サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > 県政情報・統計 > 広報 > 千葉県インターネット放送局 > 千葉県の観光 > おいしい海の幸を食べよう! 銚子市

更新日:平成24(2012)年3月28日

千葉県の観光

おいしい海の幸を食べよう! 銚子市

全国屈指の年間水揚げ量を誇る銚子漁港。大漁の魚を積んだ漁船が港に並んで浮かぶ景色、たくさんの水揚げされた魚が市場に並ぶ光景は圧巻です。
豊富な魚介類が水揚げされる銚子ではおいしい海の幸を堪能できます。新鮮なハナダイを使ったお寿司や、銚子を代表する魚、キンメダイを使ったきんめ煮など、銚子を訪れて一度食べてみませんか?

動画の内容

千葉県の北東端に位置する銚子市

銚子市は、関東で最も東に位置する犬吠埼や、そこから眼下に望む君ヶ浜、そして東洋のドーバーともいわれる屏風ヶ浦など、海岸沿いには見ごたえのある景勝地が連なります。
利根川の河口付近にある銚子港は、徳川家康による利根川の付け替え工事によって江戸と東北をつなぐ水路の要所となったのが始まりで、現在では、全国でも屈指の水揚げ量を誇る漁港です。
ここは、銚子漁港の第一卸売市場。たくさんのマグロが水揚げされていました。ずらりと並んだマグロは迫力があります。
第三卸売市場では今が旬のサンマが水揚げの真っ最中でした。
その他にも多くの種類の魚介類が水揚げされ、入札にかけられています。
ところでおいしいお魚ってどうやって見分ければいいんでしょうか?プロに聞いてみました!
「やっぱり鮮度だねぇ。目が透き通っていれば、鮮度が良いと。」

・・・というわけで、この銚子港で水揚げされた新鮮な魚料理やお寿司を食べてみたいと思いませんか?そんなとき役立つのが、銚子飲食店マップ。
銚子駅の構内にあるこちらの観光協会にも置いてあるんですよ。

「130件くらいですね。銚子のお店がいろいろ出ておりまして、観光で来られるお客さんのみのためのお店じゃなくて、地元の方も行くような細かいところまでいろんなお店が出ています。地元のみなさんにも募集しましてね、おすすめのお店とかを紹介してもらって、それをまとめたものということになります。」

早速、飲食店マップを見て銚子駅前のお店にやってきました。
こちらでは、銚子港で水揚げされたハナダイを使った花鯛ずしが人気なんです。
店内でも食べられますが、お土産用として持ち帰ることもできるそうですよ。
「牡蠣殻熟成タレってのを使って、鯛の旨みとかシャリの旨みとか増すんですね。」
熟成タレは、地元で採れる牡蠣の殻を原料に熟成させたもの。このタレを使うことによって、ハナダイ本来のうまみを増して、鮮度も保持するそうです。

ところでこのお寿司は、銚子特産のある野菜を使ってもう一工夫しているそうですが?
「灯台印キャベツをご飯とご飯の間に入れまして、食感と見た目の美しさとか、そういうものを工夫しました。」
キャベツのしゃきしゃきした歯ごたえも好評だそうです。

実は銚子には、こういった地元で採れる食材を使って、付加価値のある名産品を作ろうと、地元の飲食店が集まって取り組んでいる「銚子うめぇもん研究会」という会があるんです。事務局長の清水さんにお話を伺いました。

「産業の活性化に対して何か出来ないだろうか。そしてまた、中心市街地の活性化についても何とかできないだろうか。そういう目標をたてまして取り組んでいるところでございます。」

花鯛ずしもこうして作られたひとつ。この会では、ほかにも同じく地元の新鮮な魚と熟成タレを使用して作られた「きんめ煮」や「鯖ずし」もあります。これらも銚子市内のお店で食べたり、おみやげに持ち帰ったりすることができるんですよ。

豊富な海の幸を堪能しに、ほかにも見どころたくさんの銚子を、訪れてみませんか?

「ウィークリー千葉県」