ここから本文です。

更新日:令和元(2019)年6月5日

ちば県民だより(令和元年6月号)6面

県庁の宛先は、〒260-8667(住所記載不要)各担当課
ファックスによるお問い合わせは、県報道広報課まで
FAX.043-227-0146

★詳細な内容や質問は、それぞれの問い合わせ先へお願いします。
対象=日時・期間=会場=内容=休館日=定員=申込方法=料金等=受付期間・受付場所=問い合わせ先・申込先=ホームページ=HPです。
※Eメールは、送信途中の安全性が万全でないことにご留意ください。
※「講座・催し」で申込方法の記載がない場合は直接会場にお越しください。

講座・催し

お知らせ

講座・催し

私立幼稚園・認定こども園就職説明会

県内の私立幼稚園・認定こども園が参加し、幼稚園教諭を志望している方への就職説明会を行います。

6月29日(土曜日)13時30分〜16時30分

ペリエホール(JR千葉駅直結)

一般社団法人全千葉県私立幼稚園連合会 TEL 043-242-5791

無料調停相談会

サラ金・土地建物などに関する民事紛争や、夫婦親子関係・相続などの家事紛争の解決手段について、裁判所調停委員(弁護士含む)がご相談をお受けします。詳しくはホームページをご覧になるかお問い合わせください。

日・会▼6月23日(日曜日)10時〜15時、佐原(さわら)中央公民館(JR成田線佐原駅から徒歩5分)▼7月13日(土曜日)10時〜15時30分、千葉市文化センター(JR千葉駅から徒歩10分)・サンロード津田沼(つだぬま)(京成線京成津田沼駅から徒歩1分)・サンプラザ市原(JR内房線五井(ごい)駅から徒歩1分)▼7月20日(土曜日)10時〜15時30分、八千代(やちよ)市市民会館(東葉高速線村上駅から徒歩10分)

千葉地方裁判所事務局 TEL 043-333-5236
千葉家庭裁判所事務局 TEL 043-333-5302

HP 千葉県の無料調停相談会外部サイトへのリンク

お知らせ

薬物乱用は「ダメ。ゼッタイ。」

6月20日(木曜日)から7月19日(金曜日)までは、薬物乱用防止「ダメ。ゼッタイ。」普及運動実施期間です。

覚醒(せい)剤・大麻などの薬物乱用は心と身体に重大な悪影響を与えます。危険性を正しく認識し、薬物乱用を許さない社会環境づくりにご協力をお願いします。

県薬務課 TEL 043-223-2620

介護の仕事に興味のあるシニアの方へ

県では、50歳以上の方を対象に、介護職員初任者研修などの受講料補助、介護の職場体験、介護事業所へのマッチングを行っています。

専門の担当者が、シニアの方の希望に合わせた職場探しや相談に応じ、介護職としての就労を支援します。

※詳しくはホームページをご覧になるかお問い合わせください。

千葉県福祉人材センター TEL 043-222-1294

HP 千葉県福祉人材センター外部サイトへのリンク

大人の予防接種が追加されました

次の予防接種が追加されました。対象年齢などが決まっていますので、対象期間内に受けましょう。

詳しくはお住まいの市町村にお問い合わせください。

予防接種名 対象年齢【接種回数】
風しん 昭和37年4月2日から
昭和54年4月1日までに生まれた男性【1回】※1
高齢者の
肺炎球菌感染症
ア 65歳の方※2
イ 60歳以上65歳未満の方※3【1回】※4

※1 令和4年3月31日まで実施。

ただし、風しんの抗体検査を実施し、十分な量の抗体がある方は除く。

※2 すでにイに該当するとして、予防接種を受けた方は除く。

(特例)令和元年度は、平成31年4月1日から令和2年3月31日までの間に65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳または100歳となる方が対象。

※3 心臓、腎臓または呼吸器の機能に障害のある方およびヒト免疫不全ウイルスにより免疫機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障害のある方に限る。

※4 これまでに23価肺炎球菌莢膜(きょうまく)ポリサッカライドワクチンを1回以上接種された方を除く。

県疾病対策課 TEL 043-223-2691

腸管出血性大腸菌感染症に注意しましょう

これから夏場にかけて、O(オー)157など腸管出血性大腸菌感染症の患者が増加します。

症状は水のような下痢(げり)や血便、発熱、おう吐(と)などで、特に子どもや高齢者は重症化することがあります。症状があるときは早めに医療機関を受診しましょう。

予防のポイント

  • 調理や食事の前、動物園などで動物や柵、土などに触れた後は必ずせっけんでよく手を洗う。
  • 肉を調理する場合は、「生肉を扱う箸(調理用)」と「焼けた肉を扱う箸(食事用)」を必ず分け、十分に加熱してから食べる。

県疾病対策課 TEL 043-223-2691

県衛生指導課(食品衛生県民ダイヤル) TEL 043-221-6000

知事・県議会議員の資産などの公開

県条例に基づき、令和元年度に作成された知事および県議会議員の資産などの報告書を公開します。

閲覧開始日 7月8日(月曜日)

閲覧場所▼知事分:県審査情報課総合窓口(県庁南庁舎1階)▼県議会議員分:県議会事務局総務課(県議会棟3階)

県秘書課 TEL 043-223-2017
県議会事務局総務課 TEL 043-223-2524

シートベルトを着用しましょう!

6月はシートベルトとチャイルドシート着用推進強化月間です。

シートベルトは、後部座席を含めた全ての座席での着用が義務付けられています。また、6歳未満の子どもにはチャイルドシートを着用させなければいけません。

シートベルトやチャイルドシートを着用しないと事故に遭ったときに車外に放り出されるなど大変危険です。

自動車に乗る際は、これらを適切に着用しましょう。

県くらし安全推進課 TEL 043-223-2263

歯と口の健康週間

6月4日(火曜日)から10日(月曜日)までは、歯と口の健康週間です。かかりつけ歯科医を持ち、定期的に歯科検診を受け、むし歯や歯周病をなくして「8020(はちまるにいまる)」(80歳になっても20本以上自分の歯を保つこと)を目指しましょう。

デンタルフロス(糸ようじ)や歯間ブラシを使っての歯垢(しこう)の除去や、食後の歯磨きを心掛け、いつまでも自分の歯で食べられるようにしましょう。

県健康づくり支援課 TEL 043-223-2671

土砂災害防止月間

6月は土砂災害防止月間です。近年、全国各地で土砂災害による大きな被害が発生しています。

県では、警戒避難体制を強化し、防災意識を高めるため県内市町村と協力して土砂災害に対する訓練を実施しています。

梅雨の時期を迎え、風水害や土砂災害の危険が高まっていますので、災害時の正しい避難行動を家族で確認するなど、普段から災害に対する心構えと正しい知識を備えておきましょう。

県危機管理課 TEL 043-223-2175
県河川環境課 TEL 043-223-3156

農薬危害防止運動

6月〜8月は農薬危害防止運動期間です。以下のことに注意し、農薬は適正に使用しましょう。

  • 農薬を使用する際は、ラベルの内容(適用、使用方法、注意事項など)を厳守し、対象作物以外に飛散しないようにしましょう。
  • 農薬の保管場所には鍵を掛けるなどして、盗難や誤飲を防ぎましょう。
  • 住宅地などの周辺で農薬を使用する場合は、散布日時などを事前に近所の方に知らせましょう。

県安全農業推進課 TEL 043-223-2888

農業用ハウスをご利用の皆さんへ

6月は災害に強い施設園芸づくり月間です。近年、台風、大雪、地震などの自然災害が多発し、多くの農業用ハウス(園芸施設)に被害が発生しています。

農業共済は、自然災害などで作物や園芸施設などに損害が生じた場合に共済金が支払われる公的な保険制度で、加入者負担の軽減のため、掛け金の原則50%を国が負担します。

台風シーズンに備え、ハウスの点検や補修を実施するとともに、万が一の場合に備え農業共済に加入しましょう。

詳しくはホームページをご覧になるかお問い合わせください。

千葉県農業共済組合連合会(ちばNOSAI(ノーサイ)連) TEL 043-245-7449

HP 千葉県農業共済組合連合会外部サイトへのリンク

里親について、知ってますか?

里親とは、さまざまな事情で家庭で生活できない子どもたちを、保護者の代わりに家庭的な雰囲気の中で愛情深く育ててくださる方をいいます。

里親の下で育つことにより、子どもは特定の大人との愛着関係を育み、自分を受け入れてもらえるという安心感や、人間関係における信頼感が得られます。

また、子どもが将来自分で家庭を築くときに備え、「家庭」のモデルを知ることができるほか、身近な地域社会の中で成長することで社会性が養われ生活技術が身に付きます。

一方で、まだ里親の数が足りていないのが現状です。里親に興味をお持ちの方は管轄の児童相談所にお問い合わせください。

県各児童相談所
または県児童家庭課 TEL 043-223-2322

HP 子どもたちは里親を求めています

 

前のページ 次のページ

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:総合企画部報道広報課広報班

電話番号:043-223-2241

ファックス番号:043-227-0146

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?