サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:令和元(2019)年12月13日

なのはな情報マガジン第448号(令和元年12月11日発行)

※「なのはな情報マガジン」のメールマガジンの配信と同時にこのページをご覧いただけます。

(1)県政トピックス
最近の新しい政策やニュースなどのうち、主要なものをお届けします。

(2)情報スクエア
現在、県から情報を発信しているもののうち、主要なお知らせ情報をお知らせします。

(3)カルチャー情報
県施設のイベントや講座、コンサートなどの情報をご紹介します。

(4)県内観光イベント情報
県内の観光情報や話題のイベントをご紹介します。

(5)インターネット放送局こぼれ話
動画配信「千葉県インターネット放送局」とともにお楽しみください。

(6)インターネット放送局からのお知らせ
最新番組(動画)を紹介します。

(7)編集後記

(1)県政トピックス

  • 「がんばろう!千葉 千葉県災害義援金」の募集期間を延長しました
    (募集期間:令和2年3月31日まで)

    /皆さまからの温かいご支援により、約21億円(令和元年11月末現在)の義援金をお寄せいただいております。現在も多くの義援金が寄せられていることから募集期間を令和2年3月31日まで延長しました。
    ご支援いただきました義援金は、台風15号および19号ならびに10月25日の大雨による被災された世帯に対して見舞金として支給します。
  • 冬の交通安全運動を実施中
    ~夕暮れの 早めのライトで 防ぐ事故~(実施期間:12月19日まで)

    /年末は、日没が早まり日の出も遅くなることから、夕暮れから夜間・早朝における交通事故が増加する傾向にあります。また、忘年会などの飲酒の機会が増える時期でもあり、飲酒運転による重大交通事故が発生する可能性があります。
    交通事故は、みなさんの心がけで防ぐことができます。
    一人ひとりが命を大切にして、「交通安全県ちば」を目指しましょう。

(2)情報スクエア

  • 子どもの人権問題講演会」を開催します
    (開催日:令和2年2月5日/募集締め切り:令和2年1月15日必着)

    /県では、人権問題に対する正しい理解と認識を深めることを目的とした「子どもの人権問題講演会」の開催します。
    10月に改正した「千葉県子どもを虐待から守る条例」についてご紹介するほか、「しつけと虐待の違いと、虐待予防」を演題に児童虐待の未然防止について講演します。
    ※講演は、事前申し込み(メールまたははがき)が必要です。
  • 「千葉・県民音楽祭」の演奏者を募集しています
    (開催日:令和2年6月21日/募集締め切り:令和2年1月31日必着)

    /オリンピック・パラリンピックは、"スポーツの祭典"であると同時に"文化の祭典"でもあります。県では、県民の皆さまが文化の担い手として参加・交流できる「千葉・県民音楽祭」を開催します。
    現在、「千葉・県民音楽祭」開催に向けて、プロオーケストラ「千葉交響楽団」と一緒に演奏をしてくださる方や障害者団体・合唱団体・ダンスチームを募集しています。
    皆さんも、千葉交響楽団と一緒に素敵なハーモニーを奏でてみませんか。
  • 「ちばアート祭2020」絵画・写真公募展の作品募集
    (募集締め切り:令和2年5月11日必着)

    画像:ちばアート祭2020のロゴマーク
    /東京2020大会の開催という機会を活かし、県民の皆さまにちばの文化的魅力を再認識していただくため、県では、ちば文化の魅力を特徴づけるモノやコトを「ちば文化資産」として111件選定しました。
    現在、「ちば文化資産」をテーマとした絵画・写真を「ちばアート祭2020」の作品として募集しています。今年はインスタグラムからの投稿でも募集します。
    ぜひ、皆さんの「ちば愛」を作品にして応募ください。

    問い合わせ先
    ちばアート祭2020 絵画・写真公募展事務局
    (県委託事業者:株式会社オニオン新聞社内)
    電話:043-201-8811
  • 「ちば文化資産」紹介リーフレットを作成しました
    画像:ちば文化資産のロゴマーク
    /東京2020大会の開催という機会を活かし、県民の皆さまにちばの文化的魅力を再認識していただくため、県では、ちば文化の魅力を特徴づけるモノやコトを「ちば文化資産」として平成30(2018)年に111件選定しました。
    現在、「ちば文化資産」をテーマとした絵画・写真を「ちばアート祭2020」の作品として募集しています。また、今回は、インスタグラムからも投稿できます。
    ぜひ、皆さんの「ちば愛」を作品にして応募ください。

(3)カルチャー情報

美術館・博物館情報

第19回関宿城百景写真展外部サイトへのリンク
/県立関宿城博物館(野田市)

「関宿城近辺の風景」をテーマに公募し、応募のあった作品を展示します。

期間

令和2年1月19日(日曜日)まで開催中

開館時間

午前9時~午後4時30分

休館日

月曜日、12月28日(土曜日)から12月31日(火曜日)まで
※月曜日が祝日の場合は開館し、翌日休館します。

会場

県立関宿城博物館
/野田市関宿三軒家143-4

入場料

一般:200円
高校・大学生:100円
中学生以下・65歳以上:無料

問い合わせ先

県立関宿城博物館
電話:04-7196-1400

コンサート・会館情報

和太鼓の饗宴 ~未来に鼓動をつなぐ~
/千葉県東総文化会館(旭市)

東総地域の和太鼓団体のほか、習志野市からゲストを招き、和太鼓による熱いパフォーマンスをお届けします。
今回は、出演団体一同によるオープニング演奏から幕を開け、出演者代表による大太鼓演奏など趣向を凝らした演出となっております。
ぜひ、会場で和太鼓の鼓動をご堪能ください。

日時

12月15日(日曜日)
午後1時30分開演(午後1時開場)

会場

千葉県東総文化会館 大ホール

出演

銚子はね太鼓保存会(銚子市)
のさか太鼓(匝瑳市)
あさひ八泉連(旭市)
ゲスト:和太鼓衆雷夢(習志野市)

入場料

(全席指定)1,200円

問い合わせ先

千葉県東総文化会館
電話:0479-64-2001

青葉寄席
青葉の森公園芸術文化ホール外部サイトへのリンク(千葉市)

空前の落語ブームの中でも、いま注目の若手落語家・三遊亭わん丈さんによる新春落語。
"千葉"をテーマに、この日だけのオリジナル落語を披露します。
ぜひ、青葉寄席で初笑いをお楽しみください。

日時

令和2年1月5日(日曜日)
午後2時開演(午後1時30分開場)

会場

青葉の森公園芸術文化ホール ホール

料金

(全席自由)
前売:1,500円
当日:1,800円

出演

三遊亭わん丈、柳亭市若

問い合わせ先

青葉の森公園芸術文化ホール
電話:043-266-3511

千葉交響楽団ニューイヤーコンサート2020
~世紀の祭典を祝して~外部サイトへのリンク

/千葉県文化会館(千葉市)

新年を迎える今回のニューイヤーコンサートでは、ソプラノの市原愛さんをゲストにお迎えし、有名なアリアを披露いただきます。
また、恒例のワルツやポルカに加え、スポーツに関連のある曲も取り上げオリンピック・パラリンピックイヤーの開幕を音楽でにぎやかに祝います。

日時

令和2年1月11日(土曜日)
午後2時開演(午後1時15分開場)

会場

千葉県文化会館 大ホール

入場料

(全席指定)
S席:5,000円
A席:4,000円
B席:3,000円

出演

指揮:山下 一史
ソプラノ:市原 愛
管弦楽:千葉交響楽団

曲目

スッペ/喜歌劇「軽騎兵」序曲
J.シュトラウスII/ワルツ「春の声」
ローザス/ワルツ「波涛を越えて」
ヨーゼフ・シュトラウス/ポルカ・シュネル「障害物競走」
レハール/喜歌劇「メリー・ウィドウ」よりヴィリアの歌
J.シュトラウスII/ワルツ「美しく青きドナウ」 ほか

問い合わせ先

公益財団法人 千葉交響楽団事務局
電話:043-222-4231

オーケストラ・シリーズ
千葉交響楽団 第106回定期演奏会「響きの妙(みょう)」外部サイトへのリンク

/千葉県文化会館(千葉市)

感性の赴くままに名曲の数々を生み出したモーツァルトと熟考の上に推敲を重ね壮大な作品を生み出したブラームス。二人の作曲家が書いた音の響きの違いをお楽しみください。
また、ソリストに、長年、NHK交響楽団のコンサートマスターとして活躍した堀正文さんを迎え、モーツァルトのヴァイオリン協奏曲第3番の独奏とともに、後半のブラームス交響曲第1番では、コンサートマスターを務めていただきます。
※この演奏会は、10月12日(土曜日)に開催を予定しておりましたが、台風19号による影響のため、令和2年2月7日(金曜日)に延期になりましたので、再度、ご紹介いたします。

日時

令和2年2月7日(金曜日)
午後7時開演(午後6時15分開場)
※午後6時45分から指揮者山下一史によるプレトークをお楽しみいただけます。

会場

千葉県文化会館 大ホール

入場料

(全席指定)
S席:4,000円
A席:3,000円
B席:2,000円
※既に、お手元にお持ちのチケットは、本演奏会でご利用いただけます。
 お手元のチケットは、大切に保管ください。

出演

指揮:山下 一史
ヴァイオリン:堀 正文
管弦楽:千葉交響楽団

曲目

モーツァルト/歌劇「後宮よりの逃走」序曲
モーツァルト/ヴァイオリン協奏曲第3番ト長調K.216
ブラームス/交響曲第1番ハ短調作品68
(コンサートマスター:堀正文)

問い合わせ先

千葉交響楽団事務局
電話:043-222-4231

千葉県文化会館 プレミアム・シート2020外部サイトへのリンク
/千葉県文化会館(千葉市)

2020年度プレミアム・クラシック・シリーズ3公演を、同じ席でご鑑賞いただける「プレミアム・シート」を期間限定で販売します。
ぜひ、この機会にクラシックをお楽しみください。

  • (1)牛田智大ピアノリサイタル
    日時:令和2年5月24日(日曜日) 午後2時開演
  • (2)奥村愛(ヴァイオリン)・御法川雄矢(ヴィオラ)・ルドヴィート・カンタ(チェロ)~弦楽トリオで聴くバッハ名曲集~
    日時:令和2年10月18日(日曜日) 午後2時開演
  • (3)藤木大地カウンターテナーリサイタル
    日時:令和3年2月14日(日曜日) 午後2時開演
販売金額

プレミアム・シート 特別価格:9,900円

販売期間

令和2年1月31日(金曜日)まで販売します。

問い合わせ先

千葉県文化会館
電話:043-222-0201

(4)県内観光イベント情報

冬フェス外部サイトへのリンク
/マザー牧場(富津市)

写真:カビパラの打たせ湯(マザー牧場)

冬フェスでは、カピバラが桶のお風呂にのんびりと漬かる「カピバラの打たせ湯」など、マザー牧場のふわもこな動物たちのイベントをお楽しみいただけます。
クリスマスイベントでは、トナカイに扮したかわいい羊たちがサンタと登場するイベントや羊毛ニードルで作るクリスマスブローチなどの手作り体験が楽しめます。
また、来年の干支"子"に掛けた「ひつじの大行進~ねずみ年編~」では、人文字ならぬ羊文字で、広大な牧草地に"子"の文字を描きます。

期間

令和2年1月26日(日曜日)まで開催中

休園日

12月16日(月曜日)から12月19日(木曜日)まで
令和2年1月7日(火曜日)から1月10日(金曜日)まで
令和2年1月14日(火曜日)から1月17日(金曜日)まで

場所

マザー牧場
/富津市田倉940-3

料金

大人(中学生以上):1,500円
小人(4歳~小学生):800円
3歳以下:無料

交通

電車:JR内房線「君津駅」南口から日東交通バス(直通バス)「マザー牧場まきばゲート前」下車
車:館山自動車道「君津PAスマートIC(千葉・アクアライン方面からETCを利用の場合)」から一般道経由で約13分

問い合わせ先

マザー牧場
電話:0439-37-3211

あさひ冬のあったかグルメまつり外部サイトへのリンク(旭市)

写真:鍋

寒い冬には、旭市の自慢の食材を使った「からだが温まる料理」を味わってみませんか。
「食のあさひ」と呼ばれるほど、肉、野菜、魚の全てが自給できる旭市で、最高の食材を使った各店舗自慢の料理をご堪能ください。

期間

令和2年2月29日(土曜日)まで開催中

場所

旭市観光物産協会加盟店舗(市内26店舗)

問い合わせ先

旭市観光物産協会
電話:0479-62-7537

鋸山山頂駅から初日の出を見よう
鋸山ロープウェー外部サイトへのリンク(富津市)

写真:鋸山の山頂からの初日の出

特別運転のロープウェーに乗って、2020年の初日の出を見に行きませんか。
初日の出を鋸山の山頂で迎えられるように、鋸山ロープウェーは元日の午前5時30分から特別運転を行います。
山頂からは、白銀に輝く富士山の姿や東京湾が目の前に広がり、日の出とともにその色合いを変える美しい景色をご覧いただけます。

日時

令和2年1月1日(水曜日・祝日)
午前5時30分から5分間隔で運転
※日の出時間は、午前6時30分頃の予定です。

場所

鋸山ロープウェー
/富津市金谷4052-1

料金

大人:往復950円
こども:往復450円

交通

電車:JR内房線「浜金谷駅」から徒歩約8分
車:富津館山道路「富津金谷IC」から車で約5分

問い合わせ先

鋸山ロープウェー
電話:0439-69-2314

初詣(はつもうで)外部サイトへのリンク
/稲毛浅間神社(千葉市)

写真:初詣(稲毛浅間神社)

安産・子育ての神として古くから崇敬を集め「いなげのせんげんさま」として親しまれている稲毛浅間神社。
正月三が日は約30万人の初詣客でにぎわいます。
また、元日は、古事記の世界を再現する県無形民俗文化財の「十二座神楽」が奉納されます。

場所

稲毛浅間神社
/千葉市稲毛区稲毛1-15-10

交通

電車(1):JR総武線「稲毛駅」から徒歩約15分
電車(2):JR京葉線「稲毛海岸駅」から徒歩約20分
電車(3):京成線「京成稲毛駅」から徒歩約5分

問い合わせ先

稲毛浅間神社
電話:043-245-7777


このほかの観光イベント情報については下記でご覧いただけます。

千葉県公式観光情報サイト -まるごとe! ちば-外部サイトへのリンク

(5)インターネット放送局こぼれ話

チバテレで放送中の県広報番組「ウィークリー千葉県~ちばの旬な話題をお届け~」
ロケのエピソードや番組の中で紹介できなかったお話、リポーターのコメントなどについてご紹介します。

※放送終了後にインターネット放送局で再配信をおこなっています。
 放送を見逃したという方は、ぜひ、ご覧ください。

~冬の光る芸術イルミネーション 今の時期にオススメのスポットのご紹介~

12月7日放送の「ウィークリー千葉県~ちばの旬な話題をお届け~」。
特集は、「夜空にきらめくちばのイルミネーション」。
冬のこの季節に、ロマンチックな気持ちになれる、とっておきのスポットをご紹介しました。

今回取材させていただいたのは、富津市にある「マザー牧場」、袖ケ浦市にある「東京ドイツ村」。
取材した当日は、あいにくの雨模様でしたが、それぞれ特徴があって、趣の異なるイルミネーションを撮影することができました。

まず最初に「マザー牧場」での様子をご紹介します。
標高300メートルの鹿野山にある「マザー牧場」です。
撮影当日は、パラパラと雨が降り、気温も10度あるかないかといったとても寒い日で、目の前には霧が立ち込め、どこか神秘的な風景にすごく感動しました。

園内での撮影は、ヒツジやウマなどのエサやりでした。
夢中になってエサを食べる姿は、とてもキュートで癒されました。

しかし、エサやりより心を打たれたのが、ネズミの仲間の中でも最大種カピバラの打たせ湯です。
お湯の出る音を聞くと、カピバラたちが自ら小屋から出て、風呂桶まで歩いていき気持ちよさそうにお湯に浸かっていました。
そのほっこりとした姿に、寒さも忘れずっと見入ってしまいました。

そして、夜には、冬の風物詩イルミネーションの時間です。

街などで目にするスケールと違う、数多の光が世界はとても感動的で、当日は霧の中に輝く何ともはかなげで幻想的なイルミネーションを見ることができました。

ほっこりした「カピバラの打たせ湯」

イルミネーション(マザー牧場)

続いてご紹介するのは、「東京ドイツ村」です。
ドイツと言えば、ソーセージとドイツビールです。
撮影では、レポーターの瀬戸山さんがソーセージを食レポでご紹介しました。
撮影した時間は、実はお昼までだいぶ時間があったのですが、おいしそうなソーセージを見た途端、おなかが空いてきて、食レポ中の瀬戸山さんを羨望の眼差しで見とれてしまいました。
味わうことができなかったソーセージは、次回ドイツ村を訪れた際に、必ず食べようと心に固く誓いました。

ドイツ村の夜もイルミネーションの時間です。
今年のテーマは「ゲームの世界」。
昔懐かしいドット絵のゲーム画面をほうふつとさせる光景が広がっており、筆者は某RPGゲーム(仲間を引き連れて、モンスターや魔王を倒す、あのゲームです。)を子供のときに夢中になってやったことを思い出しました。
多くの方が懐かしさを覚えるドイツ村のイルミネーションも必見です。

ここまで、マザー牧場と東京ドイツ村をご紹介しましたが、イルミネーションは来年の春まで開催していますので、ぜひ皆さんも現地で迫力ある光の世界をお楽しみください。

 

食レポのソーセージとドイツビール

イルミネーション(東京ドイツ村)

さて、今回の「教えて!チーバくん」は、「千葉県トイレクリーン『C+1(シー プラス ワン)』セミナー」をご紹介しました。
「C+1」は、清潔なトイレ維持管理を表す「クリーン(Clean)」に加えて、プラスワンとなるおもてなしの心づかいを行うことを表しています。
東京オリンピック・パラリンピックの年を迎える来年には、国内外からたくさんの方々が県を訪れます。
そして、トイレは、人種に関わらず誰もが利用する場所です。
トイレを気持ちよく使っていただき、少しでも"千葉に来てよかった"、"千葉っていいところだ"と思っていただけるようにように取り組んでいます。


それではおしまいに、「ウィークリー千葉県~ちばの旬な話題をお届け~」の12月の特集をお知らせします。

12月14日(土曜日)は、「ちばの名産品探訪~香取編~」。
今回、県内の名産品を探すのは、香取。
一体、どんな食べ物が紹介されるのでしょうか。

12月21日(土曜日)は、「養老渓谷温泉旅」。
県内の温泉地として名高い養老渓谷。
温泉だけではなく、滝巡りやハイキング、グルメなどもご紹介します。

12月28日(土曜日)は、「県政10大ニュース」。
今年1年間に県政が関わった10のできごとをご紹介します。

ぜひご覧ください!(N)

(6)インターネット放送局からのお知らせ

インターネット放送局では、県の1週間の主な出来事、県内の観光情報や重要施策についてリポートし、動画でわかりやすく紹介している「ウィークリー千葉県~ちばの旬な話題をお届け~」のほか、県広報特別番組の再配信や地域・県政の紹介をしています。

インターネット放送局

現在配信している最新の「ウィークリー千葉県~ちばの旬な話題をお届け~」

「ウィークリー千葉県~ちばの旬な話題をお届け~」は、毎週土曜日午後10時からチバテレで放送中です。
ぜひ、ご覧ください。

現在配信している最新の「千葉の贈り物~まごころ配達人~」

12月8日フジテレビ放送分

おもてなしラボ(佐倉市)

12月1日フジテレビ放送分

体験型自然共生農場(木更津市)

人々のまごころを通して、千葉の魅力を皆さまにお届けする「千葉の贈り物~まごころ配達人~」は、毎週日曜日午前8時25分からフジテレビ(関東ローカル)で放送中です。
ぜひ、ご覧ください。

(7)編集後記

このたびの台風15号および19号ならびに10月25日の大雨により被害に遭われた皆さまに、改めて心からお見舞い申し上げます。

今年も、千葉県庁の本庁舎ロビーには、ちばテク東金校ディスプレイ科の訓練生が製作した「クリスマスツリー」を展示しています。

今年のデザインは、まっすぐに伸びるラインを活かした、ゴールドが基調の煌びやかなツリーです。
今年は、台風や大雨の被害に見舞われた年でもありました。そのような中でも、皆で乗り越え、まっすぐ復興に向かって更に伸びていくイメージを表現しているそうです。

ぜひ、千葉へお出かけの際は、県庁ロビーの「クリスマスツリー」をご観賞ください。

チーバくんとクリスマスツリー

次回の配信は12月25日(水曜日)です。

お問い合わせは:

「こんな情報がほしい」「こんな内容にしてもらいたい」など、なのはな情報マガジンへのご意見・ご感想をお待ちしています。
ページ末の「お問い合わせフォーム」からお気軽にどうぞ

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:総合企画部報道広報課放送・インターネット班

電話番号:043-223-2245

ファックス番号:043-227-0146

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?