ここから本文です。

ホーム > 県政情報・統計 > 広報 > 千葉県インターネット放送局 > ウィークリー千葉県~ちばの旬な話題をお届け~ > 平成27年度のウィークリー千葉県 > ウィークリー千葉県平成27(2015)年6月13日放送分(特集) 「県民の日特集 おでかけ情報」

更新日:平成29(2017)年3月2日

ウィークリー千葉県

ウィークリー千葉県平成27(2015)年6月13日放送分(特集) 「県民の日特集 おでかけ情報」

「県民の日特集 おでかけ情報」

特集

動画の内容

【特集コーナー】
(キャスター)
「特集」です。
番組の冒頭でもお伝えしましたが、あさって6月15日は「県民の日」です。
「県民の日」は、千葉県の人口が500万人を突破した事を記念して、昭和59年に制定されました。
この6月15日と言うのは、明治6年6月15日に、当時の木更津県と印旛県が合併して千葉県が誕生した事に由来しています。
中川さんは「県民の日」と言うと、どんな思い出ありますか?

(リポーター)
そうですね、学校がお休みになったので、毎年、友達と出かけるのがすごく楽しみでした。

(キャスター)
千葉県には、魅力のあるスポット、たくさんありますからね。
さあ、それでは今週の特集「お出かけ情報」をご紹介しましょう。

(リポーター)
はい、千葉県には「ディズニーリゾート」や「マザー牧場」、そして「鴨川シーワールド」など、全国的にも有名なスポットがたくさんあります。
そして、他にも鴨川市の「おらが丼」や館山市の「館山炙り海鮮丼」、いすみ市の「波の伊八めし」などの「ご当地グルメ」があったりと、県内の各地域が、それぞれの特色を活かして、様々な魅力を発信しています。

(キャスター)
最近は、グルメスポットが、そのまま旅の目的地になる事も多いようですね。

(リポーター)
そうなんですよね。そういった情報を調べる一つの手段として、このような情報誌がありますよね。

(キャスター)
私も出かける前には、チェックしますね。

(リポーター)
で、今回は「県民の日特集 お出かけ情報」と言う事で、コチラ、ふるさと情報誌「月刊 ぐるっと千葉」の編集長オススメのスポットを巡ってきました。

(キャスター)
「ぐるっと千葉」の編集長オススメですから、これは楽しみですね。

(リポーター)
ですよね、地域ならではの魅力を体験してきました。
それではご覧ください。

(リポーター)
さあ、と言う事で、富津市金谷にやって来ました。
三富さん、今日は一日よろしくお願いいたします。

(月刊ぐるっと千葉 編集長 三富啓善さん)
お願いします。

(リポーター)
千葉県には様々な「お出かけスポット」あると思うんですけど、その中でも今日はなぜ、こちらを選んでいただいたんでしょうか?

(三富さん)
今、千葉県はアクアライン効果や圏央道の効果などで、たくさんの人が訪れているんですが、今日はその中でも、先進的な試みをしている、このエリアを取り上げてみました。

(リポーター)
それは楽しみです。今日はどちらから、まず案内していただけるんでしょうか?

(三富さん)
それでは、金谷地区の観光拠点となります「ザ・フィッシュ」から行ってみましょう。

(リポーター)
東京湾フェリーが発着する金谷港に、2,000年にオープンした「ザ・フィッシュ」。コチラには、およそ4,000種類の品揃えを誇る「お土産市場」や、地元漁港で水揚げされた新鮮な魚貝類や、加工品を取り扱う「お魚市場」、そして、海を眺めながら食事を楽しむ事の出来る「レストラン」などがあります。
そんな中で三富さんのオススメは…?

(三富さん)
それはこちら、見波亭さんの「のこぎり山バウムクーヘン」です。形がギザギザしていますよね、これが特長で、金谷のシンボル「鋸山」をイメージしています。

(リポーター)
「のこぎり山バウムクーヘン」は、材料に千葉県産のこだわりの卵や牛乳を使っています。2000年から販売をはじめ、今では、1か月に10,000個も売れる人気商品です。こちらでは、「バウムクーヘン」を焼き上げる工程を見る事も出来ます。

(リポーター)
甘さ控えめでしっとりした食感!おいしい・・・これお土産にも喜ばれそうですね?

(バウムクーヘン工房「見波亭」 杉井香月さん)
そうですね、こちらを目当てに買いに来て下さる方もたくさんいらっしゃいます。

(リポーター)
続いて訪ねたのは、「ザ・フィッシュ」から歩いておよそ3分のところにある
「金谷美術館」。

(三富さん)
この金谷地区では、「石と芸術のまち金谷」と言う事で、新しい町おこしの
取り組みが始まっています。
ちなみに、この「金谷美術館」のこの建物に使われている石も、地元でとれた房州石を使っています。

(金谷美術館 学芸員 山﨑 曜さん)
こちらへどうぞ。
当館は、「石と芸術のまち金谷」を合言葉に、町おこしの中で生まれた美術館でして、多くのボランティアの方や、募金などでなりたっています。
6月11日からは、当館の5周年の記念企画といたしまして「アートで見る南総里見八犬伝」という展示を企画しております。
たいへん見応えのある展示会になるかと思います。ぜひ多くの方にお楽しみいただきたく思っています。

(リポーター)
続いて訪ねたのは、観光案内所の中にある、ピザ専門店「ゴンゾー」です。

(リポーター)
三富さん、どうして今日はコチラのお店を?

(三富さん)
コチラの石窯がですね、鋸山の房州石を使った石窯なんですね。 

(リポーター)
房州石の石窯で焼き上げるピザ。コチラでは、毎月旬の食材などを取り入れた新しいPizzaを楽しむ事が出来ます。

(リポーター)
う~ん、野菜のシャキシャキが残っていますね。生地が表面カリッと香ばしくって、中がしっとり、もっちもちです。
ご主人ピザおいしいです。

(PIZZA GONZO 福倉光幸さん)
ありがとうございます。

(リポーター) 
ご主人、そもそも、どうしてこちらにお店を開かれたんですか?

(福倉さん)
私、鹿児島県鹿児島市の出身なんですけども、地域おこしとかに大変興味を持ちまして、それで金谷が地域おこしをやっているという話を聞きまして、大学3年生の時に、この町に引っ越して、それから、この町で、なんとか生業をしていきたいと思って、2011年にこの店をオープンさせました。

(リポーター)
千葉に住んでみて、印象はいかがでしょうか?

(福倉さん)
都市部に近いのに非常に自然が豊かで、風土的にも気候的にも、地域のみなさん的にも、非常に温かいところが気に入ってますね。

(三富さん)
それでは、おしまいに、これからの金谷を担うと言われている、とっておきのスポットを、紹介したいと思います。

(リポーター)
とっておきの場所ですか?

(三富さん)
はい。

(リポーター)
訪ねたのは「KANAYA BASE(カナヤ ベース)」と呼ばれるスポット。元々はスーパーマーケットだった建物です。

(リポーター)
こちらの「KANAYA BASE」というのは、どういった場所なんでしょうか?

(KANAYA BASE 代表 小川 諒さん)
基本的には、ここでパソコンで仕事が出来たりだとか、となりのアトリエのスペースで、アーティストの方が制作を出来たりする場所なんですね。
で、あとは2階がシェアハウスになっておりまして、移住者に受入などもしています。
その他に、土・日を中心に、僕たちが主催をしているイベントがあるので、
東京ですとか関東ですとか、色んなところから金谷に来ていただくきっかけを作ったりですとか、という事を今、発信活動をしています。

(リポーター)
三富さん、今日は本当に魅力的な場所にたくさん連れていっていただいて、ありがとうございました。

(三富さん)
いえ、いえ、でも、まだ千葉県には、個性的な魅力を持った地域がたくさんありますので、そんなところをこれからも情報発信していきたいと思っています。

(リポーター)
じゃあ、また是非、三富さん、オススメのスポット、連れて行ってくださいね。

(三富さん)
はい、ぜひ一緒に行きましょう。

(リポーター)
はい、お願いします。

(キャスター)
「石と芸術のまち金谷」。地域の魅力を活かして町おこし、面白い取組みですね。
若い人たちが頑張っているな、という感じがしました。

(リポーター)
とっても力強いですよね。取材したピザのゴンゾーさんなんですが、奥さんと2人でお店をやられていまして、元気いっぱいでしたし、街を歩いていても若い方が非常に元気で頑張っていました。
そして街自体にも、とても活気がありました。
地元の方も、他の場所から移住されてきた方も、この地域への郷土愛に溢れていました。

(キャスター)
皆さんを引き付ける魅力がある「金谷」の町おこし、これからも期待したいですね。

(リポーター)
はい。

(キャスター)
さあ、皆さんも、「県民の日」にちなんで、お住まいの地域の魅力について、是非是非考えてみてはいかがでしょうか?
さて、「県民の日」と言えば、明日、6月14日 日曜日、幕張メッセ展示ホール7を会場に「県民の日ちばワクワクフェスタ2015」を開催します。
会場では、一日中楽しめるステージ公演や、スポーツをはじめとする様々な体験コーナー、おいしい食べ物など盛りだくさんの内容です。
皆さん、是非、お出かけください。
また、6月15日を中心に、県内施設などの割引や無料開放も実施します。詳しくは、千葉県のホームページでご確認ください。
以上、「特集」でした。
続いて、「今が旬 ちばの食材」。今回は「スズキ」です。

(キャスター)
成長とともに名前が変わる出世魚として知られる「スズキ」は、夏を代表する魚です。
ここ船橋漁港は、「スズキ」の水揚げ量日本一。特に鮮度と品質の良さが評判の船橋の「スズキ」は、水揚げ直後に瞬(しゅん)〆(じめ)という独自の製法で神経を抜いたり、船の上ですぐに活け締めにします。
こうすることによって、「スズキ」本来の美味しさを消費者へ届けることができます。
船橋漁港内にあるこちらは、「スズキ」や「ホンビノス貝」など、東京湾で獲れた新鮮な魚介類のほか、三番瀬の海苔なども並ぶ漁協の直売所です。

(三番瀬みなとや 吉種美奈子さん)
夏に旬を迎える魚ですので、これから脂がのってて、とっても美味しいお魚だと思うんですね。お刺身で、召し上がっていただきたいと思います。

(キャスター)
また、クセのない白身の「スズキ」は、火を通しても美味しいお魚です。是非味わってみてはいかがでしょうか。
本当に美味しそうですね~
ちばの食材について詳しくは、ホームページをご覧ください。
それではプレゼントです。

(リポーター)
今週は、「見波亭」の「のこぎり山バウムクーヘン」を3名の方にプレゼントいたします。

(キャスター)
ご覧の必要事項と、番組の感想を必ずお書き添えの上、ご応募ください。
さあ、「ウィークリー千葉県」そろそろお別れの時間です。
来週は、圏央道の新開通区間、神崎(こうざき)インターチェンジから大栄(たいえい)ジャンクション間、その役割と周辺のお出かけスポットを紹介します。
それでは、また来週です。

お問い合わせ

所属課室:総合企画部報道広報課放送・インターネット班

電話番号:043-223-2245

ファックス番号:043-227-0146

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?