ここから本文です。

更新日:令和元(2019)年6月18日

高齢者向けのバリアフリー改修に関する手引書

概要

高齢者の多くは介護が必要になっても住み慣れた自宅での生活を希望していますが、その一方で、高齢者事故の多くは自宅内で発生しています。
高齢者等の住み慣れた地域での生活を支えて行くためにも、また、介護予防のためにも、住宅のバリアフリー改修等の必要性が高まると考えられますが、住宅改修は必ずしも進んでいない状況にあります。
このため、高齢化に伴う住まいでの配慮事項、住宅改修前に検討すべきポイントや留意事項、事例の紹介、相談窓口などを掲載した手引書を作成しました。

高齢者向けのバリアフリー改修に関する手引書

        玄関ポーチ・玄関・居間・寝室(PDF:2,491KB)
        浴室・トイレ・階段・廊下(PDF:2,599KB)

        事例1~3(PDF:3,883KB)
        事例4~5(PDF:2,579KB)

契約の公表

よくある質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部高齢者福祉課地域包括ケア推進班

電話番号:043-223-2342

ファックス番号:043-227-0050

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?