ここから本文です。

更新日:平成31(2019)年1月1日

ちば県民だより(平成31年1月号)5面

第39回 千葉県フラワーフェスティバル

年に一度の「ちばの花の祭典」を開催!県内の生産者が大切に育てた切り花・鉢花(はちばな)の品評会が行われ、会場が早春の花で埋め尽くされます。

期間中は、県産の花を使った体験イベントや、産地即売会が行われます。最終日には品評会に出品された展示品も販売します(当日整理券を配布)。

日時 1月11日(金曜日)〜14日(月曜日・祝日)10時〜20時(最終日は13時まで)

会場 そごう千葉店6階催事場(JR千葉駅から徒歩1分)

内容

  • 花の品評会(出品点数約580点)
  • 各種団体による花のディスプレイ
  • 花を使った体験イベント
  • 花の即売会 ほか

問い合わせ 県生産振興課 TEL 043(223)2871

ご存じですか?ちば保育士・保育所支援センター

ちば保育士・保育所支援センターでは、保育士資格を持つコーディネーターが、保育士を目指す方や、資格をお持ちで復帰を目指す方の就職支援など、さまざまな相談に乗っています。

  • 保育士向け就職相談・再就職支援
  • 保育施設向け採用相談・人材紹介
  • 求職中の方と保育施設とのマッチング
  • 研修会・就職説明会などの開催

問い合わせ ちば保育士・保育所支援センター
千葉市中央区富士見2-3-1 塚本大千葉ビル3階 TEL 043(222)2668

HP ちば保育士・保育所支援センター外部サイトへのリンク

「保育士人材バンク」に登録しませんか?

保育士人材バンクは、保育士の資格を持つ方を対象とした情報データバンクです。登録すると県内保育所などの求人情報や、研修・説明会の情報などをご覧いただけます。

HP 保育士人材バンク外部サイトへのリンク

第31回 文化芸術フォーラム〜平成のちば文化・和と洋のハーモニー〜

県内で活動する文化団体が、日頃磨き上げた演技・演奏や作品を披露するイベントです。「和と洋」のコラボレーションをお楽しみください。

日時 2月23日(土曜日)13時〜16時

会場 県文化会館 小ホール(JR外房・内房線本千葉駅から徒歩10分)

内容

<舞台公演>

  • 和の調べ(千葉県三曲(さんきょく)協会)
    演目:三弦(さんげん)と十七弦(じゅうしちげん)による「海鳴り」/箏(そう)・三弦・十七弦・尺八による「万華鏡」
  • 日本舞踊公演((公社)日本舞踊協会)
    演目:長唄「吾妻八景(あづまはっけい)」「娘道成寺(むすめどうじょうじ)」「越後獅子(えちごじし)」
  • JAZZDANCE(ジャズダンス)「Roxies(ロキシーズ)」(流山市文化協会洋舞部)
  • 芝居「濯(すす)ぎ川」(四街道(よつかいどう)市市民劇団「座・劇列車」)

<展示>

  • 日本生まれのがり版アート孔版画※を楽しもう
    ※微細な穴の開いた原紙(がり版)を使って刷る版画作品
    (千葉県がり版アート孔版画研究会)
  • 川柳(せんりゅう)作品展(千葉県川柳作家連盟)

定員 252人(申込先着順)

申込方法 参加希望者全員の氏名、代表者の電話番号を書いてファクス。電話申し込み可

問い合わせ・申込先 (公益財団法人)千葉県文化振興財団
TEL 043(222)0077 FAX 043(221)6438

HP 千葉県文化振興財団外部サイトへのリンク

千葉のコレ知ってる? 52 ちば文化資産シリーズ(2)

幕張新都心(千葉市) 

1989(平成元)年に幕張メッセのオープンでスタートした幕張新都心は、「職・住・学・遊」の複合機能を備えた街です。日々約23万人が活動し、現在も成長し続けています。

幕張新都心

清澄寺(せいちょう)と清澄(きよすみ)山(鴨川(かもがわ)市) 

清澄山に伽藍(がらん)を構える清澄寺は奈良時代に開かれ、その後日蓮(にちれん)が修行し日蓮宗を開いた地と伝えられており、周辺の自然と一体となった霊場として信仰を集めてきました。境内周辺には多くの文化財が残っています。

清澄寺と清澄山

鎌ケ谷(かまがや)大仏と周辺商店街(鎌ケ谷市) 

鎌ケ谷宿(しゅく)の商人大国屋文右衛門(だいこくやぶんうえもん)が先祖供養のため建立した青銅製の釈迦如来(しゃかにょらい)像で、高さ1.80メートルです。駅名になっている唯一の大仏で、近くの商店街には大仏の名前を冠した名前の店や商品を取り扱う店があります。

鎌ケ谷大仏

九十九谷(くじゅうくたに)展望公園(君津(きみつ)市) 

九十九谷展望公園からは、高宕山(たかごやま)など上総(かずさ)丘陵が幾重にも連なる山並みを一望することができます。これらの景観を総称して九十九谷と呼ばれています。日本画家東山魁夷(ひがしやまかいい)の絵画「残照(ざんしょう)」のモチーフとなりました。

九十九谷

問い合わせ先 県県民生活・文化課 TEL 043(223)2408

HP 次世代に残したいと思う「ちば文化資産」

 

前のページ 次のページ

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:総合企画部報道広報課広報班

電話番号:043-223-2241

ファックス番号:043-227-0146

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?