サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:令和元(2019)年11月12日

なのはな情報マガジン第445号(令和元年9月11日発行)

菜の花の写真

令和元年度バックナンバー

※「なのはな情報マガジン」に登録していただいている方は、メールマガジンに記載しているURLアドレスをクリックすることで、メールマガジン配信と同時にこのページをご覧いただけます。

「なのはな情報マガジン」とはなのはな

「なのはな情報マガジン」の登録

県政トピックス
最近の新しい政策やニュースなどのうち、主要なものをお届けします。

情報スクエア
県が発表している各種公募・お知らせ情報の中からお届けします。

カルチャー情報
県施設のイベントや講座、コンサートなどの情報を紹介します。

観光イベント情報
県内の観光情報や話題のイベントを紹介します。

インターネット放送局からのお知らせ
最新番組(動画)を紹介します。

県政トピックス

  • 「県民の暮らしを豊かにする千葉県ICT利活用戦略」の策定について
    /人口減少・少子高齢化などに対応し、持続的な発展を実現するためには、飛躍的に発展しているICT(情報通信技術)の効果的な利活用が不可欠です。
    そこで、県や市町村、企業、研究機関などのさまざまな主体がそれぞれの強みを生かし利活用に取り組むことを目指す「県民の暮らしを豊かにする千葉県ICT利活用戦略」を新たに策定しました。
    今後、本戦略に基づき、波及効果の高いプロジェクトの推進や、さまざまな主体による取組の創出などにより、「オール千葉」でICT利活用の推進を図ります。

このほかの県政ニュース・最近の知事の動きについては下記のリンクからご覧いただけます。

情報スクエア

  • ナシ新品種の愛称を募集します!
    (募集期間:12月15日まで)
    /千葉県は、日本ナシの栽培面積、収穫量、産出額が全国1位である名実ともに日本一の産地です。
    このたび、果実が大きく、柔らかでなめらかな果肉が特徴のナシ新品種「千葉K3号」を開発しました。
    そこで、令和3年秋の本格デビューに向けて愛称を県内外から募集しています。
    愛称をご応募いただいた方の中から抽選で合計110名に、食のちばの逸品詰め合わせセットなどをプレゼントします。
  • 令和元年度千葉・県民芸術祭「中央行事」を開催します
    (開催日:9月29日)
    /県では、芸術文化団体と共同し、県民の皆さんの文化活動の発表の場と優れた文化芸術の鑑賞機会を提供するため県内各地で「千葉・県民芸術祭」を開催中です。
    この千葉・県民芸術祭の総合イベントとして「中央行事」を9月29日(日曜日)に開催します。
    多彩な楽曲が楽しめるマンドリンや筝曲、能楽など幅広い世代の方が楽しめるプログラムが満載してお届けします。
    ぜひ、この機会に「ちば文化」の魅力をお楽しみください。
  • 「あなたのラブちば教えてキャンペーンSeason8」に期間限定企画「ちば文化資産特別賞」が登場!
    (キャンペーン期間:10月16日まで)
    /現在、「ちば文化資産」に多くの方が親しんでいただけるよう「あなたのラブちば教えてキャンペーン」で期間限定フォトキャンペーンを開催中です。
    応募いただいた方から抽選で計16名様にチーバくんクッション(ちば文化資産バージョン)をプレゼントします。
    ぜひ、皆さんのちばの文化的魅力を感じる場所・モノを撮影してキャンペーンへご応募ください。
  • 「ちば文化資産」紹介リーフレットを作成しました!
    画像:ちば文化資産のロゴマーク
    /東京2020大会の開催という機会を活かし、県民の皆さまにちばの文化的魅力を再認識していただくため、県では、ちば文化の魅力を特徴づけるモノやコトを「ちば文化資産」として平成30(2018)年に選定しました。
    さらに、「ちば文化資産」をより多くの方に知っていただくため、「ちば文化資産」をエリアや分野ごとに紹介したリーフレット「ちば文化資産GUIDE」を作成しました。ぜひ、ご覧ください。

このほかの募集情報については下記のリンクからご覧いただけます。

カルチャー情報

美術館・博物館情報

オータム・フェア in 科学館2019
/県立現代産業科学館(市川市)

秋の連休は科学館で、親子で楽しみながら科学を体験してみませんか。
風の力を利用して移動する飛ぶ種の模型「飛ぶたね」を作って飛ばしたり、折り紙で作った箱をのぞくと内側の絵が浮き出て見える3Dボックス作りなど楽しく学べるイベントを開催します。

イベント
  • チーバくんの折り紙
    日時:9月15日(日曜日)
    <1>午前10時30分~
    <2>午後1時30分~
  • 飛ぶたねをつくろう
    日時:9月16日(月曜日・祝日)
    <1>午前10時30分~
    <2>午後1時30分~
  • 折り紙3Dボックスをつくろう
    日時:9月21日(土曜日)
    <1>午前11時~
    <2>午後1時~
    <3>午後2時30分~
休館日

9月17日(火曜日)

開館時間

午前9時~午後4時30分(入館は午後4時まで)

会場

県立現代産業科学館/市川市鬼高1-1-3

入場料

一般:300円/高校・大学生:150円/中学生以下・65歳以上:無料

その他

小学校3年生以下は、保護者同伴でご参加ください。

問い合わせ先

県立現代産業科学館
電話:047-379-2005

コンサート・会館情報

タイムファイブ
青葉の森公園芸術文化ホール外部サイトへのリンク(千葉市)

スイングジャーナル誌人気投票コーラス部門21年連続1位の実力!
第一線で活躍し続けるトップジャズコーラスグループによるコンサートです。
ジャズ・コーラス界を代表するグループの高度なテクニックとハーモニーをぜひ会場でお楽しみください。

日時

9月23日(月曜日・祝日)
午後3時開演(午後2時30分開場)

会場

青葉の森公園芸術文化ホール ホール

入場料

(全席指定)S席:4,000円/A席:3,500円

問い合わせ先

青葉の森公園芸術文化ホール
電話:043-266-3511

里見八犬伝
/千葉県南総文化ホール(館山市)

滝沢馬琴が約200年前に書いた長編小説「南総里見八犬伝」をもとに、新たに創作されたスペクタクル時代劇「里見八犬伝」をキャストを一新し、令和版としてさらにパワーアップしました。
"仁・義・礼・智・忠・信・孝・悌"の文字が記された不思議な八つの玉を持つ八犬士が、この世の滅亡をたくらむ悪霊集団に勇猛果敢に立ち向かう冒険活劇。
南総里見八犬伝の舞台である館山での上演を、ぜひ会場でお楽しみください。

日時

10月14日(月曜日・祝日)
午後1時開演(午後0時15分開場)

会場

千葉県南総文化ホール 大ホール

入場料

(全席指定)8,800円
※未就学児の入場はご遠慮ください。

問い合わせ先

千葉県南総文化ホール
電話:0470-22-1811

千葉県舞台芸術企画募集採択作品
山澤洋之パーカッションコンサート2019
タイコガタリ ~ことばのおと・こころのいろ~
/千葉県文化会館(千葉市)

楽器演奏の中で、パーカッションは「リズム」をつかさどります。
そのリズムに「言葉」という要素を加えた新しい試みによる舞台です。
アンサンブル作曲家として国内外で活躍をしている山澤洋之さんが作曲し、演奏・朗読に合わせた照明演出を加え、渾然一体となったステージです。

日時

10月14日(月曜日・祝日)
午後2時開演(午後1時30分開場)

会場

千葉県文化会館 小ホール

入場料

(全席自由)一般:3,000円/高校生以下:2,000円

問い合わせ先

千葉県文化会館
電話:043-222-0201

オーケストラ・シリーズ
千葉交響楽団 第106回定期演奏会「響きの妙(みょう)」外部サイトへのリンク

/千葉県文化会館(千葉市)

感性の赴くままに名曲の数々を生み出したモーツァルトと熟考の上に推敲を重ね壮大な作品を生み出したブラームス。二人の作曲家が書いた音の響きの違いをお楽しみください。
また、ソリストに、長年、NHK交響楽団のコンサートマスターとして活躍した堀正文さんを迎え、モーツァルトのヴァイオリン協奏曲第3番の独奏とともに、後半のブラームス交響曲第1番では、コンサートマスターを務めていただきます。

※この演奏会は、10月12日(土曜日)に開催を予定しておりましたが、台風19号による影響のため、令和2年2月7日(金曜日)に延期になりました。

日時

令和2年2月7日(金曜日)
午後7時開演(午後6時15分開場)
※午後6時45分から指揮者山下一史によるプレトークをお楽しみいただけます。

会場

千葉県文化会館 大ホール

入場料

(全席指定)
S席:4,000円
A席:3,000円
B席:2,000円
※既に、お手元にお持ちのチケットは、本演奏会でご利用いただけます。
お手元のチケットは、大切に保管ください。

出演

指揮:山下 一史
ヴァイオリン:堀 正文
管弦楽:千葉交響楽団

曲目

モーツァルト/歌劇「後宮よりの逃走」序曲
モーツァルト/ヴァイオリン協奏曲第3番ト長調K.216
ブラームス/交響曲第1番ハ短調作品68
(コンサートマスター:堀正文)

問い合わせ先

千葉交響楽団事務局
電話:043-222-4231

観光イベント情報

大原はだか祭り外部サイトへのリンク(いすみ市)

写真:汐ふみの様子

大原はだか祭りは、江戸時代に始まったとされる伝統の秋祭りです。
初日の「汐(しお)ふみ」が見どころで、各地区の18基の神輿が大原海岸に集まり、祭衆が神輿を担いで海へ駆け込みます。
胸まで水につかりながら激しくもみ合う姿は勇壮豪快で、毎年多くの見物客を魅了しています。

期間

9月23日(月曜日・祝日)~9月24日(火曜日)

場所

五穀豊穣・大漁祈願(大原漁港荷捌き所)/いすみ市大原11574
汐ふみ(大原海水浴場)
大別れ式(大原小学校)/いすみ市大原8530-3

交通

JR外房線「大原駅」下車

問い合わせ先

いすみ市オリンピック・観光課
電話:0470-62-1243

コスモス
あけぼの山農業公園外部サイトへのリンク(柏市)

写真:あけぼの山農業公園のコスモス

あけぼの山農業公園では、季節ごとにさまざまな花で来場者を迎えています。
秋には、コスモスの花畑が見ごろを迎え、公園のシンボルである風車付近の2.2ヘクタールの広大な花畑に、約100万本のコスモスが咲き誇ります。
秋の花の代表でもあるコスモス(秋桜)を、ぜひご観賞ください。

見ごろ

10月上旬~中旬

場所

あけぼの山農業公園/柏市布施2005-2

交通

<1>JR常磐線「我孫子駅」から阪東バス(あけぼの山公園入口行)「あけぼの山公園入口」下車徒歩約7分
<2>JR常磐線または東武アーバンパークライン「柏駅」から東武バス(三井団地行・布施弁天行)「土谷津入口」下車徒歩約8分

問い合わせ先

あけぼの山農業公園
電話:04-7133-8877

コキアの谷「恋するコキア」
東京ドイツ村外部サイトへのリンク(袖ケ浦市)

写真:東京ドイツ村のコキアの谷

東京ドイツ村では、2万株のコキアの谷が、赤色に染まるコキアの紅葉をお楽しみいただけます。
遊歩道から眺めるコキアは絶景で、青々しいコキアが少しずつ紅葉する様は、まるで恋をして頬が赤く染まるようです。
ぜひ、恋するコキアの観賞に、東京ドイツ村へお越しください。

見ごろ

9月上旬~10月下旬

場所

東京ドイツ村/袖ケ浦市永吉419

料金

大人:800円/小人(4歳~小学生):400円

交通

<1>電車:JR内房線「袖ケ浦駅」から日東交通(のぞみ野・平岡線)「東京ドイツ村」下車
<2>車:館山自動車道「姉崎袖ヶ浦IC」から一般道で約5分
<3>車:圏央道「木更津東IC」から一般道で約10分

問い合わせ先

東京ドイツ村
電話:0438-60-5511


このほかの観光イベント情報については下記のリンクからご覧いただけます。

千葉県公式観光情報サイト -まるごとe! ちば-外部サイトへのリンク

インターネット放送局からのお知らせ

インターネット放送局では、県の1週間の主な出来事、県内の観光情報や重要施策についてリポートし、動画でわかりやすく紹介している「ウィークリー千葉県~ちばの旬な話題をお届け~」のほか、県広報特別番組の再配信や地域・県政の紹介をしています。 

インターネット放送局

現在配信している最新の「ウィークリー千葉県~ちばの旬な話題をお届け~」

9月7日チバテレ放送分

8月31日チバテレ放送分

「ウィークリー千葉県~ちばの旬な話題をお届け~」は、毎週土曜日午後10時からチバテレで放送中です。
ぜひ、ご覧ください。

現在配信している最新の「千葉の贈り物~まごころ配達人~」

9月8日フジテレビ放送分

絶品!いちじく料理(大多喜町)

9月1日フジテレビ放送分

東京ディズニーシーで空の旅(浦安市)

人々のまごころを通して、千葉の魅力を皆さまにお届けする「千葉の贈り物~まごころ配達人~」は、毎週日曜日午前8時25分からフジテレビ(関東ローカル)で放送中です。
ぜひ、ご覧ください。

編集後記

最後までご覧いただきありがとうございます。

このたびの台風15号で被害に遭われた皆さまに、改めて心からお見舞い申し上げます。

本メールマガジンを皆さまへの情報発信の場とし、「千葉県防災ポータルサイト」にて、台風15号に関する被害状況などを提供している旨をお知らせしたく、ご迷惑と思いながらも今号を発行いたしました。

台風による停電や断水により多くの地域の皆さまが、不便な生活を強いられ、心細い思いをしていらっしゃることとお察しいたします。
どうか皆さまも無理をなさらぬよう、くれぐれもご自愛ください。

関連リンク

  • 千葉県防災ポータルサイト外部サイトへのリンク
    /台風15号に関する被害状況や「地震被害想定調査のデータ詳細版」、「ハザードマップ」、「防災まめ知識」などを提供しております。

お問い合わせは:

「こんな情報がほしい」「こんな内容にしてもらいたい」など、なのはな情報マガジンへのご意見・ご感想をお待ちしています。
ページ末の「お問い合わせフォーム」からお気軽にどうぞ

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:総合企画部報道広報課放送・インターネット班

電話番号:043-223-2245

ファックス番号:043-227-0146

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?