サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:平成31(2019)年2月22日

元気半島、ちば!(灯台スポット特集)

千葉県の旬の情報をお知らせします(平成31年2月21日現在)。

今回の特集は

犬吠埼灯台(銚子)犬吠埼灯台(C)銚子市

心地いい潮風に吹かれて春を体感。空と海の青さと白亜のコントラストが美しい、絶景の灯台スポットを紹介します。

今回のプレゼントチーバくん(プレゼント)

房州ひじき(千葉県撮影)房州ひじきPhoto(C)千葉県

「房州ひじき」は太く柔らかいのが特徴で、ミネラルや鉄分がとても豊富に含まれており、貧血予防にも効果的です。南房総の海岸近くの岩間で獲れる千葉ブランド水産物認定品「房州ひじき」を抽選で20名の方にプレゼントします。房州ひじきの応募様式。外部サイトへのリンク(応募期間:平成31年2月21日から平成31年2月28日)。当選者の発表はプレゼント品の発送をもって代えさせていただきます。

灯台スポット

圏央道で「ちばの海・山、ギュッと近くに」

  1. 犬吠埼灯台(銚子市)
  2. 飯岡灯台(旭市)
  3. 太東埼灯台(いすみ市)
  4. 勝浦灯台(勝浦市)
  5. 野島埼灯台(南房総市)
  6. 洲埼灯台(館山市)

1.犬吠埼灯台(銚子市)

犬吠埼灯台犬吠埼灯台
「世界灯台100選」にも選ばれ、国の登録有形文化財でもある犬吠埼灯台は、日本に5カ所しかない第1等レンズ(高さ259センチメートル)を使う一番光の強い灯台の一つです。また、日本に15カ所しかない上ることができる灯台でもあり、99段のらせん階段を昇れば太平洋の雄大な景色が楽しめます。

犬吠埼灯台資料館のレンズ回転する第1等レンズの展示

構内の資料館には、建設時の設計図などの歴史的資料や、全国でここしかみられない国産第1号の1等レンズが、回転装置と一体となって展示されています。灯台付近には、芝生の園地、レストラン、お土産店、地球の丸く見える丘展望館など楽しめる施設が多数あり、平成31年1月にオープンした「犬吠テラステラス」の2階では、朝日や夕陽をハンモック型ベンチで贅沢に見ることができるなど、充実の観光スポットとなっています。

参観時間:8時30分~16時(無休)※悪天候の場合は休
料金:大人200円、子供無料
場所:銚子市犬吠埼9576
交通:(車)東関東自動車道「佐原香取IC」から国道356号線で約1時間
(電車)銚子電鉄「犬吠駅」から徒歩10分
(バス)JR総武本線「銚子駅」からバス外川行き「犬吠駅」下車徒歩3分
問い合わせ:0479-25-8239(公益社団法人燈光会犬吠埼支所)

2.飯岡灯台(旭市)

飯岡灯台1⒞旭市商工観光課

飯岡灯台が立つ旭市上永井の刑部岬からは、雄大な太平洋の風景が広がっています。美しく立ち昇る朝日、名勝として選ばれた房総半島の彼方に沈む夕陽、漁船と街の灯が演出する夜景まで、恋する時間をいつでも演出してくれるロマンティックなスポットとして、平成30年6月に県内で初の「恋する灯台」に認定されました。隣接する展望館からの眺望は、「日本の夕陽百選」などにも選ばれています。

飯岡灯台からの夕焼け⒞旭市商工観光課
小柄な白亜の灯台の姿は、写真や映画、詩歌などに取り上げられています。映画やアニメにもなった「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」の舞台でもあり、作品を記念するモニュメントの両側の柱の上に手をかざすと、挿入歌のメロディが流れます。また、東日本大震災で津波の被害を受けた旭市飯岡地区の復興への希望をこめ建てられた「希望の鐘」は新たな名所となっています。

 

場所:旭市上永井1309-1
交通:(車)東関東自動車道から千葉東金道路経由「横芝光IC」から約50分
東関東自動車道「大栄IC」から県道70号道路経由約60分
(バス)JR総武本線「旭駅」から双葉町行き「飯岡灯台入口」下車徒歩10分
問い合わせ:0479-62-5338(旭市商工観光課)

3.太東埼灯台(いすみ市)

太東埼灯台1いすみ市役所オリンピック・観光課
太東埼灯台は1950(昭和25)年設置の、白亜塔形(円形)の中型灯台です。終戦後夷隅郡太東村により海沿いに建てられましたが、激しい海蝕により大規模な崖崩れがあったため、それまでの位置より100m後方に新設されました。ここからの景色は太平洋の水平線を一望でき、東には視界を遮るものもなく、南側の手前には国の天然記念物第1号に指定された太東海浜植物群落が見え、八幡岬までを見渡せまさに絶景ポイントです。
元旦の日の出スポットとして有名で、周囲は南房総国定公園に指定され、週末には地元のNPO法人による特産品販売も行われています。毎年5月には「燈台まつり」が開催されています。恒例の海に向かっての絶叫大会(参加費無料、飛び入り歓迎)や軽食、お土産品などの販売があります。
太東埼灯台2⒞いすみ市役所オリンピック・観光課
国道から大東埼燈台に向かう途中には、葛飾北斎に影響を与えたといわれる「波の伊八」の彫刻で有名な「飯縄(いずな)寺」があります。しかしながら、灯台に向かう道路はとても狭いため、車のすれ違いには注意が必要です。


場所:いすみ市岬町和泉字3508
交通:(電車)JR外房線「太東駅」下車、約4キロ、徒歩45分
(車)圏央道「市原鶴舞IC」から約40分
問い合わせ:0470-62-1243(いすみ市オリンピック・観光課)

4.勝浦灯台(勝浦市)

勝浦灯台1 勝浦灯台2⒞勝浦市観光商工課
大正時代から海岸を照らしてきた歴史ある勝浦灯台。房総半島太平洋沿岸のほぼ中ほどから勝浦湾の南に突きだした八幡岬の近く、ひらめヶ丘に立つ八角形の中型灯台です。銚子犬吠埼沖から南房総の野島崎沖を通過する船舶にとっての重要な道標として、1世紀に渡り房総沖の安全を見守り続けています。灯台の敷地や内部の公開はされていませんが、勝浦灯台に向かう途中の小高い丘の上に「官軍塚」があり、ここからは太平洋が一望の下に見渡せます。「ひらめヶ丘」の崖下の磯は、釣り人の集う好ポイントになっています。2月下旬頃からは河津桜が見頃を迎えます。
灯台の周辺は、南房総国定公園に指定され、太平洋を望む景勝地として日の出が素晴らしいことでも知られている絶景スポットです。また、八幡岬は三方を海に囲まれた自然の要害で勝浦城がありました。城址周辺は八幡岬公園となっており、徳川家康の側室で水戸光圀の祖母に当たるお万の方の銅像が建っています。

場所:勝浦市川津
交通:(電車)JR外房線「勝浦駅」から徒歩25分
(車)圏央道「市原鶴舞IC」から約40分
問い合わせ:0470-73-1658(勝浦市観光協会)

5.野島埼灯台(南房総市)

野島埼灯台3⒞南房総市商工観光部

野島埼灯台1⒞南房総市商工観光部
房総半島の最南端に立つ野島埼灯台。白亜の八角形をした大型灯台は、「白鳥の灯台」とも呼ばれ「日本の灯台50選」に選ばれており、国の登録有形文化財にも登録されています。灯台の歴史・機能・役割など学べ、貴重な灯台関係資料が展示されている灯台資料展示館(きらりん館)も併設。展示室中央に展示されているガラス工芸を思わせるフランス製フレネル式レンズに灯を入れ、壁面を灯室の窓として野島崎の夕闇風景が演出される光景を見ることができます。
緑と海に囲まれた周辺は南房総国定公園に指定され散策や雄大な太平洋のパノラマが楽しめます。房総半島最南端の岩場に置かれた白いベンチは別名「ラバーズベンチ」と呼ばれ、星空がとても綺麗な撮影スポットとして話題となっています。

営業時期:9時~16時(10月~4月)、9時~16時30分(5月~9月)※悪天候の場合は休
料金:大人200円、子供無料
場所:南房総市白浜町白浜630
交通:(車)富津館山自動車道「富浦IC」より約30分
(バス)JR内房線「館山駅」からバス白浜行き「野島崎灯台口」下車徒歩3分
問い合わせ:0470-38-3231(きらりん館)

6.洲埼灯台(館山市)

洲崎灯台(館山市)⒞館山市経済観光部観光みなと課
洲埼灯台は房総半島南西端に位置し、対岸の三浦半島にある剱埼灯台とともに東京湾の入口を守り、航行する船舶の安全を支えています。見学できる灯台ではありませんが、洲埼灯台からは360度の景色が広がり、晴れた日には富士山や伊豆大島、三浦半島などを望める絶景のビュースポットです。
近年は、アイドルグループAKB48のシングル曲のプロモーションビデオの撮影場所に使われたことなどで親しまれています。

洲崎灯台

また、かつてこの灯台周辺にはマーガレットの花が咲き誇っていたことから、「マーガレット岬」の名で親しまれていました。残念ながら現在はマーガレット畑は姿を消してしまいましたが、灯台の周りには地元の人たちが当時の様子を復活させようと菜の花やマーガレットを植栽しており、時期になると黄色や白の花が咲き始めます。マーガレットの花言葉は「恋占い」「真実の愛」、美しい景色を望みながら、あなたの恋の行方を占ってみてはいかがでしょうか。

場所:館山市洲崎1043
交通:(車)富津館山自動車道「富浦IC」から国道127号線~県道257号線約45分
(バス)JR内房線「館山駅」から洲崎方面行き約30分「洲の崎灯台前」下車徒歩5~10分
問い合わせ:0470-22-3346(経済観光部観光みなと課)

最後までご覧いただき、ありがとうございます。
3月半ばまで、早春の千葉県の魅力を紹介する予定です。プレゼントもご期待ください。


「元気半島、ちば!」は随時新しい情報を追加してまいります。
「元気半島、ちば!」バックナンバーを「お気に入り」に登録して、時々チェックしてみてください。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:総合企画部報道広報課千葉の魅力発信戦略室

電話番号:043-223-2242

ファックス番号:043-227-0146

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?