ここから本文です。

ホーム > 県政情報・統計 > 広報 > 千葉県インターネット放送局 > ウィークリー千葉県~ちばの旬な話題をお届け~ > 平成28年度のウィークリー千葉県 > ウィークリー千葉県平成28(2016)年8月27日放送分(今週の動き)駐日東ティモール民主共和国大使による浄水場施設等の視察 ほか

更新日:平成28(2016)年8月29日

ウィークリー千葉県

ウィークリー千葉県平成28(2016)年8月27日放送分(今週の動き)駐日東ティモール民主共和国大使による浄水場施設等の視察 ほか

掲載日:平成28年8月29日

・駐日東ティモール民主共和国大使による浄水場施設等の視察
・平成28年度第2回千葉県総合教育会議

今週の動き

動画の内容

キャスター)
こんばんは。

(リポーター)
こんばんは。

(キャスター)
千葉県のさまざまな魅力を紹介する「ウィークリー千葉県」の時間です。
さあ、オリンピックも終わり、9月7日から18日までパラリンピックが開催されます。

(リポーター)
はい、そこで今週は、千葉県出身の車いすランナーと、それを支える車いすメーカーを取材してきました。

(キャスター)
のちほどお願いします。
そして、番組のおしまいにはプレゼントのお知らせがあります。
こちらもお楽しみに。
それでは、千葉県の主な出来事からお伝えします。

(キャスター)
23日、火曜日。
フィロメノ・アレイショ・ダ・クルス駐日東ティモール大使一行が、千葉県水道局の視察に訪れました。
東ティモールでは、インドネシアから独立するとき、浄水場が破壊されたり、技術者がインドネシアに引き上げたりしたため、安全な水道水を十分に供給できないという課題があります。
そこで、県水道局では、JICA・国際協力機構の要請を受け、浄水場の運転や水質管理などの技術支援に取り組み、一部の地域で24時間の給水を実現するなどの実績をあげています。
浄水場などを視察した大使からは、「本国のスタッフを県水道局に派遣し、水道技術を習得させたい。」と要望があり、水道局長は、「できる限り協力したい。」と応じました。
24日、水曜日。
今年度2回目となる千葉県総合教育会議が、県庁で開かれました。
この会議では、「千葉県の教育の振興に関する大綱」を踏まえ、千葉県の教育において重点的に取り組むべき課題などについて、協議を重ねています。
今回の会議では、森田知事から「学校・家庭・地域の連携による教育力の向上について、意見交換をお願いしたい。」との発言がありました。
これを受けて、出席者からは、子どもたちの育成において、地域が果たす役割などについてさまざまな意見が出されました。
県では、今回の議論を踏まえて、県の対応の方向性を検討し、次回は、「未来を担う子どもたちの健全な育成に向けて」という今年度のテーマについて、まとめていきたいとしています。
以上、千葉県の主な出来事をお伝えしました。

お問い合わせ

所属課室:総合企画部報道広報課放送・インターネット班

電話番号:043-223-2245

ファックス番号:043-227-0146

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?