ここから本文です。

ホーム > くらし・福祉・健康 > 健康・医療 > 健康づくり・病気予防 > 感染症対策 > 新型コロナウイルス感染症への対応について > 新型コロナウイルス感染症の対策について > 介護サービス事業者向け|新型コロナウイルス感染症 > 高齢者施設職員へのPCR検査の実施について(要請)

更新日:令和3(2021)年5月24日

ページ番号:440842

高齢者施設職員へのPCR検査の実施について(要請)

高齢者施設の入所者は重症化リスクが高い特性があること、集団感染が生じた場合に入所者や施設運営への影響が大きく、医療提供体制への負荷の増大にもつながることから、早期発見が重要となっています。

一方、本県における感染状況については、新規感染者等数が引き続き高い水準で推移しており、高齢者施設でのクラスターも複数発生している状況です。

こうした状況を鑑み、また、国の「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針」を踏まえ、各高齢者施設におかれては、県等が実施するPCR検査を受検するよう、新型インフルエンザ等特別措置法第24条第9項に基づき要請いたします。

検査の実施により、感染者の早期発見及びクラスターの抑止につながることから、御理解、御協力をお願いいたします。

通知

高齢者施設職員へのPCR検査の実施について(要請)(PDF:235.5KB)

日本財団が実施するPCR検査事業の御案内

感染状況によっては日本財団が実施するPCR検査も併せて活用するなどにより検査の頻回実施を御検討ください。

日本財団PCR検査センター外部サイトへのリンク

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部高齢者福祉課地域活動推進班

電話番号:043-223-2342

ファックス番号:043-227-0050

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?