ここから本文です。

更新日:令和3(2021)年1月1日

ページ番号:406980

ちば県民だより(令和3年1月号)5面

「はたちの献血」キャンペーン
いつかしようを、今にしよう。はたちの献血

医療に必要な血液は人工的に作ることができず、皆さんからの献血によって支えられています。

1月、2月は、「はたちの献血キャンペーン」期間です。献血は身近なボランティア。成人式を迎える「はたち」の皆さん、この機会にぜひ、献血へのご協力をお願いします。

献血は、県内6カ所の献血ルームと各地を巡回する献血バスで実施しています。詳しくはホームページをご覧になるか、千葉県赤十字血液センターへお問い合わせください。

◆県内の献血ルーム

献血ルーム名称・場所 電話番号
モノレールちば駅献血ルーム(千葉モノレール千葉駅構内) TEL043(224)0332
津田沼献血ルーム(JR津田沼駅北口 津田沼パルコB館6階) TEL047(493)0322
柏献血ルーム(JR柏駅東口 榎本(えのもと)ビル5階) TEL04(7167)8050
松戸献血ルームPure(ピュア)(JR松戸駅西口 松戸ビル1階) TEL047(703)1006
献血ルームフェイス(JR船橋駅南口 Face(フェイス)ビル7階) TEL047(460)0521
運転免許センター献血ルーム(千葉運転免許センター内) TEL043(276)3641

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、事前の予約をお願いします。

問い合わせ

千葉県赤十字血液センター TEL 047(457)0711

県薬務課 TEL 043(223)2614

HP 千葉県赤十字血液センター外部サイトへのリンク

新成人の皆さんへ
消費者トラブルに気を付けましょう

成人になると、未成年のときとは違い、親権者などの同意がなくても自分の意思で自由に契約ができるようになります。一方で、その責任を負うのも自分自身になり、契約を簡単に取り消すことができなくなります。契約に関する知識や社会経験が少ない、成人になったばかりの若者を狙う悪質な業者に気を付けましょう。

  • 「簡単にお金が増やせる」など、うまい話にすぐに飛び付かない。
  • インターネットの情報やSNSで親しくなった人の話をうのみにしない。
  • 「今なら安くなる」「とりあえずサインだけ」など、契約をせかす人は相手にしない。
  • 借金してまで契約しない。

軽い気持ちで契約せずに、契約する前に身近な人に相談するなどして、おかしいと思ったり、迷ったりしたときはきっぱり断りましょう。

万が一消費者トラブルに巻き込まれたり、巻き込まれそうになったりしたら、一人で悩まずに相談してください。

問い合わせ 消費者ホットライン TEL (局番なし)188(いやや)番(最寄りの消費生活相談窓口につながります)

または千葉県消費者センター TEL 047(434)0999

「チーバくん」14回目のお誕生日!(1月11日)

千葉県のマスコットキャラクター「チーバくん」が、今年で14回目のお誕生日を迎えます。県では、皆さんからのチーバくんへのお祝いメッセージをお待ちしています。思い出の写真などもあれば、ぜひ一緒にお送りください。

受付期間 1月15日(金曜日)まで

応募方法 ホームページから応募、またははがき(63円)にメッセージを書いて応募

詳しくは県ホームページ「チーバくんの広場」をご覧ください。

HP チーバくんの広場

※お寄せいただいたメッセージは、個人情報を伏せた上で、チーバくんのInstagram(インスタグラム)などで紹介します。

問い合わせ・応募先 〒260-8667(住所記載不要)県報道広報課「チーバくん」係 TEL 043(223)2242

千葉のコレ知ってる? 74
ちば文化資産シリーズ(24)

日西墨三国(にっせいぼくさんごく)交通発祥記念之碑(御宿(おんじゅく)町)

1609(慶長14)年に、メキシコに向けて航海中だったスペイン船サンフランシスコ号が、嵐のため現在の御宿町岩和田(いわわだ)沖で座礁。当時の住民が総出で救助を行ったことから始まった友好の絆を伝える記念碑です。

日西墨三国交通発祥記念之碑景観

船橋大神宮(ふなばしだいじんぐう)と神楽(かぐら)(船橋市)

平安時代の書物に名前が残る由緒ある神社で、正式名称「意富比(おおひ)神社」。境内にある私設灯台「灯明台(とうみょうだい)」や、正月や節分に合わせて奉納される神楽は文化財に指定されています。

船橋大神宮景観

千葉県立房総(ぼうそう)のむら(栄町)

房総の商家や農家などを再現した展示のほか、伝統的な技術・生活様式を体験しながら学べる博物館。(資料館は閉鎖中)四季折々の祭りや大道芸・民俗芸能の上演、企画展など、年間を通じてさまざまな催しを開催しています。

千葉県立房総のむら景観

犬吠埼(いぬぼうさき)灯台(銚子市)

1874(明治7)年にイギリス人技師ブラントンの設計で銚子半島最東端の犬吠埼に造られた西洋式灯台。全国に16カ所ある「のぼれる灯台」の1つで、99段のらせん階段を上ると、雄大な大海原が望めます。

犬吠埼灯台景観

問い合わせ 県県民生活・文化課 TEL 043(223)2408

HP 次世代に残したいと思う「ちば文化資産」

前のページ 次のページ

お問い合わせ

所属課室:総合企画部報道広報課広報班

電話番号:043-223-2241

ファックス番号:043-227-0146

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?