サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > くらし・福祉・健康 > くらし > 公園 > 県立都市公園ガイドマップ > 県立都市公園の指定管理について > 県立北総花の丘公園指定管理者(候補者)の選定結果

更新日:平成30(2018)年11月15日

県立北総花の丘公園指定管理者(候補者)の選定結果

1選定結果2評価点数3審査基準

1選定結果

概要

指定管理者

候補者

北総花の丘公園パートナーズ

代表者 東京都豊島区南池袋一丁目16番15号

西武造園株式会社

構成者 千葉県千葉市中央区都町33番地の1

林造園土木株式会社

予定指定期間 平成31年4月1日~平成36年3月31日(5年間)
提案の概要
  • 管理運営方針
    人も花も活き活き。地域の活動拠点となるみんなの公園
    上記の管理運営方針を以て、本公園の3つのあるべき姿を実現する。
    • みんなが集まる安全・安心な公園
    • 花と里山の魅力を伝えられる公園
    • 遊ぶ・学ぶ魅力を伝えられる公園
  • 平等な利用を図るための具体的手法
    全ての人に配慮したユニバーサルサービス・デザインの考えのもと、誰もがいつでも快適に利用できる管理運営を実施する。また、特にお年寄りやお子様、外国人や障がいのある方などの生活弱者に対しては、バリアフリーの取り組みを強化し、快適な利用環境を提供する。
  • 利用者の増加を図るための具体的手法
    • イベント:花・里山・遊びの3つのテーマでイベントを開催し、利用促進を図る。
    • 広報:各々の特徴を活かし、WEB媒体・紙面・連携の3つの情報発信を行う。
    • 県民協働:<1>「花いっぱいプロジェクト」で県民協働の花壇を活用。<2>周辺教育機関、企業の活動の場を提供。<3>地域連携により防災力・防犯力を高める。<4>ボランティア運営のノウハウを活用し、活動のモチベーションアップを図る。
  • サービスの向上を図るための具体的手法
    スタッフ全員が笑顔でおもてなしの心を持ち続け、快適な空間の提供、利用者のニーズに立ったサービスを実施する。また、緑の相談所の充実にも取り組む。
  • 施設の維持・管理・運営

日常からこまめな安全点検・日常巡回や定期的な防災訓練の実施など安全対策を徹底し、事故や自然災害・感染症などの未然防止に取組む。ゾーン特性に応じた植物管理や長寿命化を踏まえた施設・設備管理でコスト縮減を目指す。

  • 収入の確保及び管理運営コスト縮減の取組み

魅力的なサービスや各種自主事業などで利用を促進し、駐車場利用料金と自主事業収入を確保する。スケールメリットの活用、従業員のマルチスタッフ化、施設・設備の長寿命化などで総合的なコスト縮減に取組む。

  • 職員の配置等実施体制
    所長、副所長以下、各部門に担当者を配置し、それぞれが責任を以て業務遂行ができる体制を整備する。また、西武造園株式会社本社内に設置される共同体本部が、本公園の管理運営を支援する。
  • 地域貢献
    県内の地元事業者への発注を優先することで、地域振興に寄与する。また、地域防災の拠点として関連イベントの実施や関係機関や周辺住民との連携を日常から取り、公園の防災機能をPRし、意識向上を図ることで指定緊急避難場所としての機能も確認する。
選定理由 さまざまな方法による多様な花の魅力の演出、公園の自然資源を活用した体験学習プログラムや各種イベントの開催等による利用者の増加やサービスの向上等が提案され、当該施設の効果を高めることが期待でき、日常的な施設の安全管理や植物・施設等の維持管理についても適正に実施できる計画が立てられている。また、事業計画書に沿った管理を安定して行うために必要な能力を有している。
財務状況は健全であること、労務状況については整っていることを確認した。
これら以外の評価項目も総合的に勘案し候補者として選定した。
応募者数 2団体

2評価点数

(1)必須項目の審査
審査内容 配点

北総花の丘公園パートナーズ

選定

団体A
施設の設置目的を理解しているか。

3

2.2

1.4

県が示した管理の方針と事業者が提案した運営方針が合致するか。

3

2.2

1.8

経営理念や労働関係法令等についてのコンプライアンスの取組等、団体の経営モラルは適切か。

3

2.0

1.6

事業内容等が一部の県民、団体に対して不当に利用を制限又は優遇するものではないか。

3

1.6

1.6

社会的弱者へ配慮されているか。

3

2.0

1.4

個人情報保護のための適切な措置がとられているか。

3

1.6

1.6

必須項目小計

18

11.6

9.4

※「1点」を標準とし、優れたものについては特に加点。各項目とも3点満点。
標準に満たない場合は0点。意見聴取した外部有識者等の過半数が0点を付けた審査内容があり、選定委員会がこれを適切な評価と認めた場合は失格。

(2)一般項目の審査
審査内容 配点

北総花の丘公園パートナーズ

選定

団体A

年間を通じた広報計画やイベントの開催など利用者を増加させる具体的な取組みは適切か。その効果と実現性はどうか。

また、取組みにおける地域、関係機関、ボランティア等との連携が図れているか。

10

7.6

6.8

施設運営や自主事業の提案などサービス向上を図る取組みが、施設の設備・機能を活用した施設の設置目的の達成に資するものとなっているか。

10

6.8

6.0

利用者ニーズへの対応や利用者からの苦情への対応が適切か。

5

3.4

3.0

日常的な施設の安全管理や公園利用者の安全確保の具体的な方法が示されているか。また、事故や災害の発生時の危機管理に係る具体的な対応が示されているか。

10

7.6

6.8

植物・施設(トイレなどを含む)等の維持管理を適正に実施できる具体的な計画が立てられているか。

5

4.0

3.4

県が想定した参考金額をどの程度下回っているか。

15

6.0

5.0

収入、支出の積算と事業計画の整合性は図れているか。※1

5

3.2

2.8

収支計画の実現可能性はあるか。また、一般管理費の算出方法は適切か。※2

5

3.4

3.0

業務を円滑に推進できる職員の配置や業務分担がなされているか。

職員の指導育成、研修体制は十分か。

職員採用が必要な場合の方策は適切か。※3

10

6.8

6.0

財務状況は健全であり、業務を確実に行える経営的に安定した団体であるか。※4

10

7.6

7.2

施設の管理にどの程度実績があり、良好な管理運営できる可能性はどうか。

5

3.4

3.2

物品・役務の地元調達が計画されているか。近隣住民や近隣施設等との連携による地域活性化や、地域での取組への貢献が期待できるか。

5

4.0

3.6

地域の美化、防犯・防災、災害復旧の活動が計画されているか。

5

3.6

3.2

一般項目小計

100

67.4

60.0

合計(必須項目+一般項目)

118

79.0

69.4

※1、※2、※3、※4 次に該当する場合は、選定の対象外とする。
意見聴取した外部有識者等の過半数が0点の採点をし、選定委員会がこれを適切と認めた場合。

(3)グループ応募に係る団体審査
審査内容 配点

北総花の丘公園

パートナーズ

選定

団体A

グループの設立の経緯は明らかになっているか。

10

8.33

9

グループ応募する必要性・理由は妥当なものか。

10

8

8.33

構成団体の役割分担・責任分担は明らかになっているか。

10

7.67

8.33

構成団体の人員配置は妥当であるか。

10

8.33

8

各団体の経費配分は妥当であるか。

10

9

7

合計

50

41.33

40.66

審査結果

-

適格

適格

※各項目の必要点数は5点以上とし、かつ、合計の点数が35点以上で適格とする。

(4)指定管理者選定委員会委員

区分

氏名

役職

委員長

河南正幸

県土整備部長

委員

行方寛

都市整備局長

委員

神作秀雄

災害・建設業担当部長

委員

舘野昭彦

次長

委員

渡邉浩太郎

次長

委員

保坂隆

次長

委員

小湊宏明

次長

委員

高梨みちえ

県土整備政策課長

委員

澤宏幸

公園緑地課長

(5)選定審査にあたり意見聴取した外部有識者等

氏名

役職等

阿部伸太

東京農業大学准教授

橘俊光

一般社団法人日本公園緑地協会常務理事

伊藤太一

公益財団法人千葉県産業振興センター

経営支援部総合支援室プロジェクトマネージャー

櫻井敦

印西市都市建設部都市整備課長

福場正弘

公園美化団体ガーデン新鮮組代表

3審査基準

都市公園指定管理者審査基準
【必須項目の審査】

  • 「1点」を標準とし、優れたものについては特に加点。各項目とも3点満点。
  • 標準に満たない場合は0点。意見聴取した外部有識者等の過半数が0点を付けた審査内容があり、選定委員会がこれを適切な評価と認めた場合は失格。

選定基準

審査項目

審査内容

配点

事業計画書の内容が県民の平等な利用を確保することができるものであるか(指定手続条例第3条第1号)

施設の設置目的及び県が示した管理の方針

施設の設置目的を理解しているか。

3

県が示した管理の方針と事業者が提案した運営方針が合致するか。

3

経営理念や労働関係法令等についてのコンプライアンスの取組等、団体の経営モラルは適切か。

3

平等な利用を図るための具体的な手法及び期待される効果

事業内容等が一部の県民、団体に対して不当に利用を制限又は優遇するものではないか。

3

社会的弱者へ配慮されているか。

3

個人情報の取扱は適正か

個人情報関保護の取組

個人情報保護のための適切な措置がとられているか。

3

【一般項目の審査】

選定基準

審査項目

審査内容

配点

 

事業計画書の内容が、当該公の施設の効用を最大限に効果的に効率的に発揮させるものであるか。(指定手続条例第3条第2号)

利用者の増加を図るための具体的手法及び期待される効果

年間を通じた広報計画やイベントの開催など利用者を増加させる具体的な取組みは適切か。その効果と実現性はどうか。

また、取組みにおける地域、関係機関、ボランティア等との連携が図れているか。

40

10

サービスの向上を図るための具体的手法及び期待される効果

施設運営や自主事業の提案などサービス向上を図る取組みが、施設の設備・機能を活用した施設の設置目的の達成に資するものとなっているか。

10

利用者ニーズへの対応や利用者からの苦情への対応が適切か。

5

施設の維持管理の内容、適格性及び実現の可能性

日常的な施設の安全管理や公園利用者の安全確保の具体的な方法が示されているか。また、事故や災害の発生時の危機管理に係る具体的な対応が示されているか。

10

植物・施設(トイレなどを含む)等の維持管理を適正に実施できる具体的な計画が立てられているか。

5

管理に係る経費の縮減効果(又は収益性の確保)

県が想定した参考金額をどの程度下回っているか。

15

15

 

事業計画書に沿った管理を安定して行うために必要な能力(人員、財政的基盤等)を有しているか。(指定手続条例第3条第3号)

収支計画の内容、適格性及び実現の可能性

収入、支出の積算と事業計画の整合性は図れているか。※1

35

5

収支計画の実現可能性はあるか。

また、一般管理費の算出方法は適切か。※2

5

安定的な運営が可能となる人的能力

業務を円滑に推進できる職員の配置や業務分担がなされているか。

職員の指導育成、研修体制は十分か。

職員採用が必要な場合の方策は適切か。※3

10

安定的な運営が可能となる財政的基盤

財務状況は健全であり、業務を確実に行える経営的に安定した団体であるか。※4

10

類似施設の運営実績

施設の管理にどの程度実績があり、良好な管理運営できる可能性はどうか。

5

その他

地域貢献

物品・役務の地元調達が計画されているか。

近隣住民や近隣施設等との連携による地域活性化や、地域での取組への貢献が期待できるか。

10

5

地域の美化、防犯・防災、災害復旧の活動が計画されているか。

5

合計

 

100

※1、※2、※3、※4 次に該当する場合は、選定の対象外とします。
意見聴取した外部有識者等の過半数が0点の採点をし、選定委員会がこれを適切と認めた場合。
※1、※2、※3、※4 内容精査のため、県が必要と認める場合は、追加資料の提出を求めることがあります。

グループ応募に係る団体審査基準

選定基準

審査項目

審査内容

配点

事業計画書に沿った管理を安定して行うために必要な能力(人員、財政的基盤等)を有しているか。(指定手続条例第3条第3号)

グループで応募する団体に係る確認事項

グループの設立の経緯は明らかになっているか。

10

グループ応募する必要性・理由は妥当なものか。

10

構成団体の役割分担及び責任分担は明らかになっているか。

10

構成団体の人員配置は妥当であるか。

10

各団体の経費配分は妥当であるか。

10

※各項目の必要点数は5点以上とし、かつ、合計の点数が35点以上で適格とします。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:県土整備部公園緑地課県立公園室

電話番号:043-223-3930

ファックス番号:043-222-6447

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?