ここから本文です。

ホーム > 県政情報・統計 > 広報 > 千葉県インターネット放送局 > ウィークリー千葉県~ちばの旬な話題をお届け~ > 平成27年度のウィークリー千葉県 > ウィークリー千葉県平成27(2015)年10月10日放送分(特集) 「香り立つ秋バラの楽しみ」

更新日:平成29(2017)年3月2日

ウィークリー千葉県

ウィークリー千葉県平成27(2015)年10月10日放送分(特集) 「香り立つ秋バラの楽しみ」

掲載日:平成27年10月13日

「香り立つ秋バラの楽しみ」

特集

動画の内容

(キャスター)
きょうの特集は「香り立つ秋バラの楽しみ」ですが、秋バラはこれから楽しめる時期なんですよね。

(リポーター)
はい。バラは、春のイメージが強いですが、秋に咲くバラは、花は少し小ぶりなんですが、かぐわしい香りと色の鮮やかさが特徴です。

(キャスター)
県内で秋バラが楽しめるところもたくさんありますよね。

(リポーター)
はい。
色とりどりの秋バラが咲く、ここは、袖ケ浦市にある東京ドイツ村です。
県内には、他にも八千代市にある京成バラ園、習志野市にある谷津バラ園、佐倉市にある佐倉草ぶえの丘など、秋バラの見どころがたくさんあります。
今回は、数あるバラ園の中で、県や市の観光情報でも紹介している人気のスポットを訪ね、秋バラの楽しみを伺ってきました。

(リポーター)
館山自動車道・君津インターチェンジから県道92号で鴨川方面に向います。
鹿野山を右手に見ながら、車でおよそ15分、山の中の道を進みます。
きれいに整備された道と素敵なレンガの門が現れます。
こちらは、君津市大野台にある手づくりのバラ園ザ・ドリーミングプレイス・ローズガーデン、通称ドリプレ・ローズガーデンです。

(リポーター)
こんにちは。今日はよろしくお願いします。

(清水幸三さん・清水せつさん)
こんにちは。

(リポーター)
こちらは、バラをこよなく愛する清水さん夫妻が、5,000坪の敷地に、7年の歳月をかけて、荒れ放題の原野を手作業で開墾して作りました。
はじめは、自分達で楽しむことが目的でしたが、周囲の声に押されて、2010年に「ドリプレ・ローズガーデン」として一般公開しました。

(せつさん)
ありのままの状態、それを目標にしているので、バラ以外にもたくさんのお花や球根を植えているんです。

(リポーター)
ちょっと早かったですか?

(せつさん)
これから11月中旬くらいまでが見ごろになると思います。

(リポーター)
秋バラの特徴は、どういうものでしょうか。

(せつさん)
お花自体は少し小ぶりなんですけど、香りがすごく良くて、色も長持ちするんです。
ウチのガーデンは、オールドローズとイングリッシュローズという、ちょっと今の現代バラとは違うバラの種類なんですね。
その中でも、本当に香りが良いバラだけ、それを植え込んで。

(リポーター)
全部で何種類くらいあるんでしょうか?

(せつさん)
全部で350種類、約2,000本。

(リポーター)
とっても爽やかで、やさしい香りですね。

(せつさん)
このバラは、イングリッシュローズなんですが、フルーティーな香りが特徴ですね。
あと、濃厚なダマスク香だとか、紅茶のようなティーの香りのバラもありますし、そういうバラを嗅ぐ楽しみも秋はあると思います。

(リポーター)
門の奥にそびえる一際大きな木。
この木は、ここを開墾してローズガーデンがつくられる歴史を、ずっと見守ってきたのだそうです。

(リポーター)
ここ君津市の何でここに、バラ園を作ろうと思ったんですか?

(幸三さん)
私が作ろうと思ったんではないんですけど、妻のせつさんが川崎でバラをずっとやっていて、20坪くらいしか土地が無くて、そこに150本くらい植えていたんですけど、ある日、5千坪の土地が欲しいって言いはじめたんですね。
ここに、不動産屋さんに連れてこられて、その時彼女が、「ここしか無い」って。

(リポーター)
ポイントは何かあったんですか?

(せつさん)
はい。この木です、後ろの。
こんな巨木は見たことが無かったのでもう感激しちゃって「ここだ!」って。
ここはもう、本当に山、原野なので。

(幸三さん)
僕がユンボで掘って。

(せつさん)
深い穴の中に私が入って根っこを、もう全身泥まみれで。

(幸三さん)
開墾している時は、月曜日から金曜日は川崎から会社に行って、それで金曜日の夜にここに来てテント生活して、土・日を開墾して。
で、2年間開墾して、それでこの家を建てたんです。

(リポーター)
正直、どうでした?

(幸三さん)
もう大変なんてものじゃなかった。
だって、夢と言ったって、彼女の頭の中にはイメージあるかも知れないけど、僕の頭の中には何のイメージも無いですから。

(せつさん)
私の中ではもう自分が思い描く、バラを中心とした夢のガーデンが出来上がっているので、ビジュアルとして、ただそれに向って進むだけ。
彼は、3年前から無農薬バラをね。
それに燃えていて、無農薬で育てると動物とか昆虫とか森にまた戻ってきてくれて。ということにはまっちゃってるので、楽しいなって言っていたじゃない。

(幸三さん)
無農薬やっているとなかなか思うように行かないので、思うようにたまに行く訳ですよ、そうすると「生きていて良かったな」と、思いますけどね。

(リポーター)
実は先ほど、お隣の方にお話を伺ったんですけど、最初に来たとき、何か怪しい人たちが秘密基地を作っているんじゃないかと思ったとおっしゃっていました。

(せつさん)
水はあるのかって声をかけて下さって。

(リポーター)
向こうから声を掛けて下さったんですか?

(せつさん)
無いですって言ったら、汲んでいいぞって。

(幸三さん)
小さいユンボを買ってやっていたんですけど、そんなんじゃダメだって大きいユンボを貸してくれたり。

(リポーター)
地元の方々の協力があって。

(幸三さん・せつさん)
そうそう、まさに。

(リポーター)
そんな清水さん夫妻を見るに見かねて手伝ってくれたのが、近くに住む、畑づくりなどに精通した松本さん夫妻でした。
松本さんのご主人は重機を操り、奥さんは草刈りなどで、せつさんデザインの夢のガーデン作りに協力しました。

(松本雅夫さん)
池を作ったら噴水も必要だなと、水の流れるせせらぎの音ですね、それを聞かせるようにとわざとくねってデザインしたんで、そのとおりに作ってみた。
成功です。
それで、あそこは一番の見せ所じゃないですかね。

(松本民江さん)
私なんか草取りだから、草は大変だった。もう大きいのは背丈くらいあって、それを掘るのも大変だった。

(リポーター)
だんだん完成していくこのローズガーデンを見てどんなふうに思っていましたか?

(民江さん)
もう自分の中では、「あー、やった!」と思った。

(リポーター)
せつさんの夢に、まずご主人の幸三さんが、そして周りの方々も賛同して、みんなの想いが一つになって作り上げたローズガーデン。
現在、5千坪の敷地に、2つのバラ園。
森の中の小さな建物には、アンティーク雑貨のドリプレショップ、ランチやドリンクが楽しめるドリプレカフェがあります。

(リポーター)
清水さんご夫妻に、ドリーミング・プレースの名前に込められた、これからの夢を伺いました。

(幸三さん)
やっぱりね。無農薬のローズガーデンをとにかく完成させたい。
まだ途中なんで。

(せつさん)
私は、どんどん年をとって身体とか、少しずつ弱っていっても、のんびり幸福な気持ちになれるガーデンをここに作りたい。
で、高齢の方とか、身体の不自由な方がのんびりできる、夢のガーデンを作りたいんです。

(リポーター)
見ごろはまだ少し先ですが、バラの素敵な香りがします。
ここ、清水さんご夫妻のドリプレ・ローズガーデンは、11月中ごろまで、秋バラの色鮮やかな花と芳醇な香りで包まれます。

(キャスター)
まさに夢のローズガーデンづくりですね。

(リポーター)
はい。

(キャスター)
庭園に植えられた草花や木々が、バラをさらに際立たせていますね。

(リポーター)
はい。とても綺麗でした。
そして、各地のバラ園も10月中旬から見ごろを迎えます。

(キャスター)
以上、特集でした。

続いて、「旬のレシピちばの味」。
今回は、千葉伝統郷土料理研究会・三橋早苗先生に、ショウガを使ってジンジャーミルクプリンを作っていただきます。
千葉県は、ショウガの生産額全国4位。
主に、八街市や富里市で生産しています。
ショウガは、昔から食べると身体がポカポカと温まるといわれる食材。
今回は、そんなショウガを使って作る、冷たいのに身体が温まる一品をご紹介します。
皮ごとすりおろしたショウガの絞り汁をこして、カップに小さじ1杯を入れておきます。
鍋に牛乳、蜂蜜、加糖練乳を入れ、弱火で混ぜながら鍋の縁の部分が泡立ち始めるまで温めます。
火を止めて粉ゼラチンを入れ、よく混ぜます。
これをカップに注ぎいれ、軽く混ぜます。
粗熱が取れたら冷蔵庫に入れ、冷やして固め、お好みでクコの実を飾れば出来上がりです。

(千葉伝統郷土料理研究会 三橋早苗先生)
ショウガと牛乳の意外な組合せで、おいしいデザートが出来上がりました。
ぜひ、作ってみてください。

(キャスター)
ご紹介したレシピは、「県民だより10月号」に詳しく紹介されています。
ぜひ、参考になさってください。
それでは、プレゼントです。

(リポーター)
今週は、バラの紅茶のセットを5人の方にプレゼントします。
はがき又は番組のホームページからご応募ください。

(キャスター)
では、来週のお知らせです。

(リポーター)
来週は、特別番組「スポーツのちから~千葉県スポーツのいま~」を5分延長してお送りします。

(キャスター)
それでは、「今週のウィークリー千葉県」、このあたりで失礼します。

お問い合わせ

所属課室:総合企画部報道広報課放送・インターネット班

電話番号:043-223-2245

ファックス番号:043-227-0146

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?