サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:令和元(2019)年6月28日

なのはな情報マガジン第440号(令和元年6月26日発行)

菜の花の写真

令和元年度バックナンバー

※「なのはな情報マガジン」に登録していただいている方は、メールマガジンに記載しているURLアドレスをクリックすることで、メールマガジン配信と同時にこのページをご覧いただけます。

「なのはな情報マガジン」とはなのはな

「なのはな情報マガジン」の登録

県政トピックス
最近の新しい政策やニュースなどのうち、主要なものをお届けします。

情報スクエア
県が発表している各種公募・お知らせ情報の中からお届けします。

カルチャー情報
県施設のイベントや講座、コンサートなどの情報を紹介します。

観光イベント情報
県内の観光情報や話題のイベントを紹介します。

インターネット放送局からのお知らせ
最新番組(動画)を紹介します。

県政トピックス

  • 夏の観光キャンペーン「魅力いっぱいギュッと千葉」で千葉の夏を盛り上げます!(期間:7月1日~8月31日)
    /キャンペーンポスターでは、東京2020オリンピックサーフィン競技開催地である一宮町の釣ヶ崎海岸を取り上げ、千葉の海の魅力を県内外へ発信します。また、花火大会や味覚狩りなどの夏の観光情報についてを千葉県公式観光情報サイト「まるごとe! ちば」やパンフレット「ちばnote7・8月号」でご紹介します。

このほかの県政ニュース・最近の知事の動きについては下記のリンクからご覧いただけます。

情報スクエア

  • 令和元年度「人権問題講演会」を開催します(開催日:8月9日/申込期間:~7月11日まで)
    /県では、人権問題に対する正しい理解と認識を深めるため「人権問題講演会」を開催します。
    今年度は、「職場の人権」をテーマに、金子雅臣さんによる講演「ハラスメント最新事情~あなたの理解で大丈夫ですか~」等を行います。
    皆さまのご来場をお待ちしております。
    ※講演会は事前申し込みが必要です。
  • 県民の日地域行事 楽しく集めよう!ご当地キャラ♪スタンプラリー印旛2019
    (スタンプ設置期間:~9月1日まで/応募締切:9月5日必着)
    /県では、県民の日(6月15日)を記念し、地域の特色を生かしたイベントを県内各地で開催しています。
    印旛地域(7市2町)では、県立房総のむら、佐倉ふるさと広場などの施設を巡って集めるスタンプラリーを開催中です。
    計20施設に設置した、ご当地キャラクター及びチーバくんをデザインしたスタンプを集めて応募すると、印旛地域の特産品などを抽選でプレゼントします。
    皆さまのご応募をお待ちしております。
  • 令和元年度千葉・県民芸術祭
    ~文化でつなぐ千葉のちから~(期間:6月29日~令和2年2月20日)
    /県では、芸術団体と共同で「千葉・県民芸術祭」を開催しています。
    今年度も、県民の皆さまの文化活動の発表や優れた文化芸術を鑑賞できる場として県内各地でさまざまな行事を行います。
    また、期間中の9月29日には中央行事として、県内の文化団体が集結したイベントを開催します。
    ぜひ、この機会に千葉県の多様な芸術文化をお楽しみください。
    ※令和元年度千葉・県民芸術祭は、「東京2020公認文化オリンピアード」の認証事業です。
  • 「ちば文化資産」紹介リーフレットを作成しました!
    画像:ちば文化資産のロゴマーク
    /東京2020大会の開催という機会を活かし、県民の皆さまにちばの文化的魅力を再認識していただくため、県では、ちば文化の魅力を特徴づけるモノやコトを「ちば文化資産」として平成30(2018)年に選定しました。
     県では「ちば文化資産」をより多くの方に知っていただくため、このたび紹介リーフレットを作成しました。ぜひ、ご覧ください。

このほかの募集情報については下記のリンクからご覧いただけます。

カルチャー情報

美術館・博物館情報

企画展「身近な道具のものがたり -明治から平成-」
/県立中央博物館大利根分館(香取市)

身近な道具や機械の変遷から急速な変化を遂げた明治から平成に至る4つの時代の150年について考えます。

期間

5月25日(土曜日)~6月23日(日曜日)

開館時間

午前9時~午後4時30分

会場

県立中央博物館大利根分館/香取市佐原ハ4500

入場料

一般:300円/高校・大学生:150円/中学生以下・65歳以上:無料
※県民の日(6月15日)は、入場無料でご入館いただけます。

問い合わせ先

県立中央博物館大利根分館
電話:0478-56-0101

コンサート・会館情報

千葉県警察音楽隊による安全・安心コンサート
青葉の森公園芸術文化ホール外部サイトへのリンク(千葉市)

千葉県警察音楽隊による防犯や交通安全に関する話を織り交ぜたコンサート。
愛のあいさつ、オリンピックテーマ曲メドレー、ドラえもんメドレーなど子ども向けから大人向けのプログラムでご家族でお楽しみいただけます。

日時

6月29日(土曜日) 午後1時30分開演(午後1時開場)

会場

青葉の森公園芸術文化ホール ホール

料金

無料
※当日は、入場整理券(1枚について4名様まで)の配布を予定しています。
 入場をご希望の方は早めにご来場ください。
 配布時間:午前9時30分~午後0時30分(予定)
 配布場所:青葉の森公園芸術文化ホール

問い合わせ先

青葉の森公園芸術文化ホール
電話:043-266-3511

立体怪談
~人間国宝・一龍斎貞水(いちりゅうさい ていすい)が誘う恐怖の世界~
/千葉県文化会館(千葉市)

人間国宝の一龍斎貞水による至高の話芸で、皆さまを恐怖の世界へ誘います。
夏のひとときに、体の芯から涼む怪談をお楽しみください。

日時

7月10日(水曜日) 午後2時開演

会場

千葉県文化会館 小ホール

出演

一龍斎貞水、一龍斎貞橘(ていきつ)

入場料

(全席指定)3,000円
※未就学児の入場はご遠慮ください。

問い合わせ先

千葉県文化会館
電話:043-222-0201

千葉県南総文化ホール 夏休み企画
探検!バックステージツアー/千葉県南総文化ホール(館山市)

今年も夏休み企画「バックステージツアー」を実施します。
舞台スタッフが、音響室、照明室など普段立ち入ることのできない施設内部をご案内します。
また、本ツアーでは、設備の簡単な操作も体験いただけます。
ぜひ、夏休みの思い出に、ご家族でご参加ください。

日時

7月20日(土曜日) 午前10時~正午

会場

千葉県南総文化ホール 大ホール・小ホール

参加費

無料
※事前申込が必要です。
 電話または窓口にて直接お申し込みください。

対象

小学生・中学生 15~20名程度
※小学生は、保護者の方と一緒にご参加ください。

問い合わせ先

千葉県南総文化ホール
電話:0470-22-1811

千葉・県民音楽祭「未来に届け!ふるさとちばのハーモニー」
~世界を巡る音楽の旅 vol.2~
/千葉県文化会館(千葉市)

東京2020オリンピック・パラリンピックは、スポーツの祭典であると同時に「文化」の祭典でもあります。県では、県民の皆さまが文化の担い手として参加・交流できる「千葉・県民音楽祭」を開催します。
指揮に、本県唯一のプロオーケストラ「千葉交響楽団」の山下一史さんを迎え、一般公募で選ばれた楽器演奏者・県内障害者団体・県内合唱団体や県内で活躍するダンス団体が「千葉交響楽団」と共演します。
さらにスペシャルゲストとして、視覚障害を負いながらも国内外で活躍するヴァイオリニスト川畠成道さんをお招きし、美しい演奏をお届けします。
また、当日は会場で、オーケストラ楽器、和楽器(小鼓)の演奏体験やボッチャ体験、競技用車いす乗車体験などの体験ブースもお楽しみいただけます。
ぜひ、皆さまのお越しをお待ちしています。
※令和元年度千葉・県民音楽祭は、「東京2020公認文化オリンピアード」の認証事業です。

日時

8月25日(日曜日)午後2時開演(午後1時開場)

会場

千葉県文化会館 大ホール

入場料

無料
※事前申込が必要です。
 また、申し込み多数の場合は、抽選となります。
 応募方法:「往復はがき」または「申込フォーム」
 応募期間:7月31日(水曜日)まで
※未就学児の入場はご遠慮ください。
 なお、託児サービス(有料)の用意がございます。
 託児サービスを利用される場合は、事前にお問い合わせください。

問い合わせ先

公益財団法人 千葉県文化振興財団
電話:043-222-0077

青島広志+千葉交響楽団
ファミリーコンサート「オーケストラで世界旅行」
/習志野文化ホール(習志野市)

音楽とユーモア溢れるトークでテレビでもおなじみの指揮者・青島広志さんとテノール歌手・小野 勉さんの歌を交えた演奏会です。
夏休みのひととき、皆さまを音楽で世界旅行にお招きします。

日時

8月29日(木曜日)
午後2時開演(午後1時15分開場)

会場

習志野文化ホール

入場料

(全席指定)
大人:1,500円/子ども(4歳~高校生):700円/親子ペア券:2,000円
※1歳以上4歳未満のお子さまを対象とした保育サービス(有料)をご用意しています。
 利用を希望される場合は、事前に申し込みください。

出演

指揮とお話:青島 広志
テノール:小野 勉
管弦楽:千葉交響楽団

曲目

日本/久石 譲(青島広志編曲):「となりのトトロ」より"さんぽ"
オーストリア/J.シュトラウスII:ポルカ・シュネル「雷鳴と電光」
フランス(スペイン)/ビゼー:歌劇「カルメン」より"前奏曲"
ハンガリー(ドイツ)/ブラームス:ハンガリー舞曲第5番
イタリア/カプア:オー・ソレ・ミオ ほか

問い合わせ先

公益財団法人 千葉交響楽団事務局
電話:043-222-4231

観光イベント情報

佐原の大祭 夏祭り(香取市)

写真:佐原の大祭の山車

夏と秋に開催される佐原の大祭は、関東三大山車祭りの一つと称され、約300年の伝統を有し、国の重要無形民俗文化財に指定されているだけではなく、平成28(2016)年には、ユネスコ世界無形文化遺産にも登録されました。
7月に行われる八坂神社の祇園祭では、「佐原囃子」の音色に合わせ総勢10台の山車が勇壮に曳き廻されます。
佐原の重要伝統的建造物群保存地区の家々の軒先をかすめながら曳き廻される山車の姿は圧巻です。
また、山車は、江戸・明治期の人形師によって制作された日本最大級の大きさを誇る大人形と関東彫りの豪華な彫刻が飾り付けられ、文化財としても大変貴重です。
祭りのハイライトは「のの字廻し」などの山車の曲(きょく)曳(び)きで、若衆の技とパワーが全開になり、会場全体が熱気に包まれます。

期間

7月12日(金曜日)~7月14日(日曜日)
午前10時~午後10時

場所

本宿地区(八坂神社周辺)/香取市佐原

交通

電車:JR成田線「佐原駅」から徒歩10分
   ※期間中の13日、14日は、JR臨時列車「特急佐原夏祭り」が運行されます。

車:<1>東関東自動車道「佐原香取IC」から一般道で約10分
  <2>東関東自動車道「大栄IC」から一般道で約20分
※祭り期間中は、利根川河川敷に臨時駐車場(無料/1,000台)をご用意しております。
※また、臨時駐車場から祭り会場付近までのシャトルバス(有料)を運行するほか、シャトル舟を運航します。

問い合わせ先

香取市商工観光課
電話:0478-54-1111

一般社団法人 水郷佐原観光協会
電話:0478-52-6675

サマーフェスタ in 矢指ケ浦(やさしがうら)(旭市)

写真:砂浜イベント(スイカ割り)

大きなスイカがもらえる「スイカ輪投げ」や「宝さがし」など大人から子どもまで楽しめるイベントが盛りだくさん!
砂まみれになってみんなで一緒に盛り上がろう♪

日時

7月20日(土曜日) 午前10時~

場所

矢指ケ浦海水浴場/旭市椎名内3260

交通

電車:JR総武本線「旭駅」から旭市コミュニティバス(旭地区ルート)
   「椎名内(しいなうち)仲町」下車徒歩約3分

車:銚子連絡道「横芝光IC」から一般道で約30分

問い合わせ先

旭市商工観光課
電話:0479-62-5338

やちまた駅北口市(八街市)

写真:ご当地キャラクターとのふれあい

市内の生産団体が参加し、新鮮野菜からラーメン、かばんまで多彩な産品を直売価格で販売します。
また、当日はさまざまなステージイベントを開催し、ご当地キャラクターのピーちゃんナッちゃん、ぼっちくんも登場します♪
ぜひ、ご家族やご友人と会場へお越しください。

日時

7月14日(日曜日) 午前9時~午後3時
※雨天の場合は中止します。

場所

八街駅北口ロータリー隣

交通

JR総武本線「八街駅」下車

問い合わせ先

やちまた未来事務局
電話:043-443-4359

東京湾納涼船「サンセットクルーズ」/東京湾フェリー(富津市)

写真:夕日を眺めながらのクルージング

富津市金谷(かなや)から神奈川県横須賀市久里浜(くりはま)までを結ぶ東京湾フェリーで、サンセットクルーズを楽しんでみませんか!
金谷港を出港する定期航路を1往復する約2時間のクルージングです。
ぜひ、今年の夏の思い出に、東京湾を行きかう船や沈む夕日を眺めながらロマンチックな夏のひとときをお過ごしください。

期間

7月20日(土曜日)~8月31日(土曜日)
午後5時20分出港/金谷港

料金

大人:2,500円/小学生~20歳未満:1,500円
※料金には、ドリンク飲み放題および乗船料を含みます。

場所

東京湾フェリー 金谷フェリーターミナル/富津市金谷4303

交通

JR内房線「浜金谷駅」から徒歩約8分

問い合わせ先

東京湾フェリー 金谷フェリーターミナル
電話:0439-69-2111


このほかの観光イベント情報については下記のリンクからご覧いただけます。

千葉県公式観光情報サイト -まるごとe! ちば-外部サイトへのリンク

千葉県にオリンピック・パラリンピックがやってくる!

画像:エンブレム(パラリンピック)

東京2020オリンピック・パラリンピックの千葉県開催競技等の情報をご紹介します。

初めての今号では、パラリンピック競技「シッティングバレーボール」をご紹介します。

世界のトッププレーヤーたちのスピード感と白熱したプレーを、ぜひ、会場の幕張メッセでお楽しみください。

~第1回 教えて!シッティングバレーボール~

シッティングバレーボールは、お尻が床に着いた状態で、座った姿勢でプレーする6人制のバレーボールです。
障害のある人とない人が一緒にチームを組んで楽しむことができるスポーツです。
※パラリンピックなどの国際大会に出場できるのは、障害のある選手に限られます。

競技の始まり

シッティングバレーボールは、1956年に戦争によって体が不自由になってしまった人々のリハビリとして、オランダで考案されたスポーツです。

一般に関心を集めるようになったのは、1957年にオランダで初の大会が開催されたことが影響しています。この大会を開催するために、コートの広さ、ネットの高さなどのルールが決定されました。

1980年にはアーネムパラリンピック大会(開催都市:オランダ アーネム)で正式競技となりました。また、1983年には世界選手権が開催され、シッティングバレーボールの人気は世界に広がっています。

競技のルール

ボールは一般のバレーボール球と同じですが、コートの大きさは一般のバレーボールコートよりも狭く、座った姿勢でのプレーのためネットの高さも低く設定されています。

サーブ、ブロック、スパイクなどでお尻が床から離れると反則になりますが、レシーブの時のみ、一瞬、床からお尻を離すことがルールとして認められています。

サーブ権に関わらずポイントが入るラリーポイント制で、5セットマッチで行われ、先に3セット取得したチームが勝ちとなります。
1から4セット目までは、25点を先取したチームがそのセットを取得しますが、最後の5セット目のみ15点先取したチームがセットを取得できます。
(※デュースの場合は、2点差がついた時点で勝敗が決定します。)

また、一般のバレーボールでは、相手チームのサーブをブロックすることは禁止されていますが、シッティングバレーボールではサーブをブロックすることが認められています。

競技の魅力と見どころ

  • コートが小さく、選手同士の距離が近いため、スピーディでパワフルなラリーが見られます。
  • また、相手のブロックを翻弄する巧みな頭脳プレーが多用され、白熱したバトルが展開されます。
  • チーム全員でボールを拾い、全員でボールをつなぎ、全員で攻撃する選手たちの姿は必見です。

競技の開催情報

会場

幕張メッセ(千葉市)

期間 

令和2(2020)年8月28日(金曜日)~9月6日(日曜日)

 

画像:ミライトワ(シッティングバレー)

(c)Tokyo2020

インターネット放送局からのお知らせ

インターネット放送局では、県の1週間の主な出来事、県内の観光情報や重要施策についてリポートし、動画でわかりやすく紹介している「ウィークリー千葉県~ちばの旬な話題をお届け~」のほか、県広報特別番組の再配信や地域・県政の紹介をしています。

インターネット放送局

現在配信している最新の「ウィークリー千葉県~ちばの旬な話題をお届け~」

6月22日チバテレ放送分

(特集)ナガエツルノゲイトウ協働駆除作戦

6月15日チバテレ放送分

(特集)千葉県消防学校

「ウィークリー千葉県~ちばの旬な話題をお届け~」は、毎週土曜日午後10時からチバテレで放送中です。
ぜひ、ご覧ください。

現在配信している最新の「千葉の贈り物~まごころ配達人~」

6月23日フジテレビ放送分

森林で冒険!ターザニア(長柄町)

6月15日フジテレビ放送分

軽い!豚革の柏レザ―(柏市)

人々のまごころを通して、千葉の魅力を皆さまにお届けする「千葉の贈り物~まごころ配達人~」は、毎週日曜日午前8時25分からフジテレビ(関東ローカル)で放送中です。
ぜひ、ご覧ください。

編集後記

最後までご覧いただきありがとうございます。

もうすぐ七夕ですね。
七夕といえば、子どもの頃に笹の葉に願い事を書いた短冊を吊るして、
七夕飾りを飾りつけたことを思い出します。

そんな色とりどりの華やかな七夕飾りが見どころの
「茂原七夕まつり」に遊びに行って見ませんか!

関東三大七夕まつりの一つである「茂原七夕まつり」が、
今年も7月26日から7月28日まで開催されます。
「茂原阿波おどり」や「YOSAKOI夏の陣」などの活気あふれるイベントや
夜には豊田川(愛称:天の川)に約2000本のキャンドルを灯す
「天の川キャンドルナイト」など、昼から夜まで楽しむことができます。

ぜひ、夏の思い出に、千葉の夏祭りをお楽しみください!

次回の配信は7月10日(水曜日)です。どうぞお楽しみに。

お問い合わせは:

「こんな情報がほしい」「こんな内容にしてもらいたい」など、なのはな情報マガジンへのご意見・ご感想をお待ちしています。
ページ末の「お問い合わせフォーム」からお気軽にどうぞ

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:総合企画部報道広報課放送・インターネット班

電話番号:043-223-2245

ファックス番号:043-227-0146

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?