サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:平成30(2018)年12月27日

元気半島、ちば!(初詣特集)

千葉県の旬の情報をお知らせします(平成30年12月26日現在)。

今回の特集は

成田山新勝寺成田山新勝寺Photo(C)naritasan-shinsho-ji

今回は、県内の主な初詣スポットを紹介します。

チーバくん(落花生Qなっつ)チーバくん

今回のプレゼント

QなっつQなっつ

千葉県は国産落花生の約8割を生産している全国一の落花生の産地です。県では、特産品である落花生を、幅広い世代に食べていただけるよう、この秋、10年ぶりに新品種を発表しました。ピーナッツを超える味という意味で愛称は「Qなっつ」、はっきりした甘み、気品があり白い莢(サヤ)が特徴で、開発に18年という歳月をかけた自信作!発売開始以来大好評です。この”落花生王国千葉”にふさわしい美味しさの千葉県産”Qなっつ”を抽選で20名の方にプレゼントします。応募様式。外部サイトへのリンク(応募期間:平成30年12月26日~平成31年1月6日)。当選者の発表はプレゼント品の発送をもって代えさせていただきます。(当選者へは1月中に発送予定です)。

アクアライン、圏央道で「千葉の海・山、ギュッと近くに」

初詣スポット

目次

  1. 香取神宮(香取市)
  2. 成田山新勝寺(成田市)
  3. 千葉神社(千葉市)
  4. 玉前神社(一宮町)
  5. 安房神社(館山市)

1.香取神宮(香取市)

香取神宮香取神宮Photo(C)katori-jingu

香取神宮は、古来から国家鎮護の神として崇拝され、明治以前、鹿島、伊勢とともに「神宮」の社号を持つ下総国一ノ宮です。
境内には本殿・楼門(国の重要文化財)、拝殿(登録文化財)、国宝の海獣葡萄鏡をはじめ、多くの文化財が長い歴史を今に伝えています。
家内安全、産業(農業・商工業)指導の神・海上守護・心願成就・縁結・安産の神として深く信仰されています。さらに、平和・外交の祖神として、勝運・交通安全・災難除けの神としても有名です。

場所:香取市香取1697-1
交通:(タクシー)JR成田線「佐原駅」からタクシーで10分
(車)東関東自動車道、佐原香取インターから車で3分
問い合わせ先:0478-57-3211(香取神宮)

2.成田山新勝寺(成田市)

成田山新勝寺三重の塔成田山新勝寺Photo(C)naritasan-sinsho-ji

「成田のお不動さま」の名で全国に親しまれ、正月の三が日は多くの参拝者でにぎわう成田山新勝寺。
境内には三重塔などの国指定重要文化財5棟、四季折々の美しさと四季を楽しむイベントを行う16万5千平方メートルにおよぶ大庭園「成田山公園」があります。
また、新勝寺門前の表参道は歴史的建造物が残る江戸情緒あふれる町並みで多くの店舗が並び、夏には約300年の歴史ある成田山祇園会が開催されます。成田国際空港に近いことから外国人観光客にも人気があります。

場所:成田市成田1
交通:(電車)JR成田線「成田駅」又は京成電鉄「京成成田駅」下車徒歩で約10分
問い合わせ:0476-22-2111(成田山新勝寺)

3.千葉神社(千葉市)

千葉神社千葉神社Photo(C)chiba-jinja

正式名称「妙見本宮千葉神社」。人の星(=人の運命)を司るという北極星の神様「妙見さま」をお祀(まつ)りする総本宮で、厄除開運・八方除をはじめ家内安全や商売繁盛など新年の祈願に、正月三が日だけで約65万人が関東一円から参拝に訪れます。鮮やかな朱色が目を引く社殿は、日本初の重層様式で建てられています。千葉市の中心街に位置しており、出店も多く並び、にぎわいます。

場所:千葉市中央区院内1-16-1
交通:JR総武線又は京成線「千葉駅」下車徒歩10分
問い合わせ:043-224-2211(千葉神社)

4.玉前神社(一宮町)

玉前神社玉前神社Photo(C)tamasakijinja

江戸から明治期の建物が当時の面影を残す玉前神社は、上総一之宮として平安時代より信仰を集めている格式ある神社。現在の町名の由来となっています。
縁結び・子授け・安産・子育てなどご利益があるといわれることから女性に人気!東京から見て風水学的に吉方位として、開運・商売繁盛の祈願に訪れる方も多い神社です。また、海岸から約2.8キロメートルと近く、四季を通じてサーファーが集まります。
一宮町の釣ヶ崎海岸が2020年東京オリンピックのサーフィン会場に選定され地元はもちろん、サーファーたちも盛り上がりをみせています。
多くのサーファーは年の初めに安全祈願と「波乗守(なみのりまもり)」を求め参拝に訪れます。

場所:長生郡一宮町一宮3048
交通:(電車)JR外房線「上総一ノ宮駅」から徒歩8分
(車)九十九里道路「一宮IC」から県道123号経由3キロメートル10分駐車場:50台
問い合わせ:0475-42-2711(玉前神社)

5.安房神社(館山市)

安房神社安房神社Photo(C)awajinja

安房神社の創始は今から2670年以上も前に溯り、平安時代には延喜式神名帳に「名神大社」と格付けされ、鎌倉時代以降は安房国一宮、明治時代には官幣大社に列している安房随一の大社。主祭神の天太玉命は、産業創始(ものつくり、企業隆昌、事業繁栄、商売繁盛、技術向上、学業向上など)にご利益のある神様と言われています。また、心願成就・必勝祈願にもご利益があるとも言われています。

場所:館山市大神宮589番地
交通:(電車)館山駅からバスで30分「安房神社前」下車徒歩で5分
(車)富浦ICから車で30分
問い合わせ:0470-28-0034(安房神社)


3月半ばまで、早春の千葉県の魅力を紹介する予定です。プレゼントもご期待ください。

「元気半島、ちば!」は随時新しい情報を追加してまいります。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:総合企画部報道広報課千葉の魅力発信戦略室

電話番号:043-223-2242

ファックス番号:043-227-0146

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?