ここから本文です。

更新日:令和3(2021)年3月5日

ページ番号:417955

ちば県民だより(令和3年3月号)8面

外出ができないときでも、お出掛け気分を味わおう!
チーバくんの今日はどこ行く?

※新型コロナウイルス感染拡大の状況に応じて、適切な時期に外出するようお願いします。

(外出する際は、マスクの着用など感染症対策にご協力ください。)

椿公園(つばきこうえん)(いすみ市)
見頃 2月下旬から3月下旬

約2.75ヘクタールの広大な敷地に約1,000種、約1,000本のツバキが咲き誇る公園。開花時期がそれぞれ異なるため、訪れる時季によって色や形の違うさまざまなツバキが楽しめます。敷地内には、原生林や池もあり、野鳥や昆虫の観察もできます。

色とりどりのツバキに囲まれながらのんびり過ごしてみませんか。

※同公園内にある吊り橋は老朽化のため通行止めになっています。

場所 いすみ市深堀(ふかほり)539

交通 JR外房線大原駅から徒歩15分。九十九里有料道路起点「新地交差点」から車で約30分。

※公園併設の駐車場が満車の際は、いすみ市役所駐車場をご利用ください。

問い合わせ いすみ市オリンピック・観光課 TEL 0470(62)1243

椿公園地図

道の駅やちよ(八千代市)
営業時間 9時から19時(直売所 9時30分から18時、食堂 平日11時から14時、土曜日・日曜日・祝日11時から16時、アイスクリーム工房「プチシャンテリー」10時から17時)※

「八千代ふるさとステーション」と「やちよ農業交流センター」からなる道の駅。ふるさとステーションには、直売所のほか、市内の有名店が運営する「やちよ道の駅食堂」があり、こだわりのラーメンが人気です。農業交流センターでは、季節ごとの農業体験や八千代産の野菜を使った料理教室などが行われています。

また、2つの施設の間を流れる新川(しんかわ)は桜の名所としても有名です。

※新型コロナウイルス感染症の影響や、季節により営業時間が変更になる場合があります。最新情報など、詳しくはホームページ外部サイトへのリンクをご覧ください。

場所 八千代ふるさとステーション 八千代市米本(よなもと)4905-1

やちよ農業交流センター 八千代市島田2076

休館日 毎月第2月曜日(祝日の場合は第3月曜日)

交通 京成本線勝田台(かつただい)駅からバス「米本団地」下車徒歩7分。無料駐車場あり(ふるさとステーション普通車110台、農業交流センター普通車109台)

問い合わせ 道の駅やちよ(八千代ふるさとステーション) TEL 047(488)6711

道の駅やちよ地図

千葉県にオリンピック・パラリンピックがやってくる!

オリンピック聖火リレーが、今月25日に福島県からスタートし、121日間かけて全国を巡ります。今回は、7月1日から3日間行われる千葉県のリレールートを紹介します。

東京2020オリンピック聖火リレー

1日目 7月1日(木曜日)
基幹産業や豊かな自然が見どころ!

本県の海の玄関口「海ほたる」からスタートし、京葉工業地域やオリンピック史上初のサーフィン競技が行われる釣ヶ崎(つりがさき)海岸の砂浜などを走ります。1日目は内房・南房総・外房地域を一気に巡り、山武市の蓮沼(はすぬま)海浜公園へ向かいます。

2日目 7月2日(金曜日)
歴史・伝統文化や国際都市をアピール!

日本一の水揚げ量を誇る銚子漁港を出発し、東日本大震災で大きな津波被害のあった旭市を走ります。風情ある小野川(おのがわ)では舟で聖火を運び、成田空港や成田山新勝寺(しんしょうじ)など、北総地域を通過し、幕張メッセを目指します。

3日目 7月3日(土曜日)
先進的まちづくりの都市を巡る!

県内最大の人口集積を誇る東葛飾(ひがしかつしか)・葛南(かつなん)地域を走ります。緑あふれる手賀沼公園や国際学術都市づくりが進む柏の葉エリアを通り、最後の松戸中央公園まで聖火をつなぎます。

詳しくはホームページをご覧ください。

HP 千葉県聖火リレー外部サイトへのリンク

問い合わせ 県開催準備課 TEL 043(223)3487・3489

旬のレシピ ちばの味 181

手作りに挑戦!
イチゴ大福

イチゴ大福

〈材料〉2人分(6個)

イチゴ 6粒(1粒15グラム前後)

あん 150グラム

白玉粉 80グラム

砂糖 40グラム

水 120cc

片栗粉 適宜

(1個分/約160キロカロリー 脂質0.03グラム 食塩相当量0.025グラム)

【作り方】

  1. イチゴは洗ってへたを取り、水気を切っておく。
  2. あんを6等分にして、イチゴを1粒ずつ包む。
  3. 大きめのボウル(電子レンジ対応)に白玉粉と砂糖を入れ、水を少しずつ加えながら、粉っぽさがなくなるまでヘラでよく混ぜる。
  4. 3.にラップをかけ、600Wの電子レンジで2分30秒加熱する。全体をしっかりとかき混ぜたら、さらに1分30秒加熱して、生地に透明感や粘りが出るまで練り混ぜる。
  5. 片栗粉を敷いたバットの上に4.をのせ、5分ほど置いて粗熱を取る。片栗粉をまぶしながら6等分にする。
  6. 5.を広げて2.を包む。

〈コツ〉

小ぶりのイチゴを使うと包みやすいです。生地を冷まし過ぎると、固くなり包みにくくなります。翌日に食べる場合は、砂糖の分量を少し増やすと生地の水分が保たれて、柔らかさが持続します。

〔調理協力・千葉伝統郷土料理研究会〕

イチゴの豆知識

県産の産出額は全国第9位。千葉県のイチゴといえば、オリジナル品種「チーバベリー」。完熟の状態がとてもおいしいイチゴで、3月以降に安定して収穫できるため、イチゴ狩りに適した品種です。果肉の中まで鮮やかな赤色をしているので、ジャムやジュースでも楽しめます。

問い合わせ 県報道広報課 TEL 043(223)2241

前のページ

お問い合わせ

所属課室:総合企画部報道広報課広報班

電話番号:043-223-2241

ファックス番号:043-227-0146

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?