ここから本文です。

ホーム > 県政情報・統計 > 広報 > 千葉県インターネット放送局 > ウィークリー千葉県~ちばの旬な話題をお届け~ > 平成27年度のウィークリー千葉県 > ウィークリー千葉県平成27(2015)年7月11日放送分(特集) 「ちばの海に遊びに行こう」

更新日:平成29(2017)年3月2日

ウィークリー千葉県

ウィークリー千葉県平成27(2015)年7月11日放送分(特集) 「ちばの海に遊びに行こう」

掲載日:平成27年7月13日

「ちばの海に遊びに行こう」

特集

動画の内容

【特集コーナー】
(キャスター)
「特集」です。
三方を海に囲まれた千葉県には、海水浴場が沢山あって、これからの海水浴シーズンを楽しみにしている方も大勢いらっしゃると思います。

(リポーター)
はい、海水浴は勿論なんですが、その他にも、東京湾に面した穏やかな内海ではヨット、そして、太平洋に面した雄大な外海では、サーフィンやダイビングなどそれぞれの地域の特性を活かした様々なマリンスポーツも楽しめます。

(キャスター)
海水浴やマリンスポーツ、この夏、みなさんに体験していただきたいですね。
今回、松本さんが何を紹介するんでしょう?

(リポーター)
はい、今回は一宮町で子どもから大人まで楽しめる「ボディボード」と最近注目されている「スタンドアップ・パドル・サーフィン」を体験してきました。

(キャスター)
「スタンドアップ・パドル・サーフィン」あまり馴染みがない方もいらっしゃるでしょうね。

(リポーター)
はい、そして、今回はマリンスポーツと一緒に千葉の海の幸も楽しんで来ました。
それではご覧ください。

(リポーター)
九十九里浜の南端に位置する一宮町は、サーフィンなどに適した波が通年あり、世界的なサーフィン大会も、ここを会場に開かれていて、年間、数十万人のサーファーたちが訪れています。
海岸脇の道路沿いには、沢山のサーフショップが立ち並んでいて、今回、その中の一軒を訪ねました。
道具のレンタルも行っているので、気軽にマリンスポーツを楽しむことができます。
今回は、コチラのスクールに参加させていただきました。

(リポーター)
私、初めてなんですけど大丈夫ですかね?

(DO INTERNATIONAL インストラクター 畠山美南海さん)
大丈夫ですよ。
ボディボードは高齢者からキッズまで幅広く楽しめるスポーツで、実際にスクールにもご年配の方からキッズまで本当にたくさんの方が来ていらっしゃるので心配しなくて大丈夫です。

(リポーター)
ちょっと安心しましたが、頑張ってやってみます。
まずは砂浜でストレッチ。
続いて砂浜でボードの漕ぎ方と波の乗り方を教えていただきました。

(畠山さん)
じゃあ、行ってみましょう!

(リポーター)
お願いします。
今回ボディボードを教えてくれた畠山美南海さんは、波の良い一宮を拠点に、世界を舞台に活躍するトップライダーなんです。
そして、普段からスクールでもたくさんの方に教えているので、とてもわかりやすかったです。

(キャスター)
で、初めてのボディボードはどうでした?

(リポーター)
最初は、足ヒレを付けて泳ぐのに慣れなかったのですが、暫くするととっても楽しくなって、オススメです。

(リポーター)
わ~、凄~い!
凄~~い!!

(畠山さん)
今の良かったですね。バッチリです。

(リポーター)
凄~い!

(リポーター)
畠山さん、ありがとうございました。

(畠山さん)
ありがとうございました。

(リポーター)
思ったより疲れたんですけど、凄く楽しかったです。

(畠山さん)
良かったです。

(リポーター)
波に乗れた時の達成感というか、快感いいですね。
ちょっとハマっちゃいそうです。
本当ありがとうございました。
楽しかったです。

(リポーター)
続いては、最近注目のマリンスポーツ「スタンドアップ・パドル・サーフィン」に挑戦です。
小池さん、よろしくお願いします。

(DO INTERNATIONAL インストラクター 小池高継さん)
よろしくお願いします。

(リポーター)
まったくイメージがわいてないんですけど・・・
まず、何から?

(小池さん)
まず、パドルの漕ぎ方とスタンドアップパドルという、このボードに立ってもらうんですけど、今日の場合だと波に乗る姿勢をとってもらって、パドリングをするというレクチャーをさせて下さい。

(リポーター)
「スタンドアップ・パドル・サーフィン」は、ポリネシア生まれのスポーツです。
特徴は、その名のとおり、サーフボードのうえに立ち、パドルで漕いで波に乗ります。
また、川などで、カヌー感覚でも楽しむ事ができます。

(小池さん)
どうですか?

(リポーター)
なんとなくわかりました。
できるかな? 
ちょっとわからないですけど・・・

(小池さん)
じゃあ、行ってみましょうか?

(リポーター)
あっ、もう早速、海に?

(小池さん)
大丈夫ですよ。

(リポーター)
本当ですか?

(リポーター)
初心者のレッスンは、凪いでいる海か川で行うということでした。
この日は、波が少し高かったのですが、お願いして、海で体験させていただきました。
インストラクターの小池さんには、今日のコンディションだったらボードの上に立てれば上出来と言われましたが、私、松本さやか、撮影の最後の最後でボードに立ち上がり、パドルで漕ぐ事は出来ました。

(キャスター)
松本さん、すごくかっこいいですね!
立てると嬉しいですか?

(リポーター)
とっても嬉しいです!

(リポーター)
ありがとうございます。

(小池さん)
ちょっとね、やっぱ波も高いし、風も吹いていたから、なかなかちょっとスタンドアップをするってコンディションには凄く難しかったかなと思うんですけど、穏やかな日とか、もうちょっと波の緩やかな日だったら、全然カヌー感覚でクルージングしたりとかいう感じで楽しめると思うんで、また、もう一回、ちょっと、ぜひ、トライしてみて。

(リポーター)
とても楽しかったです。
ありがとうございました。

(リポーター) 
運動をしてお腹がすいたところで、千葉県の海の幸をいただきます。
一宮町で新鮮な地魚料理を提供しているお店を訪ねました。

(リポーター)
見て下さい!
海の幸がたくさん並んでいます。
森さん、どれもおいしそうですね。

(和風レストランともえ 森良子さん)
そうですね。
千葉にはおいしい物が沢山ありますけど
今の時期においしい物を揃えてみたんですよ。

(リポーター)
こちらのお刺身どれもおいしそうなんですけど、オススメはありますか?

(森さん)
そうですね、カツオとスズキが今の旬ですね。

(リポーター)
では、スズキをいただきます。
う~ん、とても脂がのっていてまろやかですね。
おいしいです。
さっぱりしていて・・・ 
では、「アジのなめろう」をいただきます。
う~ん・・・やっぱりおいしいですね。
食感も良いですし、アジの旨味がたっぷりでておいしいです。

(森さん)
一宮ではね、「なめろう」には酢をかけて食べるのが普通なんです。

(リポーター)
お酢をかけるんですか?
う~ん、さっぱりしていておいしいです。
酢がとても合いますね?

(森さん)
そうですね。
これから夏で食欲が無いときは、この酢にした「なめろう」はおいしいです。

(リポーター)
千葉の海の幸、どれも本当においしいですね。

(森さん)
そうですね。
ぜひ、この夏は一宮に来て、おいしいものを召し上がっていただきたいと思います。

(キャスター)
いいですね~。
「マリンスポーツ」に「海の幸」と松本さん、千葉の海を満喫していますね。

(リポーター)
満喫してきました!
「ボディボード」も「スタンドアップ・パドル・サーフィン」も初めて体験しましたが、本当に楽しくて、本格的に始めようかなと検討中です。

(キャスター)
是非やった方がいいですよ!
どこにそんな魅力があったんですか?

(リポーター)
一見難しそうに見えるんですけど、動き自体は意外と簡単なんですね。
波の動きに合わせるというか、波と一体になって、その感覚がすごく楽しかったです。
是非皆さんにもそんな感覚味わってもらいたいと思います。

(キャスター)
一宮町では、サーフィンなどの大きな大会がよく開かれているみたいですね。

(リポーター)
そうなんです。
今年は、8月8日土曜日に「第3回 ウォーターマリンスポーツ一宮カップ」というスタンドアップ・パドル・サーフィンの大会が、そして、8月25日火曜日から30日日曜日まで「第50回全日本サーフィン選手権大会」が開催され、全国からトップサーファーたちが集まり、その技を競います。

(キャスター)
一宮町は、今年の夏も大いに盛り上がりそうですね。

(リポーター)
はい、皆さんもお出かけになってみてはいかがでしょうか?

(キャスター)
さて、千葉県には今回ご紹介した一宮町の他にも、様々なマリンスポーツを楽しめる場所がたくさんあります。
千葉県公式観光物産サイト「まるごとeちば」で検索してみてください。

以上、「特集」でした。

(キャスター)
続いて、「旬のレシピ ちばの味」。
今回は、千葉伝統郷土料理研究会 猪野弘子先生に「鶏もも肉とみょうがのさっぱり焼き」を作っていただきます。
これから特に美味しい旬を迎える「みょうが」。
独特の香りと食感が特徴です。
今回は「みょうが」を使って、鶏肉をさっぱりいただくレシピをご紹介します。
塩・コショウを軽く振り、うすく片栗粉をまぶした「鶏もも肉」は、中まで火が通るようによく焼き、食べやすい大きさのそぎ切りにします。
「みょうが」は、縦半分に切った後、千切りに、大葉は千切にします。
ドレッシングは食べる直前にかけましょう。

(千葉伝統郷土料理研究会 猪野弘子先生)
ドレッシングは、市販のドレッシングやポン酢などをお好みで使用していただいても良いと思います。

(キャスター)
ご紹介したレシピは、「県民だより7月号」に掲載されています。
なお、「県民だより」がご覧のコンビニエンスストア店舗にて入手できるようになりました。
お見かけの際は、ぜひ手に取ってご覧ください。
ちばの食材についてはホームページもぜひご覧下さい。
それでは、今週のプレゼントです。

(リポーター) 
今週は「一宮町の長生(ながいき)マスクメロン2個入」を3名の方にプレゼントします。

(キャスター)
ご覧の必要事項と番組の感想を必ずお書き添えの上、ご応募ください。
さあ、「ウィークリー千葉県」そろそろお別れの時間となりました。
来週の特集は「ローカル線の旅」。
千葉の魅力的なローカル線で行く旅をご紹介します。
ではまた来週です。

お問い合わせ

所属課室:総合企画部報道広報課放送・インターネット班

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?