サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > くらし・福祉・健康 > 健康・医療 > 健康づくり・病気予防 > 感染症対策 > 新型コロナウイルス感染症への対応について > 介護サービス事業者向け|新型コロナウイルス感染症 > 海外渡航した帰国した職員に係る新型コロナウイルス感染症への対策について(介護サービス事業者の方へ)

更新日:令和2(2020)年4月2日

海外渡航した帰国した職員に係る新型コロナウイルス感染症への対策について(介護サービス事業者の方へ)

 本県の高齢者福祉行政の推進につきましては、日頃から格別の御協力を賜り厚くお礼申し上げます。

 さて、新型コロナウイルス感染症については、現在、感染が世界中で拡大している状況であり、本県においても海外からの帰国者の新型コロナウイルス感染症への感染が判明したところです。

 つきましては、感染拡大防止の観点から、貴事業所、施設の職員、特に新規採用職員については、直近の渡航歴を把握の上、帰国後2週間を経過していない者については、自宅待機及び不要不急の外出自粛を要請するとともに、必要な健康観察期間を経た上で出勤させることとするなど、適切に対応してくださるようお願いいたします。

 また、健康観察期間中に発熱や咳などの症状が出た場合には、各自の判断では受診せず、各健康福祉センター(保健所)に設置している「帰国者・接触者相談センター」に連絡することを呼び掛けてくださるようお願いいたします。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部高齢者福祉課介護事業者指導班

電話番号:043-223-2386

ファックス番号:043-227-0050

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?