サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > 県政情報・統計 > 広報 > 千葉県インターネット放送局 > 千葉県の観光 > 城下町を人力車でめぐる 大多喜町

更新日:平成24(2012)年3月28日

千葉県の観光

城下町を人力車でめぐる 大多喜町

大多喜町は、徳川家康の功臣で徳川四天王の一人である「本多忠勝」が築城した大多喜城を中心に、城下町として栄えた歴史ある町です。いすみ鉄道大多喜駅の周辺は、江戸時代からの建物が点在しており、今も城下町の面影を見ることができます。城下の名所旧跡をめぐる人力車にのって、大多喜の歴史ある街並みをゆっくりと散策してみてはいかがでしょうか。

動画の内容

千葉県の南東部、房総半島のほぼ中央に位置する大多喜町。町内を走るいすみ鉄道沿線は今、菜の花が咲き誇り、春の訪れを告げています。
大多喜町は、徳川四天王の一人、「本多(ほんだ)忠勝(ただかつ)」が築城した「大多喜城」を中心に、城下町として栄えました。大多喜では今でも、江戸時代の雰囲気がただよう町並みを見ることができます。

いすみ鉄道の「大多喜駅」を降りてすぐのところに、観光案内所である「大多喜町(おおたきまち)観光(かんこう)本陣(ほんじん)」があります。

ここから、城下の名所旧跡を一巡りする人力車が運行されています。早速、人力車に乗って、城下町めぐりに出発してみましょう。

 まずは、本多忠勝の墓がある良玄寺に着きました。ここは、生涯、戦において一度も傷を負わなかったという忠勝の勝運(しょううん)にあやかろうと、多くの参拝客が訪れます。

また、寺に隣接する「忠勝公園」からは、大多喜城が望めます。

 さぁ、再び出発! 町には江戸の趣を残した旅館や造り酒屋などが並びます。

造り酒屋の前では、道路が直角に曲がっています。これは、江戸時代に、敵の侵攻を防ぐなどの戦略のために作られたもので、今も街道に沿って何箇所か見ることができます。

さて、人力車は町並みの中心に位置する「商い(あきない)資料館(しりょうかん)」に到着。
ここで、ボランティアガイドをされている嶋野さんにお話を伺いました。
団体観光客には、こんなステキな衣裳で城下を案内してくれるそうです。

「この商い資料館は、江戸の末期から明治にかけて、造り酒屋さんをやったお家でございます。その後、種屋さん、洋品店、金物店を経て、現在に至っているものでございます。この、帳場机ですね。江戸の商家を再現したものでございます。古い町でございますので、こういうものがたくさんございます。」

また、商い資料館からすぐの「渡辺家住宅」についても教えてくれました。

「国の重要文化財である渡辺家、大多喜城の御用商人を務めましたお宅でございます。このお家ができましたのが嘉永2年。1849年の4月に作られたものでございます。」

ボランティアガイドの方々は、城下町の歴史や文化について、詳しく教えてくれます。
さて、人力車は大多喜城から数えて4番目の門、四ツ門(よつもん)の跡に作られた公園を曲がって坂をのぼり、観光本陣に戻ってきました。

今回は人力車でめぐるコースでしたが、大多喜町にはこの他にも名所旧跡などの見どころがたくさんあります。

観光本陣では、人力車や城下町ガイドの紹介のほか、おすすめの散策コースなども教えてくれます。
春到来の大多喜町―。みなさんも、城下町をゆっくりと散策してみませんか?

「ウィークリー千葉県」