ここから本文です。

ホーム > 県政情報・統計 > 広報 > 千葉県インターネット放送局 > ウィークリー千葉県~ちばの旬な話題をお届け~ > 平成28年度のウィークリー千葉県 > ウィークリー千葉県平成28(2016)年4月30日放送分(特集)「ゴールデンウィークは博物館に行こう!」

更新日:平成28(2016)年5月2日

ウィークリー千葉県

ウィークリー千葉県平成28(2016)年4月30日放送分(特集)「ゴールデンウィークは博物館に行こう!」

掲載日:平成28年5月2日

県内の博物館が企画する展示や体験プログラムなど、ゴールデンウィークのおすすめ情報を紹介します。

特集

動画の内容

(キャスター)
さあみなさん、いろいろと予定をたてていらっしゃると思いますが、きょうの特集は、「ゴールデンウィークは博物館に行こう!」ですね。

(リポーター)
はい。
県立の博物館や美術館8か所をはじめ、他にも県内各地には、たくさんの施設があります。

(キャスター)
見て楽しめるほか、体験ができる所もたくさんありますから、家族でも楽しめそうですね。

(リポーター)
そうなんです。
そこで今回は、目の前で離着陸する飛行機が見られる航空科学博物館に行って、展示や操縦体験などの魅力を取材してきました。

(リポーター)
私の真上を飛行機が離陸していきます。迫力満点で、思わず興奮してしまいます。
ここは、今年3月にオープンしたばかりの芝山町にある新名所「ひこうきの丘」です。

(リポーター)
成田空港の滑走路の南側に位置する、ここ「ひこうきの丘」は、上空を飛び交う飛行機を見渡せる絶好のスポット。
足元には可愛いハートのマークがあって、家族連れやカップルにもぴったりですね。
離着陸する飛行機を背景に、記念撮影が楽しめそうです。
その「ひこうきの丘」のすぐ近くにあるのが、今回の目的地、航空科学博物館です。
芝山町にある航空科学博物館は、1989年、日本で最初の航空専門博物館としてオープンしました。

(リポーター)
まず目につくのは、屋外に展示されている様々な航空機です。
戦後初の国産旅客機YS―11の試作1号機のように、展示されているジェット機やプロペラ機、ヘリコプターなどおよそ20機は、どれもがかつて活躍していた本物。
この中には、実際に搭乗し、プロペラを回して楽しんだりできるものもありました。

(リポーター)
「ジャンボジェット」の愛称で親しまれてきたボーイング747が、こんなに近くにあります。
ここでは、飛行機の頭脳というべきコクピットを見学できるそうです。

(リポーター)
よろしくお願いします。

(インストラクター 金田憲二さん)
この飛行機の経歴は、1980年にシンガポール航空が購入した機体になります。
トータル24年飛んだ飛行機で、実機です。

(リポーター)
実際に。

(金田さん)
動いていた。

(リポーター)
子ども達がスイッチ押したりとか、回したりとか。

(金田さん)
子どもだけではなく、大人もさわりたくなる。

(リポーター)
そうですね。

(金田さん)
ここでは自由に見てもらって、さわってもらいます。
ただし動きません。
本物を見てもらうということになります。

(金田さん)
ストリンガーと言われる骨組みと、フレームと呼ばれる縦のフレームと外側の外板になります。

(リポーター)
これがもう外側なんですね。

(金田さん)
厚さが2ミリ弱です。

(リポーター)
これがですか。

(金田さん)
飛行機は軽くしなければいけないので。
それでも、ジャンボ機は、機体だけで重量が160トンあります。

(リポーター)
飛行機は、あんなにたくさんの機器を操作して飛んでいたんですね。
驚きましたね。
次は、実際に操縦の体験をしてみようと思います。

(リポーター)
それでは、DC-8シミュレーター、私も挑戦してみます。
福島コースです。

(航空科学博物館 学芸課 今野友和さん)
そうです。
きょうは、成田空港を出発して福島空港へ。

(リポーター)
航空科学博物館には、本物感覚で航空技術を体験できる「搭乗飛行シミュレーター」があります。
DC―8シミュレーターは、パイロット訓練用のシミュレーターを改良したもので、3種類の体験コースがあります。
計器類の作動、目の前に広がる風景、機体の揺れなどが、実際に飛行している時と同じように再現されています。

(今野さん)
着陸しました。
今、逆噴射しています。
これで急激に減速してスピードがかなりゆっくりになると思います。

(リポーター)
もう、本当に楽しかったです。
こんなにいろいろ体感できると思わなかったので。
途中、離陸した瞬間は鳥肌も立ちましたし、本当に面白かったです。
あと2コースあるようなので、いろいろなコース体験してみたいなと思いました。
皆さんにも、ぜひ体験してもらいたいです。

(リポーター)
航空科学博物館の人気の一つが、本物の飛行機にさわってみたり、いろいろな体験が出来ること。
そして、様々な航空機のパネルや模型の展示です。
特に、成田空港に来た航空機のパネル展示は、航空機ファンには見逃せない貴重なものばかり。
旅客機の音を体験したり、成田空港の機能を、およそ800分の1の模型や映像などを見ながら学ぶことができます。

(リポーター)
ここは、成田空港を映像やパネルで紹介しているコーナーです。

(リポーター)
航空科学博物館5階は、成田空港に離着陸する飛行機が楽しめる展望展示室。

(リポーター)
3階の展望台に来ています。
着陸する飛行機が良く見えます。
音もすごいですね!臨場感たっぷりで大迫力です。
すごーい。

(リポーター)
また、4階には、展望レストランがあって、離着陸する飛行機を目の前に見ながら、食事をしたり、ティータイムが楽しめます。

(リポーター)
きょうは、航空科学博物館で色々なモノを見て、教わって、体験してきました。

(リポーター)
それでは、いよいよこのジャンボジェット機を操縦をしてみたいと思います。

この飛行機は、可動するものとしては、世界で最も大きな模型。
コクピットで操縦体験をしながら、パイロット気分を味わうことができます。

航空科学博物館で行われているこうした体験は、運航時間や定員が決まっていて、入館料とは別に参加費が必要なモノがあります。博物館を訪れた際には、まず確認をして下さい。

(インストラクター 金田憲二さん)
これで終了になります。着陸です。

(リポーター)
着陸出来ました。
いろいろ体験出来ておもしろかったです。

(リポーター)
私の操縦した飛行機も着陸できました。
航空科学博物館は、見たり、聞いたり、体験したり、家族みんなで楽しめる所でした。

(キャスター)
航空科学博物館のコクピット体験、とっても臨場感があって大人でも子供でも楽しめそうですね。

(リポーター)
そうなんです。
パイロット気分を味わいながら、いろいろな体験できるというのが、何よりも魅力的でした。

(キャスター)
良いですね~

(リポーター)
はい。
ゴールデンウィーク中は、いろいろな催しもあります。
航空科学博物館では、5月3日、4日、5日は「紙飛行機教室」を開催。
ゴム動力飛行機を作ったり、上手に飛ばすコツなども教えてくれます。

(キャスター)
この航空科学博物館の他にも、県立博物館では、ゴールデンウィーク中に様々なイベントが開催されています。
まず、「県立中央博物館」では、「本物の化石にさわってみよう」、「砂つぶからミニ水晶をひろおう」など、ゴールデンウィーク中は、日替わりで講座やイベントが予定されています。

(リポーター)
「海の博物館」では、「磯・いそ探検隊」などを開催。
博物館の目の前に広がる磯に出て、生きものを観察します。

(キャスター)
また、「房総のむら」では、恒例の「春のまつり」が、今年も行われます。
昔の遊び体験や人気の時代衣裳への変身体験など、子どもから大人まで、家族連れで楽しめるイベントが盛りだくさんです。
その他の県立博物館でも、様々なイベントが用意されています。
詳しくは、各博物館のHPを参考になさってください。
以上、特集でした。

(キャスター)
続いて、「食の宝庫ちば」。
今回は「たけのこ」です。
千葉県のほぼ中央に位置し、「たけのこ」の産地として知られる大多喜町。
手入れの生き届いた竹林で、たけのこ農家さんは、地面から少しだけ頭を出した「たけのこ」を、わずかな土の盛り上がりや足の裏の感覚で見つけ出し、掘り起こしていきます。

(大多喜町筍生産組合 組合長 森紀久嗣さん)
一番の特長としては、アク抜きをしないですぐ食べられるということでございまして、えぐ味のない美味しいたけのこが獲れる所でございます。

(森明子さん)
煮汁と一緒にタッパーか何かビニールの袋でもけっこうですので、それに入れて一週間は大体もつと思います。

(キャスター)
「たけのこ」は、地元の道の駅などに並びます。
直売コーナーは、朝掘りの「たけのこ」をはじめとした、新鮮な農産物や季節の食材を買い求める多くの人で賑わいます。
炊き込みご飯や煮物など、色々な料理で楽しめる「たけのこ」。
この時期ならではの味覚をぜひ味わってみて下さい。
ちばの食材について、詳しくはホームページをご覧ください。
では、プレゼントです。

(リポーター)
今週は、航空科学博物館オリジナルグッズのセットを、5人の方にプレゼントします。
番組に対するご意見とともに、はがき、または番組のホームページからお寄せください。

(キャスター)
では、来週のお知らせです。

(リポーター)
来週は「一人で悩まず まず相談 ~千葉県消費者センター~」。
消費者トラブルの最近の事例や留意点などを紹介します。

(キャスター)
それでは、今週のウィークリー千葉県、このあたりで失礼いたします。

お問い合わせ

所属課室:総合企画部報道広報課放送・インターネット班

電話番号:043-223-2245

ファックス番号:043-227-0146

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?