ここから本文です。

更新日:令和元(2019)年9月18日

ページ番号:7022

板羽目堰

板羽目堰は、明治から大正年間にかけて養老川下流に普及した角材を支柱にして厚板を羽目板に用いた木製の堰止め施設です。

板羽目堰

大正年間に改良され洪水時には両岸の桟木を打ち払うだけで堰は水圧で倒壊できるようになりました。支柱、板などの全ての部材に金具が付いていて、各部材が鎖とロープで連結されているので、各部材は流出されず洪水後、再び組み立てることが可能となりました。
千葉県の西広板羽目堰(市原市)は、その機能と技術が継承されています。

板羽目堰断面図及び平面図

堰の組立作業

堰の組立作業

堰転倒の瞬間

堰転倒の瞬間

お問い合わせ

所属課室:農林水産部耕地課事業計画室

電話番号:043-223-2859

ファックス番号:043-225-3789

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?