千葉県Chiba Prefectural Government

文字サイズ
拡大
縮小
色合いの変更
標準
1
2
3

ここから本文です。

Foreign Languages > 新型(しんがた)コロナウイルスの病気(びょうき)について

更新日:令和2(2020)年5月12日

新型(しんがた)コロナウイルスの病気(びょうき)について

新型(しんがた)コロナウィルスの病気(びょうき)は、ウイルスが原因(げんいん)のかぜです。

熱(ねつ)があるとき、のどが痛(いた)いとき、1週間(しゅうかん)くらいせきが続(つづ)くことがあります。からだが重(おも)いことが多(おお)いです。

うつってから病気(びょうき)になるまでは、1日(にち)から12日(ひ)くらいです。

相談(そうだん)する前(まえ)、病院(びょういん)へ行(い)く前(まえ)にすること

  • 熱(ねつ)があるとき、かぜをひいたときのようになっているときは、学校(がっこう)や会社(かいしゃ)を休(やす)み、外(そと)へ出(で)ない。
  • 熱(ねつ)があるとき、かぜをひいたときのようになっているときは、体温(たいおん)を測(はか)っておく。
  • 糖尿病(とうにょうびょう)や心臓(しんぞう)の病気(びょうき)がある人(ひと)や、他(ほか)の病気(びょうき)が心配(しんぱい)な人(ひと)は、いつも行(い)っている病院(びょういん)に電話(でんわ)で相談(そうだん)する。

相談(そうだん)する

次(つぎ)のようなときは、帰国者(きこくしゃ)・接触者(せっしょくしゃ)相談(そうだん)センター相談(そうだん)する。

(1)息(いき)が苦(くる)しい、体(からだ)がとても疲(つか)れている、高(たか)い熱(ねつ)があるとき。

(2)他(ほか)に病気(びょうき)がある人(ひと)で、少(すこ)しの熱(ねつ)や咳(せき)などがあるとき。

※他(ほか)に病気(びょうき)がある人(ひと):お年寄り(おとしより)、糖尿病(とうにょうびょう)、心臓(しんぞう)などの病気(びょうき)のある人(ひと)、透析(とうせき)を受(う)けている人(ひと)、免疫(めんえき)を抑(おさ)える薬(くすり)やがんの薬(くすり)を使(つか)っている人(ひと)

(3)(1)、(2)以外(いがい)で、かぜのような症状(しょうじょう)(熱(ねつ)、せき、くしゃみ、息(いき)が苦(くる)しいなど)があるとき。

(4日以上(よっかいじょう)続(つづ)くときは、必(かなら)ず相談(そうだん)してください。熱(ねつ)を下(さ)げる薬(くすり)を飲(の)み続(つづ)けている人(ひと)も同(おな)じです。)

 <妊娠(にんしん)している人(ひと)>

お腹(なか)に赤(あか)ちゃんがいる人(ひと)は、ひどくなりやすいので、早(はや)く相談(そうだん)する。

<子(こ)どもがいる人(ひと)>

子(こ)どもは、子(こ)どもをみる病院(びょういん)へ相談(そうだん)するのがよいので、いつも行(い)っている病院(びょういん)か、相談(そうだん)センターへ相談(そうだん)する。

帰国者(きこくしゃ)・接触者(せっしょくしゃ)相談(そうだん)センター(日本語(にほんご))

熱(ねつ)がある人(ひと)、心臓(しんぞう)などに症状(しょうじょう)がある人(ひと)が病院(びょういん)へ行(い)く必要(ひつよう)があるかを相談(そうだん)できます。日本語(にほんご)です。

外国語(がいこくご)で相談(そうだん)できる窓口(まどぐち)

新型(しんがた)コロナウイルス多言語(たげんご)相談(そうだん)センター外部サイトへのリンク

AMDA国際医療情報(こくさいいりょうじょうほう)センター。英語(えいご)、中国語(ちゅうごくご)、韓国語(かんこくご)、スペイン語、タイ語、ポルトガル語、フィリピノ語、ベトナム語で相談(そうだん)できます。

外国人旅行者(がいこくじんりょこうしゃ)向(む)けコールセンター(JNTO)( External link )

日本政府観光局(にほんせいふかんこうきょく)(JNTO)のコールセンターです。英語(えいご)、中国語(ちゅうごくご)、韓国語(かんこくご)、日本語(にほんご)で相談(そうだん)できます。

JNTOコールセンター ”Japan Visitor Hotline”(PDF:497KB)

TEL:050-3816-2787

病院(びょういん)へ行(い)くとき

帰国者(きこくしゃ)・接触者(せっしょくしゃ)相談(そうだん)センターに電話(でんわ)をすると、病院(びょういん)へ行(い)く必要(ひつよう)があるか、どの病院(びょういん)に行(い)ったらいいかを教(おし)えてくれます。

病院(びょういん)へいくときは、マスクをして、よく手(て)を洗(あら)い、咳(せき)やくしゃみをするときは、マスクやティッシュ、ハンカチ、袖(そで)で、口(くち)や鼻(はな)を押(お)さえましょう。

県民(けんみん)の皆(みな)さまへ

マスクをして、よく手(て)を洗(あら)いましょう。いつもの病気(びょうき)のときと同(おな)じです。

気(き)をつけること

  • 外(そと)から帰(かえ)ったときや、料理(りょうり)をするときなどは、消毒(しょうどく)する薬(くすり)で手(て)を洗(あら)いましょう。
  • 咳(せき)をするときに、手(て)で口(くち)や鼻(はな)を押(お)さえると、手(て)にウイルスがつきます。さわったものにウイルスがついて、病気(びょうき)がうつります。咳(せき)エチケットを守(まも)りましょう。
  • 人(ひと)がたくさんいるところに行(い)かないようにしましょう。

病気(びょうき)にならないためにできること(感染症対策)(PDF:1,018KB)(首相官邸)

ほかの人(ひと)にうつさないために(咳(せき)エチケット・(PDF:984KB)手洗い(PDF:953KB)(首相官邸)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。