ここから本文です。

更新日:令和3(2021)年1月1日

ページ番号:406981

ちば県民だより(令和3年1月号)8面

外出ができないときでも、お出掛け気分を味わおう!
チーバくんの今日はどこ行く?

※新型コロナウイルス感染拡大の状況に応じて、適切な時期に外出するようお願いします。(外出する際は、マスクの着用など感染症対策にご協力ください。)

佐倉(さくら)の七福神(しちふくじん)巡(めぐ)り(佐倉市)
実施期間 1月1日(金曜日・祝日)から10日(日曜日)、2月から12月は毎月10日

お参りすると、七つの災難が除かれ、七つの幸福を授かるといわれている七福神。佐倉の七福神巡りでは、この時期にしか拝観できない貴重な七福神像の公開や、普段とは異なる御朱印の授与もあります。また、かつて城下町として栄えた佐倉には、江戸時代に建てられた武家屋敷や佐倉順天堂記念館などもあり、歴史ロマンが溢れます。

場所 【毘沙門天(びしゃもんてん)】甚大寺(じんだいじ)・松林寺(しょうりんじ)、【弁財天(べんざいてん)】嶺南寺(れいなんじ)、【寿老人(じゅろうじん)】宗圓寺(そうえんじ)、【大黒天(だいこくてん)】妙隆寺(みょうりゅうじ)・大聖院(だいしょういん)、【布袋尊(ほていそん)】大聖院、【福禄寿(ふくろくじゅ)・恵比寿】麻賀多(まかた)神社

御朱印紙(400円)は、各寺社の他、佐倉市観光協会や観光情報センターなどでも販売しています。また、御朱印料は寺社によって異なります。

所要時間 京成本線京成佐倉駅またはJR総武本線・成田線佐倉駅から徒歩約1から2時間

※周辺に駐車場が少ないため、車でお越しの際はご注意ください。

問い合わせ 佐倉商工会議所 TEL 043(486)2331

各寺社の概要など、詳しくはホームページをご覧ください。

HP 佐倉七福神巡り外部サイトへのリンク

佐倉の七福神巡り地図

房総フラワーライン(館山(たてやま)市から南房総市)
見頃 菜の花1月から2月下旬、マリーゴールド7月から8月

館山市から南房総市までつながる道路。特に館山市の伊戸(いと)から相浜(あいはま)までの約6キロメートルは「日本の道100選」にも選ばれ、沿道では早春から夏にかけてさまざまな花が咲き乱れるほか、美しい砂浜と松原がある「白砂青松(はくしゃせいしょう)100選」にも選ばれた平砂浦(へいさうら)海岸も見ることができます。

また、フラワーライン周辺には、国の登録有形文化財の洲埼(すのさき)灯台や道の駅などたくさんの観光スポットもあり、房総の魅力をたっぷり味わえます。

場所 館山市下町交差点~南房総市和田町(総延長約46キロメートル)

交通 JR内房線館山駅から伊戸・平砂浦海岸などを経由するバスあり。

問い合わせ 一般社団法人館山市観光協会 TEL 0470(22)2000

房総フラワーライン地図

千葉県にオリンピック・パラリンピックがやってくる!

東京2020オリンピック・パラリンピックの話題をお届けします。

今回は、激戦を勝ち抜いた選手だけが受け取れる「メダル」について紹介します。

メダルのデザインを知ろう!

オリンピックメダルのテーマは「光や輝き」

表面には、国際オリンピック委員会の規定で「ギリシャのパナシナイコスタジアムに立つ勝利の女神二ケ像」がデザインされています。

裏面は、「光や輝き」がテーマ。アスリートのエネルギーを光として表現し、その光の環の中心でエンブレムが輝きを放ちます。

パラリンピックメダルは浦安市出身の
松本 早紀子(まつもと さきこ)さんがデザイン

人々の心を一つに束ね、世界に新たな風を吹き込む「扇」がモチーフ。

表面には「TOKYO 2020」の文字を点字で表記し、裏面の扇部分には、岩・花・木・葉・水の模様をあしらい、生命力を日本の自然で表現しています。

2016年のリオデジャネイロオリンピック・パラリンピックでは、千葉県ゆかりの選手が金メダル3個を含む11個のメダルを獲得しました。東京2020大会での選手の活躍に期待しましょう!

今後、県内各地で県内開催競技やホストタウンに関する展示を行う予定です。詳しくはホームページをご覧ください。

HP イベント・体験会 東京2020大会に向けたイベント/千葉県

問い合わせ 県開催準備課 TEL 043(223)3483

旬のレシピ ちばの味 179

心も体もあったかホクホク
カブの肉詰め煮

カブの肉詰め煮

〈材料〉2人分

カブ 4個(1個70から80グラム)

タマネギ 30グラム

バター 5グラム

豚ひき肉 100グラム

塩・コショウ・小麦粉 各少々

溶き卵 10グラム

コンソメスープ 1.5カップ(300cc)(固形コンソメ1個を湯に溶かし入れる)

(1人分/約180キロカロリー 脂質10.2グラム 食塩相当量0.9グラム)

【作り方】

  1. カブの葉は根元を1センチほど残して切り落とし、沸騰した湯に塩を少々加えてゆで、3センチ幅に切る。
  2. カブを使ってふたと器を作るため、カブの葉の根元がついている部分を5ミリほどの厚さに切る。(葉の根元がついている部分がふた、それ以外が器)
  3. カブの器の部分は、底を平らに切って皮をむき、7ミリ程度の厚さを残して中身をくりぬく。
  4. カブの器、ふた、くりぬいた中身の全てを水から3分ほどゆで、水気を切っておく。
  5. 4.でゆでたカブの中身をみじん切りにする。タマネギはみじん切りにして、バターでしんなりするまで炒める。
  6. 豚ひき肉に、5.、塩、コショウ、溶き卵を加えてよく混ぜる。
  7. カブの器の内側に小麦粉をまぶして、6.を詰める。
  8. 小さめの鍋でコンソメスープを沸騰させ、7.を並べて入れ、アルミホイルなどで落としぶたをする。豚ひき肉に火が通るまで中火で10分ほど煮込んだら落としぶたを取り、カブのふたを加えてさらに5分、1.のカブの葉を加えてもう2分ほど煮る。

〈コツ〉

カブの中身をくりぬくときは、小さめのスプーンで深めにくりぬくと豚ひき肉がしっかり入ります。器の部分が煮崩れしないように気を付けましょう。

〔調理協力・千葉伝統郷土料理研究会〕

カブの豆知識

県内の産出額は全国第1位。春の七草がゆに入れる「すずな」はカブのことです。保存するときは、葉に養分を取られないように葉を切り離して保存しましょう。

問い合わせ 県報道広報課 TEL 043(223)2241

前のページ

お問い合わせ

所属課室:総合企画部報道広報課広報班

電話番号:043-223-2241

ファックス番号:043-227-0146

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?