サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:令和2(2020)年2月5日

元気半島、ちば!(御朱印めぐり特集)

千葉県の旬の情報をお知らせします(令和元年12月21日現在)。

今週の特集は

鶴峯八幡宮正月限定御朱印(C)鶴峯八幡宮
県内の主な御朱印や初詣スポットを紹介します。


♪今回のプレゼント♪チーバくん(落花生Qなっつ)

QなっつQなっつ
全国一の落花生生産量を誇る千葉県。2018年にデビューし好評を博している際立つ甘さが特徴の新品種落花生「Qなっつ」(千葉県産)を抽選で20名の方にプレゼントします。
「Qなっつ」の応募様式。外部サイトへのリンク(応募期間:令和元年12月21日~令和2年1月5日)。当選者の発表はプレゼント品の発送をもって代えさせていただきます。

 

アクアライン、圏央道で「千葉の海・山、ギュッと近くに」
県内の「御朱印スポット」を紹介します。
主な御朱印スポット

目次

  1. 櫻木神社(野田市)
  2. 成田山新勝寺(成田市)
  3. 大原神社(習志野市)
  4. 圓福寺・飯沼観音(銚子市)
  5. 笠森観音(長生郡長南町)
  6. 鶴峯八幡宮(市原市)
  7. 玉前神社(長生郡一宮町)
  8. 大本山清澄寺(鴨川市)
  9. 高家神社(南房総市)

1.櫻木神社(野田市)

櫻木神社(C)櫻木神社
平安朝の仁寿元年(西暦851年)に、大化の改新で活躍した藤原鎌足の子孫である藤原嗣良が、この地に居を移した時、桜の美しい大木のもとに神を祭ったのが始まりであると伝えられています。この地は古くには「桜木村」と呼ばれ、後に「桜台村」となり、桜が咲き誇る美しい里だったと考えられています。また野田市最古のお社として知られ、御朱印のルーツは江戸時代の天保年間といわれています。
御朱印符(C)櫻木神社
来年1月限定の御朱印符はその年の干支の動物と象形文字で書かれており、御神木の桜で染めた和紙の御朱印符です(2月以降は通常の御朱印符となります)。
ハードケース(C)櫻木神社
桜の花びらの御朱印帳「ハードケース」も可愛らしいデザインで女性に大人気です。

御朱印頒布時間:1月1日(水曜日)0時~2時/8時~18時、1月2日(木曜日)・3日(金曜日)8時~18時、1月4日(土曜日)~以降9時~17時
場所:野田市桜台210
交通:(電車)東武アーバンパークライン「野田市駅」下車、徒歩10分
問い合わせ:04-7121-0001(櫻木神社)

2.成田山新勝寺(成田市)

成田山新勝寺(C)成田山新勝寺
関東三大不動の一つで、年間約1,000万人の参詣客が訪れる真言宗智山派の大本山です。成田山新勝寺の御本尊不動明王は、真言宗の開祖、弘法大師空海が自ら一刀三礼の祈りをこめて敬刻開眼された御尊像です。現在も、「成田山のお不動さま」として数多くの人びとの信仰を集めています。境内には江戸時代に建立された三重塔など国指定重要文化財5棟をはじめ現代建築の粋をこらした諸堂伽藍と、四季折々の美しさを楽しめる165,000平方メートルにも及ぶ大庭園「成田山公園」があります。
御朱印帳(C)成田山新勝寺
御朱印は各御堂の御本尊の墨書で6種類あるのが特徴です。御堂ごとに御朱印が異なり大本堂、光明堂、釈迦堂、出世稲荷、平和の大塔、醫王殿で御朱印が受けられます。
御朱印(C)成田山新勝寺
大本堂でいただける御朱印は不動明王の御朱印です。

御朱印頒布時間:8時〜16時
場所:成田市成田1
交通:(電車)JR成田線「成田駅」又は京成電鉄「京成成田駅」下車、徒歩約10分
問い合わせ:0476-22-2111(成田山新勝寺)

3.大原神社(習志野市)

大原神社(C)大原神社
習志野市実籾に鎮座する大原神社はご縁結びの神社として地元の方々に親しまれています。天治元年(1124年)に創建、御成街道の整備に伴い文禄元年(1593年)2月に現在の場所へ遷座したといいます。境内にあるタブノキ2本とアカガシとクロマツは、習志野名木100選の木として市に登録された貴重な名木です。参拝に訪れる多くの方がこの四本の樹木に触れパワーを受けていかれます。
御朱印(C)大原神社御朱印(C)大原神社
御朱印は片面「南天」のデザインが12月中の頒布で、見開き「春の見開き」のデザインが令和2年1月から3月までの頒布となります。
御朱印帳(C)大原神社
御朱印帳は社殿と樹木の様子をイメージしています。

御朱印頒布時間:10月〜3月/10時〜16時、4月〜9月/10時〜16時30分
場所:習志野市実籾1-30-1
交通:(電車)京成電鉄成田線「実籾駅」下車、徒歩6分
(バス)JR総武線「津田沼駅」北口バス停より「日大実籾」行き、「日大実籾」下車、徒歩5分
問い合わせ:047-472-8424(大原神社)

4.圓福寺・飯沼観音(銚子市)

圓福寺(C)圓福寺
圓福寺は、「坂東三十三観音霊場」の第二十七番札所で、御本尊は十一面観世音菩薩が奉安されています。境内には、御本尊を安置する観音堂(本堂)や平成21年に建立された五重塔、また、日本における河川測量の原点である「飯沼水準原標石」があります。文化財としても歴史的、学術的に価値のあるものです。銚子の繁華街や商店街は、飯沼観音を中心に形成され、門前町として繁栄してきました。

御朱印帳(C)圓福寺
御朱印は通常のもの以外にも不動明王の体色である青・黄・赤の三色がある「お不動様ご縁日御朱印」や銚子電鉄コラボのオリジナル御朱印帳があります。この銚子電鉄オリジナル御朱印帳は、紺色・水色・ピンク色の3種類があり、多くの参拝客に好評を得ています。

御朱印受付時間:8時~17時
場所:(圓福寺)銚子市馬場町293(飯沼観音)銚子市馬場町1-1
交通:(電車)銚子電鉄「観音駅」下車、徒歩4分
(バス)JR総武本線「銚子駅」から千葉交通バス「陣屋町観音前」下車、徒歩4分
問い合わせ:0479-22-1741(圓福寺)0479-23-1316(飯沼観音)

5.笠森観音(長生郡長南町)

笠森観音(C)笠森寺
笠森観音は、延暦3年(784年)伝教大師最澄上人が楠の霊木で十一面観世音菩薩を刻み山上に安置し、開基されたと伝えられています。観音堂は長元元年(1028年)後一条天皇の勅願により建立され、その建築様式は日本唯一の「四方懸造」として明治41年(1908年)「国宝」に、その後昭和25年(1950年)「文化財保護法」の制定により「国指定重要文化財」となっています。
御朱印(C)笠森寺
また笠森寺は「坂東三十三観音霊場」の第三十一番札所として鎌倉時代より御朱印をお授けしています。御朱印は見事な筆さばきで、達筆なのが特徴です。歴史のある笠森観音だけに、御朱印にも品格が感じられます。御朱印には本尊の十一面観音を表す梵字と「大悲閣」と書かれています。
御朱印帳(C)縁起屋 古壺
オリジナルの可愛い二匹の「黒招き猫」の絵が入った御朱印帳が人気で多くの参拝客が購入していきます。

御朱印頒布時間:10月〜3月/8時〜16時、4月〜9月/8時〜16時30分
場所:長生郡長南町笠森302
交通:(バス)JR外房線「茂原駅」から小湊バス「上総牛久駅」行「笠森」下車、徒歩5分
小湊鉄道「上総牛久駅」から小湊バス「茂原駅」行「笠森」下車、徒歩5分
(車)圏央道「茂原長南IC」より5km、約7分
問い合わせ:0475-46-0536(笠森観音)

6.鶴峯八幡宮(市原市)

鶴峯八幡宮(C)鶴峯八幡宮
鶴峯八幡宮は鎌倉時代、健治3年(1277)に大分県の宇佐八幡宮より御分霊を迎え創始されました。神奈川県鎌倉の「鶴岡八幡宮」千葉県館山の「鶴谷八幡宮」と共に『関東三鶴八幡宮』と称されています。厄除・八方除はもとより、子授け・安産・子育て・出世成就・人生を道開く守護神として崇敬され現在に至っています。12月31日~1月5日まで境内に茅の輪が置かれ、茅の輪をくぐりながら身を清める事が出来ます。境内末社には学業の神様、美人の神様、金運の神様など、様々な神様が祭られていますが、中でも水神様をお祭りしている場所は、水みくじで運気を占ったり銭洗いでお金をお清めして、金運のご利益を頂くことができます。
正月限定御朱印(C)鶴峯八幡宮御朱印帳(C)鶴峯八幡宮
御朱印は社名にも入っている鶴の押印がしてあります。境内社『若竹之宮』は学問の神様で、子どもが若竹のようにすくすくと成長するように御朱印に竹を押印してあります。境内社『弁財社』は金運上昇・芸道上達・弁舌上達の神様で、神様のお使いである白蛇が、弁財社付近で度々目撃されている事から白蛇を押印してあります。オリジナルの御朱印帳は鶴と梅のデザインの縁起物としても親しまれています。

御朱印頒布時間:[正月限定御朱印]1月1日午前0時~(数量限定)書き置きでの頒布です
[月替り御朱印]1月1日~31日 御朱印帳へ浄書します
*社務所開所時間等はホームページをご覧ください
*なお、通常御朱印・境内社御朱印は1日~3日迄はお休みです
場所:市原市中高根1223
交通:(電車)私鉄小湊鉄道「光風台駅」下車、徒歩15分
(車)館山自動車道「市原I.C」より20分
問い合わせ:0436-95-3595(鶴峯八幡宮)
鶴峯八幡宮ホームページ外部サイトへのリンク

7.玉前神社(長生郡一宮町)

玉前神社(C)玉前神社
一宮町の名称の由来となった玉前神社は、平安時代にまとめられた『延喜式神名帳(えんぎしきじんみょうちょう)』では名神大社(みょうじんたいしゃ)としてその名を列せられ、全国でも重きをおくべき神社として古くから朝廷・豪族・幕府の信仰を集め、上総国一之宮の格式を保ってきました。黒漆塗りの権現造りという珍しい社殿で、貞享4(1687)年に造営され、建築様式は大唐破風・流れ入母屋権現造りで、銅板葺きです。平成8年に県指定有形文化財に指定されています。
御朱印(C)玉前神社
玉前神社では通常の御朱印のほかに『新年限定の御朱印』、『節分限定の御朱印』、『ひな祭り限定の御朱印』など年間を通して様々な種類の御朱印をいただけます。さらに、『ご来光の道(レイライン)』の最初のパワースポットとして有名な玉前神社ならではの『レイライン限定の御朱印』もいただけます。

御朱印頒布時間:8時〜17時
場所:長生郡一宮町一宮3048
交通:(電車)JR外房線「上総一ノ宮駅」下車、徒歩8分
(車)国道128号沿い、九十九里波乗り道路一宮インターすぐ
問い合わせ:0475-42-2711(玉前神社)

8.大本山清澄寺(鴨川市)

大本山清澄寺(C)清澄寺
千光山清澄寺はおよそ1200年の昔、"不思議法師"と名付けられた僧侶が千光を発する柏の木で虚空蔵菩薩の仏像を彫り、その仏像の前で21日間修行をしたことに始まります。大正期に入り日蓮聖人の銅像が完成したことでお参りの信者さんが増え、真言宗智山派と日蓮宗との間で改宗の話し合いがもたれました。そして昭和24年、日蓮宗に改宗し宗門直轄の大本山として現在に至ります。本堂の前には、国指定天然記念物「清澄の大スギ」と呼ばれる杉の巨木があるほか、本堂の南には、日蓮聖人がお題目を唱えた立教開宗の地「旭が森」があります。
御朱印(C)清澄寺御朱印帳(C)清澄寺
御朱印は日蓮宗の大本山に相応しい品格のある達筆で書かれています。御朱印帳は、清澄の澄んだ水をイメージした青色と、鮮やかな桜が可愛らしい白色の2種類あります。また御朱印帳と同じ柄の巾着袋も同時に販売しており、小物入れとしても使用できます。

御朱印頒布時間:9時〜16時30分
場所:鴨川市清澄322-1
交通:(バス)JR外房線「安房天津駅」からコミュニティバス(清澄ルート)で「清澄寺バス停」下車、徒歩2分
(車)館山自動車道「君津IC」を降り、県道千葉鴨川線・国道128号を経て、県道81号線を約20分北上
問い合わせ:04-7094-0525(大本山清澄寺)

 

9.高家神社(南房総市)

高家神社(C)高家神社
日本で唯一料理の神様を祭る高家神社は、安房の朝夷郷に鎮座する式内社四座の一社で、JR内房線千倉駅の南1.5kmの海を見下ろす小高い山裾にあります。364坪の境内には茅葺きの拝殿や包丁式奉納殿、包丁塚などがあります。料理関係者や味噌醤油などの醸造業者からの信仰を集めており、現在でも、毎年行われる「庖丁式」を中心に多くの料理関係者が参拝に訪れます。
高部神社(C)南房総市商工観光部 観光プロモーション課
御朱印は、鳥居を通って参道の中間あたりにある「授与所」でいただくことができます。御朱印には“料理祖神”と書かれており、とても優雅な雲型模様に繊細な書です。


御朱印頒布時間:9時〜17時
場所:南房総市千倉町南朝夷164
交通:(バス)JR内房線「千倉駅」からバス白浜行き「高家神社入口」下車、徒歩約10分
(車)館山自動車道~富津館山道路・富浦IC~国道127号-館山市~千倉方面へ約15km
問い合わせ:0470-44-5625(高家神社)

★ふさのくに神社御朱印めぐり
「ふさのくに神社御朱印めぐり」は、平成26年2月より千葉県全域の範囲で、安房國(6社)、上総國(16社)、下総國(15社)の旧国の括りのもと、37の神社で開始されました。御朱印を集めながら各神社を巡拝することで、神社により親しんでもらい地域の活性化を図ろうという想いが込められています。
御朱印帳(C)玉前神社
最初の神社で御朱印帳を購入し、御朱印を集めると絵馬がもらえます。御朱印帳には各神社の説明が記載されているので、ガイドブックとしても楽しめます。

■神社の御案内
◎安房國
1.安房神社 2.鶴谷八幡宮 3.岩井神社 4.高家神社 5.莫越山神社 6.天津神明宮
◎上総國
7.玉前神社 8.遠見岬神社 9.瀧口神社 10.春日神社 11.玉﨑神社
12.國吉神社 13.白子神社 14.縣神社 15.五所神社 16.金刀比羅神社
17.髙瀧神社 18.大宮神社(五井) 19.大宮神社(草刈) 20.島穴神社
21.八劔八幡神社 22.人見神社
◎下総國
23.香取神宮 24.側髙神社 25.海上八幡宮 26.猿田神社 27.玉﨑神社
28.水神社 29.熊野神社 30.埴生神社 31.麻賀多神社 32.寒川神社
33.千葉縣護國神社 34.二宮神社 35.櫻木神社 36.意富比神社 37.葛飾八幡宮


問い合わせ:0475-42-2711(房総神社振興委員会[玉前神社内])
ふさのくに神社御朱印めぐりホームページ外部サイトへのリンク

最後までご覧いただきありがとうございます。
次回の「元気半島、ちば!」は1月上旬頃を予定しています。プレゼントもありますのでご期待ください。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:総合企画部報道広報課千葉の魅力発信戦略室

電話番号:043-223-2242

ファックス番号:043-227-0146

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?