ここから本文です。

更新日:平成30(2018)年12月5日

ページ番号:22415

ちば県民だより(平成30年12月号)4面

STOP!電話de詐欺(ストップ!でんわでさぎ)

年末年始は帰省や旅行など、家族で過ごす時間も多い時期です。
この機会に電話de詐欺対策について考えてみませんか。
ご家庭の電話機にひと工夫することで始められる詐欺対策もあります。
身近な方の電話機設定を手伝うなど、あなたの思いやりが大切な人を詐欺被害から守ります。

※電話de詐欺とはオレオレ詐欺や還付金詐欺などの特殊詐欺を総称した、千葉県独自の広報用名称です。

問い合わせ 県くらし安全推進課
TEL 043(223)2333 FAX 043(221)2969

HP STOP!電話de詐欺

電話de詐欺の現状

平成29年は被害件数が過去最悪!
平成30年も既に被害総額20億円超え

電話de詐欺手口の割合(平成30年1〜10月)

  • オレオレ詐欺 848件
    電話で身内や警察官などを名乗り、不祥事の穴埋め資金を都合してほしいなどと言ってお金を振り込ませる詐欺
  • 架空請求詐欺 110件
    契約した覚えのない商品やサービスを契約したかのようにみせかけ、代金をだまし取る詐欺
  • 還付金詐欺 80件
    医療費や年金の過払い金を還付するとして手続きのためATMを操作させ、お金を振り込ませる詐欺
  • その他 20件
    融資保証金詐欺や振り込め類似詐欺など

犯人は言葉巧みにあなたをだまします

オレオレ詐欺  息子や孫などを名乗る詐欺

  • 「株で失敗した」
  • 「かばんを忘れた」
  • 「会社の小切手が入ったかばんを置き忘れた」
  • 「浮気して相手を妊娠させてしまった」
  • 「すぐにお金が必要だけど自分は行けないから、代わりの人が受け取りに行くよ!」

知らない人に現金を渡すことに違和感を覚える方もいますが、身内の緊急事態という切迫感から、多くの人が現金を渡してしまいます。このような電話があった場合、必ずご家族などに相談して事実確認をしてください。

オレオレ詐欺  警察官などを名乗り通帳・キャッシュカードをだまし取る詐欺

  • 「警察です、あなたのカードが使われています」
  • 「不正に利用できないようにカードを新しくしましょう」
  • 「新しい暗証番号を決めてください。今の暗証番号は何ですか?
    お宅へカードを取りに行きます」

警察官や銀行員を名乗ったオレオレ詐欺が増加しています。犯人は、警察官などを装ってキャッシュカードなどを受け取りに来ます。警察官や銀行員などがカードを預かったり、暗証番号を聞いてくることはありません。

架空請求詐欺  身に覚えのない料金を請求される詐欺

  • 「未納料金がありますので、すぐに払ってください」
  • 「払わないと裁判に移行しますが、本日中に支払えば間に合います」
  • 「連絡しないと財産を差し押さえます」

「未納料金がある」、「裁判にする」といったメールやはがきを送り付け、あなたに電話を掛けさせるのが犯人の狙いです。

メールやはがきに書いてある番号は犯人の電話番号です。相手にしてはいけません。

電話de詐欺は、電話de対策!

電話de詐欺に遭わない一番の方法は、犯人と直接話をしないことです!

犯人と話してしまうと、電話de詐欺のことを知っているつもりでも、犯人の言葉に惑わされ、だまされてしまいます。被害者の3割は手口を知っていたのにだまされています。

そこで 自宅の電話機にひと工夫して詐欺を撃退!

  • 留守番電話
    常に留守番電話設定にしておくことで不審な電話に出なくて済み、詐欺被害を予防できます。
    【必要なもの(例):留守番電話設定機能付きの電話機】
  • ナンバーディスプレイ(R)
    相手の電話番号が表示されるので、電話に出る前に相手を確認できます。
    【必要なもの(例):ナンバーディスプレイ対応の電話機、ナンバーディスプレイ契約】
  • 迷惑電話対策サービス
    警察などの情報をもとに、迷惑電話を自動判別してブロックします。呼び出し音は鳴りません。
    【必要なもの(例):迷惑電話対策機能付きの電話機、ナンバーディスプレイ契約、迷惑電話対策サービス契約】
  • 警告・通話録音機能
    かかってきた電話に自動応答し、相手に通話内容を録音するとメッセージを流して警告します。詐欺犯は通話の録音を嫌います。
    【必要なもの(例):警告・通話録音機能付きの電話機、または外付けの警告・通話録音装置】

※ご紹介した対策は一例です。メーカーや製品によって異なります。
 お近くの販売店などにお問い合わせください。

今すぐはじめよう!電話de詐欺は、電話de対策!

この電話、詐欺かな?と思ったら

電話de詐欺相談専用ダイヤル

フリーダイヤル 0120(494(ヨクシ))506(コール)

※12月29日〜1月3日を除く、平日8時30分〜17時15分
 上記以外は、最寄りの警察署にご相談ください。

問い合わせ
県くらし安全推進課 TEL 043(223)2333
県警察本部生活安全総務課 TEL 043(201)0110(代表)

交通死亡事故が増えています
冬の交通安全運動 12月10日(月曜日)〜19日(水曜日)

交通死亡事故の特徴

  • 早朝や夕暮れ時に多い
  • 半数は65歳以上
    そのうち6割以上が歩行中または自転車乗車中
  • 6割以上は道路横断中
  • 交差点や交差点付近での事故が過半数
  • 自動車乗車中の死亡事故は半数近くがシートベルト非着用

交通死亡事故をなくしましょう

  • 車のライトは必ず点灯し、歩行者や自転車を利用するときは反射材を身に着けましょう
  • 自転車に乗るときはヘルメットをかぶりましょう
  • 車に乗ったら、全ての座席でシートベルト・チャイルドシートを着用しましょう
  • 歩行者も自転車や自動車を運転する人も、道路を利用する方は前後左右の安全確認を必ず行いましょう

前のページ 次のページ

 

お問い合わせ

所属課室:総合企画部報道広報課広報班

電話番号:043-223-2241

ファックス番号:043-227-0146

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?