ここから本文です。

更新日:平成30(2018)年4月24日

元気半島、ちば!(特集:休日は千葉で!)|3.房総横断ローカル線の旅

今回のプレゼント

千葉県は全国有数のいちごの産地。また「日本酪農発祥の地」でもあり、生乳の生産も盛んです。こだわりのいちごのアイスクリームと人気のシャーベット(各5個ずつ)を20名の方にプレゼント。応募はこちらから外部サイトへのリンク(応募期間は平成30年4月24日~5月7日)。

千葉の旬の情報をお知らせします。(平成30年4月24日号)

3.房総横断ローカル線の旅

ゴールデンウィークはのんびりとローカル線に乗って、房総半島を横断してみませんか。
千葉県の西側(東京湾側)、JR内房線五井駅から小湊鉄道に乗り、房総半島のほぼ中央の上総中野駅でいすみ鉄道に乗り換え、千葉県の東側(太平洋側)にある大原駅まで2つのローカル線を乗り継いで、房総半島を横断することができます。大原駅ではJR外房線に乗り換えができます。もちろんこの逆も可能です。
小湊鉄道といすみ鉄道で房総を横断する乗車券も発売されています(大人1700円、小人850円)。

小湊鉄道(市原市~大多喜町) 

市原市の五井駅から大多喜町の上総中野(かずさなかの)駅までの39.1kmをつなぐローカル線です。
全18駅のうち13駅が終日無人駅、なかには大正時代から変わらない姿のノスタルジックな木造駅舎もあり、人気スポットになっています。上総鶴舞駅は「関東の駅100選」に選定されています。
五井駅には、明治、大正時代のSL3台が展示されています。

田園を行く小湊鉄道(山内憲章撮影)田園を行く小湊鉄道Photo(C)NoriakiYAMAUCHI

ツートンカラーのレトロな車両は昭和36年(1961年)~52年(1977年)にかけて製造された「キハ200形」というディーゼルカー。昭和の時代からみんなに愛されて、大切に使われています。
東京駅から1時間でこのレトロな雰囲気の撮影ができ、俳優やスタッフの限られた時間を有効に使えることから、ドラマや映画、コマーシャルのロケ地にもたびたび使われています。
懐石料理を味わいながら旅することのできる列車やサイクリング自転車をそのまま乗せることのできる列車などの特別列車も好評です。
毎年9月末に地域の人々が駅や沿線にまいた菜の花の種が、3月から4月にかけて花開き、撮影ポイントにはカメラマンがたくさん集まります。

菜の花畑を行く「里山トロッコ列車」(山口秀輝撮影)養老渓谷駅近くの菜の花畑を行く「里山トロッコ列車」Photo(C)HidekiYAMAGUCHI

コッペル製SLを模して復元した機関車(動力はディーゼル)が4両のトロッコを牽引して走る「里山トロッコ列車」は、「上総牛久駅」から「養老渓谷駅」間で運行されており、普通乗車券のほか500円の乗車整理券(大人・小人とも同じ)が必要です。
3月から12月までの土休日を中心に運行(運行日は必ずご確認ください。)となり、乗車整理券お申込(乗車日の2日前まで)の際、展望車か普通車をお選び頂き、その中で自由席となります。
トロッコは時速約30kmでゆっくりと走り、屋根や周囲がガラス張りなので、風景を満喫できます。

小湊鉄道路線図(千葉県作成)小湊鉄道線(青色)

問い合わせ先:0436-21-6771(小湊鐵道株式会社)受付時間9時~17時30分
0436-23-5584(里山トロッコ列車申込専用)受付時間10時~16時
小湊鐵道ホームページ 外部サイトへのリンク

いすみ鉄道(大多喜町~いすみ市) 

いすみ鉄道キハ52-125とキハ28-2346の連結列車Photo(C)Isumitetsudo

いすみ市の大原駅から大多喜町の上総中野(かずさなかの)駅までの14駅、26.8kmを走り、沿線には美しい田園風景や歴史ある城下町の街並み、渓谷など見どころの多い路線です。
ここ数年話題を呼んでいるのが黄色い列車の車両です。フィンランドの作家「トーベ・ヤンソン」が生んだムーミン達が「ムーミン列車」として車両のあちこちに描かれています。
「風そよぐ谷国吉駅」には、駅売店「VALLEYWINDS(バレーウインズ)」があります。ムーミンのレアなキャラクターグッズなどが手に入るとファンに大人気です。
また、いすみ鉄道オリジナルグッズ、品揃えナンバー1の「大多喜売店」が「デンタルサポート大多喜駅」にあります。
昭和40年製の懐かしい車両「キハ52」も運行中です。平成21年(2009年)にJR西日本大糸線で廃車になったものを購入したもので、平成23年(2011年)から「観光急行」として、いすみ鉄道で走らせています。
平成24年(2012年)には、高山本線を最後に廃車となった「キハ28」を購入、翌年3月から「キハ52」と連結した2両編成での運転を始め、「キハ28」の車内で本格的な食事が楽しめるレストラン列車として運行しています。
また、同じく平成24年、JR久留里線が新車になった際に廃車となった「キハ30」を購入し、現在、国吉駅に留置されています。

いすみ鉄道路線図(千葉県作成)いすみ鉄道線(茶色)

問い合わせ先:0470-82-2161いすみ鉄道株式会社
いすみ鉄道ホームページ 外部サイトへのリンク

千葉県内には、銚子電気鉄道や流山鉄道、千葉都市モノレールなどさまざまなローカル線が走っています。

詳しくは「元気半島、ちば!」の「ローカル線特集」をご覧ください。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:総合企画部報道広報課千葉の魅力発信戦略室

電話番号:043-223-2242

ファックス番号:043-227-0146

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?