サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:平成31(2019)年3月4日

元気半島、ちば!(菜の花鑑賞スポット特集)

千葉県の旬の情報をお知らせします(平成31年3月2日現在)。

今回の特集は

成田ゆめ牧場
⒞成田ゆめ牧場

春到来!見頃を迎える菜の花、県内の菜の花鑑賞スポットを紹介します。
今回のプレゼントチーバくん(プレゼント)

のこぎり山バウムクーヘン
のこぎり山バウムクーヘン(C)Minamitei
バウムクーヘンは、その一層一層が木の年輪に見えることから「年を重ねる」や「繁栄」「長寿」を連想させ、縁起の良いスイーツとして親しまれています。地元千葉県産の素材にこだわり、伝統の技法で職人がまごころを込めて手作りで焼き上げ、鋸山をイメージして作られた「のこぎり山バウムクーヘン」を抽選で20名の方にプレゼントします。のこぎり山バウムクーヘンの応募様式。外部サイトへのリンク(応募期間:平成31年3月2日~平成31年3月8日)。当選者の発表はプレゼント品の発送をもって代えさせていただきます。


菜の花鑑賞スポット

圏央道で「ちばの海・山、ギュッと近くに」

  1. 成田ゆめ牧場(成田市)
  2. 甚兵衛公園(成田市)
  3. 小湊鐵道沿線(市原市、大多喜町)
  4. いすみ鉄道沿線(いすみ市、大多喜町)
  5. マザー牧場(富津市)

1.成田ゆめ牧場(成田市)

成田ゆめ牧場1
⒞成田ゆめ牧場
成田市にある「成田ゆめ牧場」は、約9万坪=約30万平方メートルの広さ(東京ドームの約7倍)の敷地面積を持つ観光牧場です。広大な敷地内のビニールハウスでは四季を飾る花々が咲き花摘みが楽しめます。花摘みの他にも牛をはじめとする動物とのふれあいやバター作り体験教室、アスレチック広場など1日中楽しめます。

営業時間:9時~17時※季節によって異なる
年中無休※最終受付は閉園1時間前
花摘み種類:ポピー、キンギョソウ、アネモネ、ナデシコ※生育状況により異なる可能性有
場所:成田市名木730
入園料:大人(中学生以上)1,400円、小人(3歳以上)700円、3歳未満無料。花摘みは別途(花の種類により異なります)
交通:(車)圏央道下総ICより約2分
(バス)JR滑河駅から無料送迎バスで約10分
問い合わせ:0476-96-1001(成田ゆめ牧場)
成田ゆめ牧場ホームページ外部サイトへのリンク

[イベント情報]
●ズーラシアンブラス特別公演 4月13日(土曜日)10時~・13時〜
動物たちが奏でる多彩な音楽の世界を楽しもう!

●"謎解きウォークラリー"モアイの見つめる先にあるものは 3月21日(木曜日・祝日)〜4月21日(日曜日)
牧場内の7カ所にモアイが出現。モアイが見つめる先にあるものを探してモアイの七不思議の謎を解いてみよう!

●アニマルベビーフェア 3月23日(土曜日)~4月14日(日曜日)※生育状況により変動あり
成田ゆめ牧場3
⒞成田ゆめ牧場
ヤギ・ヒツジ・うさぎの可愛い赤ちゃんに出会える!

●夜桜ライトアップ 3月30日(土曜日)・31日(日曜日)、4月6日(土曜日)・7日(日曜日)
成田ゆめ牧場4
⒞成田ゆめ牧場
光るトロッコやアヒルのナイトレースなど夜桜限定イベントで楽しもう!
※桜の開花状況により日程を変更する場合がございます。

●ゆめこちゃんとナゾの牛乳瓶 3月20日(水曜日)まで
成田ゆめ牧場に隠された謎を解き明かしゆめこちゃんを救い出そう!!

2.甚兵衛公園(成田市)

甚兵衛公園
⒞成田市
甚兵衛公園は千葉県立印旛手賀自然公園内にあり、その昔、義民・佐倉宗吾のために掟を破り渡し舟を出し、印旛沼に身を投じた渡し守の名を取った公園です。季節ごとに咲く花が見事で、春には黄色一杯の菜の花畑が、あたり一面に広がり訪れる人々を楽しませてくれます。
甚兵衛公園4
⒞成田市
また、公園を囲んでいる松並木の松は「日本の名松100選」に選ばれています。
印旛沼周辺は、四季を通じてハイキングや釣り等に訪れる多くの人々に親しまれています。

場所:成田市北須賀1626
交通:(車)東関東自動車道「成田IC」から約19分 駐車場あり
(電車・バス)京成本線「公津の杜」からバス(成田市コミュニティバス「北須賀ルート」)で約20分「甚兵衛渡し」停留所から徒歩ですぐ
問い合わせ:0476-20-1540(成田市観光プロモーション課)

[周辺イベント情報]
●成田太鼓祭 4月13日(土曜日)・14日(日曜日)午前10時~
甚兵衛公園2
⒞成田市
関東を中心とした各都県を代表する和太鼓や日本の伝統音楽、伝統舞踊のチームが成田山と表参道を賑やかに盛り上げる日本屈指の太鼓祭。観客は例年20万人を超え、陽春の大気を震わせ、身体の奥底に響き渡る太鼓の轟音とパフォーマンスとで圧倒的な迫力で繰り広げられる。祭りの両日、成田は日本で最も賑やかで元気な街になります。

開催場所/成田山新勝寺大本堂前、成田山表参道沿い
交通/(電車)JR成田駅東口又は京成成田駅中央口より成田山表参道まで徒歩約1分、成田山新勝寺まで徒歩約10分
問い合わせ0476-24-3232(総合案内所、成田観光館)
成田太鼓祭外部サイトへのリンク

●第8回成田エアポートツーデーマーチ 5月25日(土曜日)・26日(日曜日)
甚兵衛公園3
⒞成田市
成田国際空港に離着陸する大迫力の航空機や成田山新勝寺、芝山仁王尊といった歴史あるお寺などを目前に楽しむことができる多彩なコースを設定。ウォーキングは、全身の筋肉を使用する有酸素運動。体に負担をかけることなく運動不足を解消することができ、ご年配の方からお子様まで、皆様のペースで気軽に運動を楽しむことができます。流れゆく景色を楽しみながら心身共にリフレッシュしてみてはいかがでしょうか。

開催場所/成田市内及び芝山町内
コース/5月25日(土曜日)成田空港コース、芝山里山コース
5月26日(日曜日)成田里山コース、芝山早苗歌コース
申込期間/大会ホームページ 2月1日(金曜日)~5月8日(水曜日)
振替用紙 2月1日(金曜日)~4月20日(土曜日)※消印有効
問い合わせ/エントリー事務局(スポーツエントリー内)0120-711-951
第8回成田エアポートツーデーマーチ外部サイトへのリンク

3.小湊鐵道沿線(市原市、大多喜町)

小湊鐡道1
⒞市原市観光協会
市原市を南北に縦断し、22の施設が国の登録有形文化財に登録されている小湊鉄道。東京から1時間で始発の五井駅に着き、小湊鐵道に乗り換えて、終点の上総中野(大多喜町)まで39.1km(約1時間)、ローカル線の雰囲気を満喫できます。沿線10か所以上で地域の方々と小中学生、福祉団体、環境保全団体、文化団体などの方々が、車両と菜の花が絵になる場所を選んで菜の花の種まきをしています。小湊鐡道では、クリーンディーゼルエンジンの機関車を先頭に窓ガラスのない展望車が連なる「里山トロッコ列車」も運行します。運行日は金曜日・土曜日・日曜日・祝日のみ(3月16日(土曜日)から12月中旬まで)で、大変人気がありますので事前に整理券の申し込みがお薦めです。
小湊鐡道2
⒞市原市観光協会
また、桜の開花時期には、華やかな桜と菜の花の共演が楽しめます。3月中旬から4月中旬には、例年、全国から鉄道ファンや写真愛好家などが、フォトジェニックな撮影スポットを求めて、休日、平日を問わず集まります。県外からは沿線を巡る観光バスもたくさん訪れます。

●主な菜の花の見どころ
上総川間駅、上総鶴舞駅、上総久保駅、高滝駅、里見駅、飯給駅、月崎駅、上総大久保駅、養老渓谷駅近くの石神地区など。
菜の花の開花状況について 問い合わせ:0436-96-0055(市原市観光協会養老渓谷駅前観光案内所)
トロッコ列車について 問い合わせ:0436-23-5584(小湊鐵道、里山予約電話)
小湊鐡道ホームページ(トロッコ列車の紹介)外部サイトへのリンク


[おすすめ周辺スポット]
●養老渓谷 粟又の滝
小湊鐡道3
⒞市原市観光協会
養老渓谷随一の景観を誇る粟又の滝は、養老渓谷の上流にあり、落差30m、長さ100mに渡り水しぶきをあげて流れ落ちる様子はまさに豪快そのもの。また、粟叉の滝自然遊歩道は、四季折々にその姿を変え、道脇に点在する大小の滝、垂直に迫る断崖、川面を覆うモミジの景観の中、清流のせせらぎや小鳥のさえずりを聞きながら散策を楽しめます。
養老渓谷観光協会外部サイトへのリンク

●市原湖畔美術館
現代アートを中心とした企画展や市収蔵作品の展示のほか、子供から大人まで楽しめる体験型ワークショップも多数開催します。館内のイタリアンレストランは、千葉県産の旬の食材等を使って薪釜で焼き上げたピザが人気です。現在、第6回市原湖畔美術館子ども絵画展を開催中。3月10日(日曜日)まで。
市原湖畔美術館外部サイトへのリンク

●笠森観音
小湊鐡道4
⒞笠森観音
笠森観音は坂東三十三観音霊場の第三十一番札所として、古来より巡礼の霊場として知られております。観音堂は、長元元年(1028年)、後一条天皇の勅願で建立されました。六十一本の柱で支えられた四方懸造は、特異な建築様式で全国でも珍しい日本唯一の構造で国指定の重要文化財です。
笠森観音外部サイトへのリンク

4.いすみ鉄道沿線(いすみ市、大多喜町)

いすみ鉄道1
⒞いすみ鉄道株式会社
上総中野駅から大原駅まで全線26.8kmのうち約15kmで菜の花が咲き、車窓から楽しむことができます。上総中野駅が小湊鐵道といすみ鉄道の乗り換え駅になっています。黄色い車体の1両編成列車をはじめ、列車に乗りながら季節にあわせたお食事を堪能できる「グルメ列車レストラン・キハ」の現在のラインナップは「伊勢海老特急・イタリアンコース」などで、風情豊かなローカル列車で癒しの旅ができます。
いすみ鉄道2
⒞いすみ鉄道株式会社
桜の開花と重なれば黄色と薄桃色の見事なコントラストが沿線一面に広がります。お得な1日フリー乗車券や房総横断記念乗車券も発売されています。

●主な観賞スポット
上総中野駅と西畑駅の間
西畑駅と総元(ふさもと)駅の間
総元駅周辺
デンタルサポート大多喜駅と城見ヶ丘駅の間(国道297号と交差する付近)
上総中川駅と風そよぐ谷国吉駅の間
国吉駅〜新田野(にったの)駅〜上総東駅の間
上総東駅と西大原駅の間

いすみ鉄道ホームページ(沿線菜の花マップ)外部サイトへのリンク

【いすみ鉄道沿線おすすめハイキングコース】
★歴史散歩コース(歴史に彩られた大多喜を散策するコース)
いすみ鉄道大多喜駅→大多喜城(総南博物館)→大多喜町薬草園→夷隅川フィッシングパーク→夷隅神社→商い資料館→渡辺家住宅(国の指定重要文化財)→房総中央鉄道館→散策後帰路へ
★滝めぐりコース(関東の名瀑「粟又の滝」周辺を散策するコース)
JR外房線 大原駅→いすみ鉄道上総中野駅→老川交差点→水月寺→小沢又の滝→滝めぐり遊歩道→粟又の滝→滝見苑→老川交差点→いすみ鉄道上総中野駅→JR大原駅

いすみ鉄道ホームページ(ハイキングコース)外部サイトへのリンク
問い合わせ:0470-82-2161(いすみ鉄道)

 
[おすすめ周辺スポット]
●大多喜城
いすみ鉄道3
大多喜城の正式名称は“千葉県立中央博物館大多喜城分館”といいます。千葉県指定史跡の上総大多喜城本丸跡に昭和50年に建てられた天守閣づくり(3層4階の鉄筋コンクリート造)の歴史博物館です。房総の中世・近世の城郭とそれに関わる武器・武具や調度品・古文書及び武家社会や城下町の生活などに関する資料を展示しています。
千葉県立中央博物館外部サイトへのリンク

●大原漁港 港の朝市
「大原漁港 港の朝市」は毎週日曜日に開催されます。旬の鮮魚、干物、水産物加工品、産直野菜のお買い物が楽しめる。農水産品のほかにも、蛸めし、蛸の串焼き、うなぎ弁当、地蛸のタコ焼き、イカ焼き、いすみ豚のもつ煮、じあじあ(魚のすり身を揚げた郷土料理)etc、地元グルメも充実!大人気の炭焼きバーベキュー台もご利用いただけます。毎年8~10月頃にはイセエビまつり、毎年1~3月頃にはたこしゃぶ祭りが開催されています。
大原漁港 港の朝市外部サイトへのリンク

5.マザー牧場(富津市)

マザー牧場
⒞マザー牧場
鹿野山にある「マザー牧場」は、スケールの大きな菜の花畑を散歩できることで有名です。場内の「花の大斜面・西」では斜面一杯、黄色い絨毯を敷き詰めたように菜の花が咲きます。梅の花も咲いており、菜の花との共演が楽しめます。また、羊、カピバラ、アルパカ、牛など様々な動物とふれあうことができ、お子様からお年寄りまで春の訪れを楽しめます。
場内の遊歩道はほとんどが舗装されていますので車イスで回ることもできます。
マザー牧場2
⒞マザー牧場
東京湾が一望でき空気の澄んだ快晴時には、富士山をはじめ伊豆大島も見ることができます。

入場料:中学生以上1,500円、4歳~小学6年生800円、3歳以下無料
営業時間:2月から11月は、平日9時30分~16時30分、土曜日・日曜日・祝日9時~17時
(春休み、夏休みは土曜日・日曜日・祝日の営業時間、ゴールデンウィークは特別営業時間になります)
場所:富津市田倉940-3
交通:(車)館山自動車道「君津IC」から国道127号で約14km
(君津PAスマートIC(ETC車限定)から10分)
館山自動車道「木更津南IC」から国道127号で約15km
(電車・バス)JR内房線「佐貫町駅」下車、路線バス「マザー牧場行き」約25分
JR内房線「君津駅」下車、直通路線バス約30分
問い合わせ:0439-37-3211(マザー牧場)

マザー牧場ホームページ外部サイトへのリンク

[イベント情報]
●春フェス 2月9日(土曜日)〜5月26日(日曜日)
春のマザー牧場は「見て・ふれて・味わう」楽しいイベントがいっぱい!春を満喫しよう♪

●赤ちゃん羊成長館
マザー牧場3
⒞マザー牧場
赤ちゃん羊が誕生する羊たちのお家を大公開!2〜3月は出産ラッシュ!
期間/5月26日(日曜日)まで 10時30分〜16時

●赤ちゃん羊ふれあい写真館
マザー牧場4
⒞マザー牧場
かわいい赤ちゃん羊のふわふわな毛にふれるチャンス☆カメラを忘れずに!
期間/4月21日(日曜日)まで
(1)10時45分(2)13時15分(3)15時15分※平日は(1)・(2)のみ(各回約30分)

●ミニミニひつじの大行進
マザー牧場5
⒞マザー牧場
まだあどけなくて可愛い赤ちゃん羊がミルクボトルを目指して、しっぽをふりふり大行進!ミルクを飲む愛らしい姿は必見です!
期間/3月9日(土曜日)〜3月31日(日曜日)の土曜・日曜・祝日 13時10分〜(約5分)


●マザー牧場イルミネーション2018-2019光の花園
マザー牧場7
⒞マザー牧場
すべてがリニューアル。東京湾を望む、千葉県一高い天空のイルミネーションです。
開催は、3月31日(日曜日)までの土曜・日曜・祝日のみです。


3月半ばまで、早春の千葉県の魅力を紹介する予定です。プレゼントもご期待ください。


「元気半島、ちば!」は随時新しい情報を追加してまいります。
「元気半島、ちば!」バックナンバーを「お気に入り」に登録して、時々チェックしてみてください。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:総合企画部報道広報課千葉の魅力発信戦略室

電話番号:043-223-2242

ファックス番号:043-227-0146

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?