ここから本文です。

更新日:令和元(2019)年9月18日

ページ番号:7024

藤原式水車

7世紀には、わが国でも水車を利用していたが、千葉県養老川(ようろうがわ)、小櫃川(おびつがわ)、小糸川(こいとがわ)地域の河川で明治(1890年ごろ)から昭和初期(1930年頃)まで使用されていた「藤原式水車」は、動力用水車とシラベ車(環連車)を巧みに組み合せた揚水車の中でも最大規模の揚程(最大20m)を誇るものでした。
藤原式水車は、水車大工の藤原治郎吉が発明し、明治12年(1879年)に市原市池和田に設置しました。その後、千葉県を中心に普及し群馬県や熊本県にも設置されました。

藤原式水車1

藤原式水車2

藤原式水車3

市原市池和田の藤原式水車

 

お問い合わせ

所属課室:農林水産部耕地課事業計画室

電話番号:043-223-2859

ファックス番号:043-225-3789

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?