サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:令和元(2019)年6月14日

なのはな情報マガジン第439号(令和元年6月12日発行)

菜の花の写真

令和元年度バックナンバー

※「なのはな情報マガジン」に登録していただいている方は、メールマガジンに記載しているURLアドレスをクリックすることで、メールマガジン配信と同時にこのページをご覧いただけます。

「なのはな情報マガジン」とはなのはな

「なのはな情報マガジン」の登録

県政トピックス
最近の新しい政策やニュースなどのうち、主要なものをお届けします。

情報スクエア
県が発表している各種公募・お知らせ情報の中からお届けします。

カルチャー情報
県施設のイベントや講座、コンサートなどの情報を紹介します。

観光イベント情報
県内の観光情報や話題のイベントを紹介します。

インターネット放送局こぼれ話
動画配信「千葉県インターネット放送局」とともにお楽しみください。

インターネット放送局からのお知らせ
最新番組(動画)を紹介します。

県政トピックス

  • 令和2年度国の施策に対する重点提案・要望について
    /令和2年度の国の施策立案及び予算編成に向けて、本県の県政運営上、国との連携が特に重要な事項について、「国の施策に対する重点提案・要望」として取りまとめ、実効性のある形で反映されるよう、国等に働きかけを行います。

このほかの県政ニュース・最近の知事の動きについては下記のリンクからご覧いただけます。

情報スクエア

  • 6月15日は千葉県民の日!県立博物館・美術館は入場無料です
    /県民の日は、県立博物館・美術館で遊び、学んで、ちば文化にふれてみませんか。
    県立中央博物館や県立現代産業科学館では、県民の日に合わせ子ども向けの特別イベントを開催します。また、現在、中央博物館大利根分館では「企画展」、関宿城博物館では「パネル展」をそれぞれ開催中です。ぜひ、"お得"なこの機会に県立博物館・美術館にご来館ください。
  • 「県民の日ちばワクワクフェスタ2019」を開催します(6月16日)
    /今年は、"千葉の“魅力”まるごと体験!"をテーマに、県立学校の生徒たちによるダンスや書道パフォーマンス、ちば文化資産に選定された「茂原七夕まつり」の七夕飾りの大型展示やもばら阿波おどりの実演、オリンピック・パラリンピック競技体験、豪華ゲストによるステージイベントなど、見どころ盛りだくさんで皆さまをお待ちしております。ぜひ、会場へご来場ください。
  • 「ちば文化資産」紹介リーフレットを作成しました!
    画像:ちば文化資産のロゴマーク
    /東京2020大会の開催という機会を活かし、県民の皆さまにちばの文化的魅力を再認識していただくため、県では、ちば文化の魅力を特徴づけるモノやコトを「ちば文化資産」として平成30(2018)年に選定しました。
     県では「ちば文化資産」をより多くの方に知っていただくため、このたび紹介リーフレットを作成しました。ぜひ、ご覧ください。

このほかの募集情報については下記のリンクからご覧いただけます。

カルチャー情報

美術館・博物館情報

令和元年度トピックス展
人間国宝・秋山逸生(いっせい)の技 至上の木象嵌(もくぞうがん)
/県立中央博物館(千葉市)

1970(昭和45)年に「芝山象嵌」で千葉県の無形文化財保持者に、1987(昭和62)年に「木象嵌」で重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定された木工芸家・秋山逸生の作品と優れた技術をご紹介します。

期間

開催中~6月30日(日曜日)

開館時間

午前9時~午後4時30分(入館は午後4時まで)

休館日

月曜日

会場

県立中央博物館/千葉市中央区青葉町955-2

入場料

大人:300円/高校・大学生:150円/中学生以下・65歳以上:無料
※県民の日(6月15日)は、入場無料でご入館いただけます。

問い合わせ先

県立中央博物館
電話:043-265-3111

コンサート・会館情報

南総工房めぐり「房州うちわ作り体験教室」
/千葉県南総文化ホール(館山市)

日本三大うちわの一つである「房州うちわ」を作ってみませんか。
地域の貴重な伝統工芸品作りを一緒に楽しみましょう。

日時

6月15日(土曜日)
午前10時30分~午前11時30分

会場

千葉県南総文化ホール 大会議室

対象

小学生4年生以上で20名程度
※事前申し込みが必要です。
 電話または窓口にて直接予約ください。(先着順)

参加費

500円
※のりを剥がすため、ハンカチ、布巾などをご用意ください。

問い合わせ先

千葉県南総文化ホール
電話:0470-22-1811

プレミアム・クラシック・シリーズvol.34
森麻季&福井敬デュオリサイタル
/千葉県文化会館(千葉市)

日本を代表するソプラノ歌手の森麻季さんとテノール歌手の福井敬さんの二人による美しい歌声で、名曲の数々をお届します。

日時

6月16日(日曜日)
午後2時開演

会場

千葉県文化会館 大ホール

入場料

(全席指定)5,000円/学生:4,000円
※未就学児の入場はご遠慮ください。

曲目

マスカーニ:アヴェ・マリア
ディ・カプア:オー・ソレ・ミオ
プッチーニ:歌劇「トゥーランドット」より"誰も寝てはならぬ"
ヴェルディ:歌劇「椿姫」より"乾杯の歌" ほか

問い合わせ先

千葉県文化会館
電話:043-222-0201

令和元年度県民芸術劇場公演
千葉交響楽団メンバーによる木管五重奏コンサート
青葉の森公園芸術文化ホール外部サイトへのリンク(千葉市)

本県唯一のプロオーケストラ「千葉交響楽団」のメンバーによる濃厚な木管五重奏の調べをお楽しみください。

日時

6月23日(日曜日)
午後1時開演(午後0時30分開場)

会場

青葉の森公園芸術文化ホール ホール

入場料

(全席自由)
一般 前売:1,200円/当日:1,500円
18歳以下 前売:500円/当日:800円

曲目

ゴリウォークのケークウォーク、クシコス・ポスト、千葉ゆかりの童謡メドレー、日本の名曲メドレー ほか

問い合わせ先

青葉の森公園芸術文化ホール
電話:043-266-3511

千葉・県民音楽祭「未来に届け!ふるさとちばのハーモニー」
~世界を巡る音楽の旅 vol.2~
/千葉県文化会館(千葉市)

東京2020オリンピック・パラリンピックは、スポーツの祭典であると同時に「文化」の祭典でもあります。県では、県民の皆さまが文化の担い手として参加・交流できる「千葉・県民音楽祭」を開催します。
指揮に、本県唯一のプロオーケストラ「千葉交響楽団」の山下一史さんを迎え、一般公募で選ばれた楽器演奏者・県内障害者団体・県内合唱団体や県内で活躍するダンス団体が「千葉交響楽団」と共演します。
さらにスペシャルゲストとして、視覚障害を負いながらも国内外で活躍するヴァイオリニスト川畠成道さんをお招きし、美しい演奏をお届けします。
また、当日は会場で、オーケストラ楽器、和楽器(小鼓)の演奏体験やボッチャ体験、競技用車いす乗車体験などの体験ブースもお楽しみいただけます。
ぜひ、皆さまのお越しをお待ちしています。
※令和元年度千葉・県民音楽祭は、「東京2020公認文化オリンピアード」の認証事業です。

日時

8月25日(日曜日)午後2時開演(午後1時開場)

会場

千葉県文化会館 大ホール

入場料

無料
※事前申込が必要です。
 また、申し込み多数の場合は、抽選となります。
 応募方法:「往復はがき」または「申込フォーム」
 応募期間:7月31日(水曜日)まで
※未就学児の入場はご遠慮ください。
 なお、託児サービス(有料)の用意がございます。
 託児サービスを利用される場合は、事前にお問い合わせください。

問い合わせ先

公益財団法人 千葉県文化振興財団
電話:043-222-0077

青島広志+千葉交響楽団
ファミリーコンサート「オーケストラで世界旅行」
/習志野文化ホール(習志野市)

音楽とユーモア溢れるトークでテレビでもおなじみの指揮者・青島広志さんとテノール歌手・小野 勉さんの歌を交えた演奏会です。
夏休みのひととき、皆さまを音楽で世界旅行にお招きします。

日時

8月29日(木曜日)
午後2時開演(午後1時15分開場)

会場

習志野文化ホール

入場料

(全席指定)
大人:1,500円/子ども(4歳~高校生):700円/親子ペア券:2,000円
※1歳以上4歳未満のお子さまを対象とした保育サービス(有料)をご用意しています。
 利用を希望される場合は、事前に申し込みください。

出演

指揮とお話:青島 広志
テノール:小野 勉
管弦楽:千葉交響楽団

曲目

日本/久石 譲(青島広志編曲):「となりのトトロ」より"さんぽ"
オーストリア/J.シュトラウスII:ポルカ・シュネル「雷鳴と電光」
フランス(スペイン)/ビゼー:歌劇「カルメン」より"前奏曲"
ハンガリー(ドイツ/ブラームス:ハンガリー舞曲第5番
イタリア/カプア:オー・ソレ・ミオ ほか

問い合わせ先

公益財団法人 千葉交響楽団事務局
電話:043-222-4231

観光イベント情報

富里市すいかまつり外部サイトへのリンク(富里市)

写真:カットしたスイカ(富里すいか)

富里市は、全国でも有数のスイカの名産地です。
当日は、名産の「富里スイカ」や地元で採れた新鮮野菜の販売やスイカにちなんだイベント「スイカきれいに早食い競争」も開催します。
また、毎年人気の「すいか共進会」に出品されたスイカを販売しますので、ぜひ会場で「富里スイカ」の魅力をご堪能ください。

日時

6月16日(日曜日)
午前9時~午後2時30分

場所

富里市役所敷地内/富里市七栄652-1

交通

京成線「成田駅」から千葉交通バス(久能・両国線)「富里中学校」又は「富里農協・富里市役所」下車

問い合わせ先

富里市農政課
電話:0476-93-4943

宗吾霊堂(そうごれいどう)紫陽花(あじさい)まつり(成田市)

写真:紫陽花まつりのステージイベントの様子

宗吾霊堂大本堂裏手に広がる境内には、在来アジサイをはじめ、ガクアジサイ、柏葉アジサイなど約7,000株が植えられた広大なあじさい園があります。
毎年、6月~7月の梅雨時期には青紫から赤柴、白色などのアジサイが咲き誇り訪れた人たちの目を楽しませてくれます。
期間中の毎週日曜日(6月16日、23日)には、大本堂で農産物の販売や箏(そう)・尺八や二胡(にこ)の演奏が行われるほか、旧客殿では無料のお茶会も開催され、優雅なひとときを楽しむことができます。

期間

開催中~6月23日(日曜日)
午前10時~午後3時
※期間中の日曜日(6月16日、6月23日)には、各種イベントを開催

場所

宗吾霊堂/成田市宗吾1-558

交通

京成線「宗吾参道駅」から徒歩15分

問い合わせ先

一般社団法人 成田市観光協会
電話:0476-22-2102

富津はかりめフェア(富津市)

写真:はかりめ料理

「はかりめ」は、富津市名産のアナゴの呼び名で、市場や河岸(かし)で使用していた「はかりめ(棒はかり)」にアナゴの形状や模様が似ていたことが由来といわれています。
フェア期間中は、イベント参加店舗において、はかりめ丼、はかりめ寿司、はかりめ天丼、はかりめの天ぷらのほか、珍しい"はかりめの刺身"など、さまざまなはかりめ料理をご堪能いただけます。

期間

開催中~7月31日(水曜日)

場所

富津市内のイベント参加店舗
※店頭の「富津はかりめフェア」のぼりが参加店舗の目印です。

問い合わせ先

富津市商工会
電話:0439-87-7071

飯岡(いいおか)磯ガキ祭り(旭市)

写真:飯岡の浜で採れた磯ガキ

磯ガキ祭りで提供されるカキは、地元の飯岡の浜で6~7年の年月をかけて手のひらの大きさまで成長した貴重な天然磯ガキです。
会場となる2店舗では、昼食で磯ガキのコース料理を味わえるほか、夕食に磯ガキ料理をプラスする宿泊プランもご用意しています。
ぜひ、栄養豊富な旬の磯ガキを「飯岡磯ガキ祭り」でご堪能ください。

期間

開催中~8月中旬

場所

飯岡宿泊組合加盟2店舗

  • <1>民宿 岸壁荘(がんぺきそう)
    /旭市下永井6-1 電話:0479-57-4936
  • <2>カントリーハウス 海辺里(つべり)
    /旭市上永井1217 電話:0479-57-3190

交通

銚子連絡道路「横芝光IC」から一般道経由で約50分

問い合わせ先

飯岡宿泊組合
電話:0479-57-4248


このほかの観光イベント情報については下記のリンクからご覧いただけます。

インターネット放送局こぼれ話

チバテレで放送中の県広報番組「ウィークリー千葉県~ちばの旬な話題をお届け~」
ロケのエピソードや番組の中で紹介できなかったお話、リポーターのコメントなどについてご紹介します。

※放送終了後にインターネット放送局で再配信をおこなっています。
 放送を見逃したという方は、ぜひ、ご覧ください。

~初夏を彩る花々!今の時期にオススメのスポットのご紹介~

6月8日放送の「ウィークリー千葉県~ちばの旬な話題をお届け~」。
特集は、「花めぐり 長南町」。
長南町にある「白井田園」、「長福寿寺」、「野見金(のみがね)公園」を巡り初夏を彩る色鮮やかな花々をご紹介しました。
今回も放送で訪れた施設や体験した感想など放送の裏側をご紹介します。

初めに訪れたのは、「白井田園」です。
こちらは個人宅ですが、ハナショウブをはじめとしたさまざまな花を楽しむことができます。
いろいろな花があるなと、散策していたところ、面白いものを見つけました!

写真:牛のオブジェ

皆さんは写真に写った物が何かお分かりになりましたか?
白井さんのお知り合いの造形作家の方が作った"牛"のオブジェとのことでした。

頭やしっぽは無いですが、体の模様と4本足で"牛"を表現されていて、とてもユニークですよね!
この他にも、いくつかのオブジェが展示されていましたが、どれを見ても面白かったです。
皆さんも白井田園を訪れた際は、オブジェの観賞もぜひお楽しみください。

次に訪れたのが、「長福寿寺」です。
初夏の時期は、ベニバナの花が一面に咲き誇り観光スポットとしても人気があるお寺です。

そして、ベニバナと合わせて有名なのがゾウの石像「吉ゾウくん」です。

写真:ゾウの石像「吉ゾウくん」

吉ゾウくんの像の足元を優しく撫でながら願うと"願いが叶う"、"幸せに導いてくれる"といわれているそうです。
筆者の私も、思わず手を合わせて吉ゾウくんに、"宝くじが当たりますように"と念じてきました!

最後に訪れたのが、「野見金公園」です。
初夏の園内には、青、白、ピンクなど色とりどりのアジサイが楽しめます。
さらに、公園の山頂まで上がっていくと、そこには絶景が広がります!
標高152メートルの高さから眺める景色は、遮るものがなく、広がる木々、遠くに伸びる水平線、雄大な自然を感じることができる絶景でした。晴れている日には、スカイツリーも見えるそうですよ!

写真:アジサイ(野見金公園で撮影)

今年は、例年に比べ花の開花が遅れているとのことで、取材した5月31日はまだ見頃にしては少し早いなと感じましたが、それでも色鮮やかに咲く花々はとても綺麗でした。
皆さんも初夏の長南町を花巡りをお楽しみください♪


それではおしまいに、「ウィークリー千葉県~ちばの旬な話題をお届け~」の6月の特集をお知らせします。

6月15日(土曜日)は、「千葉県消防学校」。
機能を強化し、新たに建て替えられた消防学校。
施設で訓練を行う新人消防士の姿に迫ります。

6月22日(土曜日)は、「特定外来生物対策 ~印旛沼流域の取組~」。
皆さんは、特定外来生物として指定されている「ナガエツルノゲイトウ」という植物をご存知ですか。
環境だけでなく、人々の生活までにも影響を及ぼしかねない「ナガエツルノゲイトウ」の駆除作戦をご紹介します。

6月29日(土曜日)は、「健康づくりのプロフェッショナルを目指して 県立保健医療大学」。
県内の「健康づくりのプロフェッショナル」の育成を目指す保健医療大学。
保健医療分野に関わる優れた専門職を目指す授業の様子に迫ります。

ぜひご覧ください!(N)

インターネット放送局からのお知らせ

インターネット放送局では、県の1週間の主な出来事、県内の観光情報や重要施策についてリポートし、動画でわかりやすく紹介している「ウィークリー千葉県~ちばの旬な話題をお届け~」のほか、県広報特別番組の再配信や地域・県政の紹介をしています。

現在配信している最新の「ウィークリー千葉県~ちばの旬な話題をお届け~」

6月8日チバテレ放送分

6月1日チバテレ放送分

「ウィークリー千葉県~ちばの旬な話題をお届け~」は毎週土曜日午後10時からチバテレで放送中です。
ぜひ、ご覧ください。

現在配信している最新の「千葉の贈り物~まごころ配達人~」

6月9日フジテレビ放送分

名品!鯖燻アヒージョ(南房総市)

6月2日フジテレビ放送分

紅花フェスティバル(長南町)

人々のまごころを通して、千葉の魅力を皆さまにお届けする「千葉の贈り物~まごころ配達人~」は、毎週日曜日午前8時25分からフジテレビ(関東ローカル)で放送中です。
ぜひ、ご覧ください。

編集後記

最後までご覧いただきありがとうございます。

今号も、皆さまのお出かけの参考になりましたでしょうか!?

関東も梅雨入りしましたが、梅雨が明ければ夏休み♪
お子さまがいるご家庭では、夏休みの計画を立てる頃でしょうか!

夏休みといえば…
自由研究で頭を悩ましたという方も多いのではないでしょうか?
かく言う私も、大人になった今でも夏休みの宿題は苦い思い出です…。

そんな夏休みの自由研究にお悩みのご家庭には、
「千葉県夢チャレンジ体験スクール」を活用してみてはいかがでしょうか?

県では、子どもたちが将来の職業に対する夢を育むことを目的として、さまざまな就業体験や科学・技術などの体験、研究者や職業人との交流を通して職業に必要な資質や能力等について学ぶ機会として、企業や大学、研究機関等と連携し「千葉県夢チャレンジ体験スクール」を今年度も開催します。
ぜひ、今年の夏は楽しく学んで、すてきな思い出を作ってくださいね♪

★次回の配信は6月26日(水曜日)です。お楽しみに♪

お問い合わせは:

「こんな情報がほしい」「こんな内容にしてもらいたい」など、なのはな情報マガジンへのご意見・ご感想をお待ちしています。
ページ末の「お問い合わせフォーム」からお気軽にどうぞ

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:総合企画部報道広報課放送・インターネット班

電話番号:043-223-2245

ファックス番号:043-227-0146

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?