• 病院紹介
  • 病院ご利用案内
  • 診療科・部門紹介
  • 採用情報
  • 地域医療連携室

ここから本文です。

更新日:平成31(2019)年3月18日

臨床指標:患者満足度、診療の質、経営指標

患者満足度

14-1.医師看護師とのコミュニケーション満足度

定義・説明

受診した患者満足度の指標。5段階のうち、やや満足または満足との回答の割合。

計算方法

「満足・やや満足の総回答数」÷「満足・やや満足・ふつう・やや不満・不満の総回答数」×100

過去5年の比較
区分 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年

医師看護師とのコミュニケーション満足度

75.6%

79.1%

75.8%

85.6%

90.6%

14-2.医療サービス全体に対する満足度(やや満足以上の割合)

定義・説明

受診した患者満足度の指標。5段階のうち、やや満足または満足との回答の割合。

計算方法

「満足・やや満足の総回答数」÷「満足・やや満足・ふつう・やや不満・不満の総回答数」×100

過去5年の比較
区分 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年

医療サービス全体に対する満足度(やや満足以上の割合)

72.5%

74.2%

77.5%

79.6%

86.6%

15.外来患者の院内滞在時間(ただし、新患をのぞく)

定義・説明

外来診療における待ち時間短縮の取り組み結果の指標のひとつ。

計算方法

[再来患者の受け付けから会計終了までの総時間数]÷「予約再来患者数+単科受診患者数+入院しない患者数」

過去5年の比較
区分 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年

外来患者の院内滞在時間(ただし、新患をのぞく)

94.8分

93.1分

90.4分

94.0分

91.1分

ページの先頭へ戻る

診療の質

16.院内蘇生症例自己心拍再開率(ICU入室症例)

定義・説明

救命救急医療の質を表す指標

計算方法

「ROSC(自己心拍再開)が得られた件数」÷「JNRCPRに登録した蘇生症例数」×100

過去5年の比較
区分 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年

院内蘇生症例自己心拍再開率(ICU入室症例)

41.7%

78.1%

64.0%

80.0%

80.0%

17.救急車受け入れ数

定義・説明

救急医療が確保されていることを示す指標。

計算方法

救急車受け入れ実数

過去5年の比較
区分 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年

救急車受け入れ数

1,027件

1,042件

1,062件

979件

1,000件

18.予定外入院率

定義・説明

小児救急を担う施設の役割の大きさを表す指標

計算方法

「予定外入院」÷「総退院患者数」×100

過去5年の比較
区分 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年

予定外入院率

39.5%

39.2%

40.5%

36.4%

35.2%

ページの先頭へ戻る

19.緊急再入院率(退院4週間以内の予期せぬ入院)

定義・説明

初回入院時の治療が不十分あるいは、早期退院を強いていないかなどを表す指標

計算方法

「退院後4週間以内の予期せぬ再入院患者数」÷「総退院患者数」×100

2016年度より退院6週間以内→退院4週間以内に変更。

過去5年の比較
区分 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年
緊急再入院率(退院6週間以内の予期せぬ入院)

0.3%

0.6%

0.4%

5.5%

4.9%

20.死亡症例検討会検討症例率

定義・説明

死亡例に対する院内公開カンファレンス実施への取り組みについての指標。

計算方法

「死亡症例検討会検討症例数」÷「死亡症例数」×100

過去5年の比較
区分 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年

死亡症例検討会検討症例率

100.0%

100.0%

100.0%

100.0%

100.0%

21-1.病理解剖実施件数

定義・説明

死亡原因解明への取り組み結果についての指標のひとつ。

計算方法

病理解剖件数

過去5年の比較
区分 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年

病理解剖実施件数

3件

2件

1件

1件

1件

ページの先頭へ戻る

21-2.病理解剖実施率

定義・説明

計算方法

「病理解剖実施数」÷「死亡症例数」×100

過去5年の比較
区分 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年

病理解剖実施率

13.0%

6.7%

3.3%

5.9%

5.6%

22-1.オートプシーイメージング(Ai)件数

定義・説明

Ai(オートプシー・イメージング=死亡時画像診断)とは、CTやMRI等の画像診断装置を用いてご遺体を検査し、死因究明等に役立てる検査手法です。

日本Ai学会外部サイトへのリンクのサイトより引用改変)

計算方法

オートプシーイメージングの実施件数

過去5年の比較
区分

2013年

2014年 2015年 2016年

2017年

オートプシーイメージング件数

7件

6件

10件

3件

7件

22-2.オートプシーイメージング実施率

定義・説明

計算方法

オートプシーイメージングの実施件数」÷「死亡症例数」×100

過去5年の比較
区分 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年

オートプシーイメージング実施率

30.4%

20.0%

33.3%

17.6%

38.9%

ページの先頭へ戻る

経営指標

23.常勤看護職員離職率(日本看護協会算出法による)

定義・説明

働きやすい魅力ある職場環境を提供できているかを表す指標。

計算方法

看護師総数=(年度当初の在籍職員数+年度末の在籍職員数)/2

過去5年の比較
区分 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年

常勤看護職員離職率

10.9%

9.0%

5.9%

6.8%

6.2%

24.血液製剤廃棄率(合計)

定義・説明

血液製剤の適正使用の状況を表す指標

計算方法

「廃棄単位数」÷「入庫単位数」×100

過去5年の比較
区分 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年

血液製剤廃棄率

2.0%

3.5%

3.3%

4.9%

2.8%