ここから本文です。

更新日:令和元(2019)年6月20日

農業農村整備事業の現地見学会

千葉県では、将来を担う若者に農業農村の魅力を発信するとともに、地域を支える施設の役割や重要性を理解してもらうため、農業農村整備事業に興味のある高校生・大学生・大学院生等を対象に、現地見学会を開催しています。令和元年度は8月27日(火曜日)に長生地域で開催します。

平成30年度の現地見学会について

平成30年9月4日に大学生12名が参加し、開催されました。

平成30年度は、千葉農業事務所及び山武農業事務所管内において土地改良事業で整備した、1.ほ場の大区画化、汎用化(篠本新井地区)、2.両総地域への用水の安定供給(両総用水)、3.地区内の湛水被害を防止(蓮沼2期地区)、4.受益地内への用水の安定供給(三和養老地区)、の4地区を見学しました。

見学会の様子

経営体育成基盤整備事業ー篠本新井地区(横芝光町)

篠本新井

高台から大区画化ほ場を見学しました。

フォアス

地下水位制御システム(フォアス)により乾田化が図られたほ場を見学しました。

両総用水第2揚水機場(横芝光町)

両総第2

両総用水施設のうち栗山川から南部幹線用水路へ送水する施設を見学しました。

湛水防除事業ー蓮沼2期地区(横芝光町)

蓮沼

地区内の湛水被害を防止するために整備した東部排水機場(写真は除塵機)を見学しました。

経営体育成基盤整備事業ー三和養老地区(市原市)

堰倒伏前

堰倒伏後

地元土地改良区の御協力で養老堰(ゴム堰)の倒伏状況を見学できました。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:農林水産部耕地課事業計画室

電話番号:043-223-2859

ファックス番号:043-225-3789

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?