺して器に盛れば、「カリフラワーの変わりおでん」の完成です。

(千葉伝統郷土料理研究会 三橋早苗さん)
おでんの具はお好みでお選びください。
これからの季節、家族みんなでお鍋を囲まれてはいかがでしょうか?
みなさん、ぜひ、お試しください。

(キャスター)
ご紹介したレシピは「県民だより11月号」に掲載されていますのでぜひお試しください。
また、「ちばの食材」についてはホームページでも紹介していますのでご覧ください。
それではプレゼントです。

(リポーター)
はい、今週は松戸市観光協会推奨品「松戸そだち」を5人の方にプレゼントします。
ご覧の必要事項と番組の感想を必ずお書きの上、ご応募ください。

(キャスター)
さて、ここで皆さんにお願いがあります。
千葉県内の交通事故死者数は10月27日現在147人で全国ワースト2位となっています。
そこで、千葉県警察本部から県下全域に「交通死亡事故多発警報」が発令されました。
歩行者の皆さんは、左右の確認やドライバーから確認しやすい服装などを心がけてください。
また、車に乗られる方は、シートベルトやチャイルドシートの徹底、思いやりの気持ちを持った運転をお願いします。

(リポーター)
オール千葉で交通事故を減らしましょう!

(キャスター)
では、来週のお知らせです。

(リポーター)
来週の特集は、
「晩秋のちばを楽しもう」と題しまして、今の時期にピッタリの旬の食材を活かしたグルメや日帰りの温泉をご紹介します。

(キャスター)
ぜひお出かけの参考になさってくださいね。
それでは、今週の「ウィークリー千葉県」は、このあたりで失礼します。
来週のウィークリー千葉県もどうぞお楽しみに。

お問い合わせ

所属課室:総合企画部報道広報課放送・インターネット班

電話番号:043-223-2245

ファックス番号:043-227-0146

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?