ここから本文です。

ホーム > 県政情報・統計 > 広報 > 千葉県インターネット放送局 > ウィークリー千葉県~ちばの旬な話題をお届け~ > 平成27年度のウィークリー千葉県 > ウィークリー千葉県平成28(2016)年1月9日放送分(特集) 「旭の大地と海の恵み」

更新日:平成29(2017)年6月16日

ウィークリー千葉県

ウィークリー千葉県平成28(2016)年1月9日放送分(特集) 「旭の大地と海の恵み」

掲載日:平成28年1月12日

昨年10月17日にオープンした「道の駅 季楽里あさひ」には、旭周辺の多彩な食材や切り花などが並んでいます。新鮮な野菜やブランド豚など、
特色ある農林水産物について紹介します。

特集

動画の内容

(キャスター)
今回の特集は、「旭の大地と海の恵み」です。
旭市は、年間平均気温15度で、冬は暖かく、夏は涼しい恵まれた環境の
地域なんですね。

(リポーター)
そうですね。
北部には水田が広がり、また南部は九十九里浜に面し、漁獲量県内2位の飯岡漁港があります。

(キャスター)
大地と海の恵みたっぷりの特産品が、たくさんありそうですね。

(リポーター)
はい、そうなんです。そこで今回は、旭市に去年10月にオープンし、豊富な農林水産物が揃うことで評判の道の駅に行ってきました。

(リポーター)
千葉県の北東部に位置する旭市。
農業、水産業、畜産などがバランスよく育つ、県内屈指の食の産地です。

そんな旭で採れた食材の数々が集まるのがこちら、「道の駅季楽里(きらり)あさひ」です。

朝、7時半には、契約農家さんたちが続々と集まり、収穫したばかりの野菜などを持ち込みます。

(リポーター)
きょうは何を持ってきたのですか?

(農家さん<1>)
ブロッコリーです。

(リポーター)
いつも朝、こちらに持っていらっしゃるのですか?

(農家さん<1>)
そうですね。ほとんど朝、たまに夕方持ってきたり。

(農家さん<2>)
今日の朝、持ってきています。鮮度第一で考えてやっています。

(リポーター)
商品の売れ行きが良い時は、道の駅から農家さんへメールで連絡が行き、その連絡を受けた農家さんが、また商品を持ち込むこともあるそうです。
このシステムのおかげで、どの時間に買い物に行っても、新鮮なものが手に入りやすくなっています。

(農家さん<3>)
3時ぐらいの時の(メールの)在庫数で、1日多くてだいたい2往復はします。できるだけ新しいものを持ってくるようにはしています。

(農家さん<2>)
在庫がわかるから、残ってるなと思ったら引き取りに来ています。それで鮮度の良いものを売るということで。
道の駅だからできることで、スーパーさんとは違いますけどね。

(リポーター)
旭は、県下屈指の穀倉地帯。コシヒカリを中心に、県内第2位の産出額を誇っています。

こちらには数々の野菜が並んでいます。トマトやキュウリは夏のイメージですが、年間を通して作られていて、産出額は県内第1位、国内でもトップクラスです。

マッシュルームも特産。県内産出額の60%を占めていて、味の濃さが高く評価されています。

そして今の時期、収穫の最盛期を迎えているのが、やまといも。どのように収穫されているのか、農家さんのもとへ伺ってみました。

(リポーター)
こちら、やまといもの畑ですね。

(越川幸子さん)
はい、そうです。

(リポーター)
今年の出来はいかがでしたか?

(越川さん)
去年ちょっと雨が多くて、今年はちょっと小ぶりなんです。

(リポーター)
ここ旭で採れるやまといも、どんな特徴があるんでしょうか?

(越川さん)
そうですね。ねばりがとても強くて、きめ細かい口ざわりです。

(リポーター)
この辺りの土壌は、「火山灰土」と呼ばれるやわらかな土で、ヤマトイモの
栽培に適しているそうです。
 
(リポーター)
「道の駅 季楽里あさひ」に並ぶのは、野菜だけではありません。
旭は花の生産も盛んで、冬の時期でも、色とりどりの花が咲き誇っています。
今の時期は、この見事なダリアがおすすめです。
 
こちらには、飯岡漁港に水揚げされた水産物が並んでいます。
珍しいのがこのイセエビ。パッケージには「脱皮」の文字。殻がとてもやわらかいので、まるごと素揚げにして、殻ごと食べるのがおすすめなんだとか。

(リポーター)
そして、こちらの売り場。いもぶた、お米仕上げポークなど、たくさんの銘柄の豚肉が揃っています。

(リポーター)
どうして、ここ旭にいろいろな銘柄の豚肉が集まるのか、東総食肉センターの加藤さんにお話を伺ってみました。
 
(リポーター)
旭の周辺は、畜産が盛んということなんですが、なぜなんでしょうか?

(東総食肉センター(株)加藤憲一さん)
旭はですね、非常に豚を育てるのに適した環境にあります。黒潮によって冬は暖かく、夏は涼しくということで非常に適しております。
あともうひとつの理由としては、(茨城県)鹿嶋(市)に飼料の会社が集中しております。
そういったことによって非常に立地条件の良い、豚を育てるのに良い条件になっております。

(リポーター)
旭で生産される豚肉の種類や、その特徴を教えていただけますか?

(加藤さん) 
旭の豚肉は、みなさんすごくこだわってらっしゃって、みなさん特徴がございます。
その中でもですね、こちらのいもぶた、あとお米仕上げポーク、こちらが非常に特徴のあるものです。
 
(リポーター)
おいもを食べさせた肉は、非常に濃厚な味。そしてお米仕上げは、あっさりとした味なんだそうですよ。

(リポーター)
旭で採れる豊富な農林水産物。
買って帰れるのはもちろんですが、併設されているレストランで、食べることも出来ます。
バイキング形式で、サラダ、煮物、揚げ物など、およそ30種類のメニューが楽しめます。

(客 お母さん)
地元の野菜をたくさん使っていて、いろんな種類の料理が食べられて、美味しかったです。

(客 男の子)
オムレツがとっても美味しかったです。

(客 女の子)
いろいろ種類があって美味しかったです。

(リポーター)
旭産の食材がたっぷりのメニューを、私もいただいてみました。

<旭のグリーンサラダ>シャキシャキですね。鮮度がいいのがわかります。トマトもとても大きいです。

<やまといものとろろ汁かけご飯>すごく粘りがしっかりしていますね。いただきます。白米と良く合いますよね。それから今おしょうゆをかけていないんですけれど、出汁の味が利いていて、これは進んじゃいますね。

旭産の豚肉のしょうが焼きです。お肉とてもやわらかいです。甘辛いタレと、とても良く合いますね。

こうしてお野菜もあるし、お肉もあるし、そしてお魚もあるしと、自分で好きな量を選んで食べる事ができるのが、バイキングの魅力ですよね。
実際に食べてみて、気に入ったものをあちらの直売所で買って帰るのもすてきですよね。

(リポーター)
最後に、駅長の堀江さんに、季楽里あさひと、旭の農林水産物の魅力について伺いました。

(道の駅 季楽里あさひ 駅長 堀江隆夫さん)
旭は農林水産物、これがすごく盛んな地域なんですね。そこの農産物、野菜を始め畜産物、加工品、あるいは水産物、全てここで取り揃えて、消費者の方に、魅力を発信している、そういう施設です。
いろんなものがあります。本当に美味しいものがたくさんありますので、ぜひ旭に食べに来ていただければと思います。
よろしくお願いします。

(キャスター)
野菜にお花、お肉に水産物。旭の多彩さが、よく分かりますね。

(リポーター)
はい。とても全部ご紹介できませんでしたが、この他にも、牛肉や卵なども、沢山ブランドがあって、あれもこれも買いたくなってしまいました。
そして、今回紹介したランチバイキングは、午前11時から午後2時までとなっていますが、あさ9時からの「モーニングセット」では、旭市産のゆで卵、新鮮野菜のサラダ、そして館内で焼き上げたパンを食べられるということです。

(キャスター)
早くから出かけて、食べてみるのも良いですね。
以上、「特集」でした。

続いて「旬のレシピ ちばの味」。今回はレモンを使ったレシピです。

千葉伝統郷土料理研究会 猪野弘子先生に、「レモン鍋」を作って頂きます。

千葉県では、主に南房総市と鴨川市で栽培されている「レモン」。
今回は、千葉県産「レモン」を使って作る、ユニークな「鍋」をご紹介します。

「白菜」と「豚肉」を1枚ずつ交互に重ねて、5センチ幅に切ります。

これを鍋に隙間なく詰め。千切りにした「ニンジン」と「シメジ」を載せます。

「だし汁」を入れて火にかけ、「塩こうじ」を入れます。
 
沸騰してきたら「ワケギ」を入れ、ふたをして火を通します。

食べる直前に、輪切りにした「レモン」を載せ、ふたをして一煮立ちさせ、「しょうゆ」を加えます。

これで、爽やかな酸味と香りの「レモン鍋」の出来上がりです。

(千葉伝統郷土料理研究会 猪野弘子さん)
「レモン」は煮すぎると苦くなるので、早めに取り出してください。
寒い冬には、あったかいお鍋が一番です。不足しがちなビタミンCもたくさんとれますよ。是非、お試しください。

(キャスター)  
紹介したレシピは、「県民だより1月号」に掲載されています。
ちばの食材については、ホームページもご覧ください。
それでは、プレゼントです。

(リポーター)
今週は、旭産のやまといも2キロを、5名の方にプレゼントします。
ご覧の必要事項と、番組の感想を必ずお書き添えの上、ご応募ください。

(キャスター)
さて、梅澤さん、今年は、成人の日で祝日となる1月11日。何の日か知ってますか?

(リポーター)
はい、勿論です!千葉県のマスコットキャラクター「チーバくん」のお誕生日ですよね!毎年、お誕生日会が、開かれていますよね。

(キャスター)
そうなんです。
今年は、三井アウトレットパーク木更津で、午前11時からお誕生日会が
開催されます。
県内外から、たくさんのお友達キャラクターも駆けつけるそうですよ!
詳しくは、千葉県ホームページでご確認ください。

(キャスター)
さて、来週のウィークリー千葉県、特集は、「東庄食べ歩き」です。

(リポーター)
いちご狩りなどグルメ情報を中心に、早春の東庄おすすめスポットを紹介します。

(キャスター)
ぜひご覧ください。それでは、ウィークリー千葉県、今週はこのあたりで失礼いたします。
来週もお楽しみに。

お問い合わせ

所属課室:総合企画部報道広報課放送・インターネット班

電話番号:043-223-2245

ファックス番号:043-227-0146

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?