• 病院紹介
  • 病院ご利用案内
  • 診療科・部門紹介
  • 採用情報
  • 地域医療連携室

ここから本文です。

更新日:令和4(2022)年8月23日

精神科

精神科とは精神科の特徴主な疾患と治療医師紹介外来担当表診療実績論文・書籍・メディア医療従事者の方々へ患者さんとそのご家族へ

精神科とは

少子化の時代ですが、こどもを取り巻く環境は厳しさを増し、心の変調をきたしやすい時代とも言えます。通われているお子さんの多くも、精神病と言うよりは個性や生育環境が要因での困難さを抱えた方たちです。様々な悪条件やストレスを乗り越え、明日の日本を背負って立つ頼もしい人材へと健やかに育つよう、皆さまをお手伝いしたいと考えています。

精神科の特徴

常勤医師2名、常勤公認心理師2名(他、非常勤医師や非常勤公認心理師など)が協働しています。他科や近隣開業小児科、保健センター、教育機関、福祉機関、行政機関などとの連携も盛んです。一般的な知能・発達検査の他、自閉傾向や読み書きに関する検査、性格や行動特性、心理状態を調べる検査など、多彩な検査が可能です。薬物治療、非薬物治療のどちらにも対応していますし、小中学生の悩み相談、親御さんの子育て相談にもある程度お応えする準備があります。

主な疾患と治療

発達障害(自閉スペクトラム症、注意欠如多動症、学習障害など)やいわゆる神経症(心因性視聴覚障害、身体症状症など)、チックや不登校などの行動・行為面の困りごと等について、ご相談に応じます。摂食障害については、入院治療も行っております。

医師紹介

部長

 氏名

安藤 咲穂

 略歴

得意・興味のある分野

 専門医など

  • 精神保健指定医
  • 日本精神神経学会精神科専門医・指導医
  • 日本児童青年精神医学会認定医
  • 子どものこころ専門医

医長

 氏名

冨田 陽子

 略歴

得意・興味のある分野

 専門医など

  • 精神保健指定医
  • 日本小児科学会専門医
  • 日本小児精神神経学会認定医

 外来予定表

区分

診察室
 

午前

安藤

焼田

富田・安藤

安藤・富田

冨田・矢幅

午後

安藤

矢幅

冨田・安藤 安藤・富田 冨田・矢幅

(※)精神科の新規予約は、毎月1日(休診日の場合は次の診療日)午前9時より、翌月1か月分の予約を受付いたします。予約が埋まり次第、その月の受付を終了いたします。

予約専用電話043-292-2796

代表電話・FAX等での受付は行っておりませんのご了承ください。

 治療実績

入院治療は摂食障害のみお受けしております。

【2020年度精神科新患統計】
性別 合計
年齢区分 就学前 小1 小4 中学生 中卒~ 18歳~ 就学前 小1 小4 中学生 中卒~ 18歳~
診断名 18歳 20歳 18歳 20歳
小3 小6 未満 未満 小3 小6 未満 未満
F0症状性を含む器質性精神障害

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0.0

F1精神作用物質による精神及び行動の障害

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0.0

F2精神分裂病、分裂病型障害及び妄想性障害

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0.0

F3気分(感情)障害

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

4

0

0

4

4

2.7

F4神経症性障害

F40恐怖症性不安障害

0

0

0

0

0

0

0

0

0

1

0

0

0

1

1

0.7

F41他の不安障害

0

0

1

1

0

0

2

0

0

0

0

0

0

0

2

1.3

F42強迫性障害

0

0

0

1

0

0

1

1

0

0

1

0

0

2

3

2.0

F43重度ストレス反応

2

1

3

3

0

0

9

0

2

5

4

0

0

11

20

13.3

F44解離性障害

0

0

1

0

0

0

1

0

2

0

0

0

0

2

3

2.0

F45身体表現性障害

0

1

1

3

0

0

5

0

1

1

4

0

0

6

11

7.3

F48その他

2

1

1

4

0

1

9

1

2

4

1

0

0

8

17

11.3

F5生理的障害及び・・

F50摂食障害

0

1

1

1

0

0

3

0

0

6

6

0

0

12

15

10.0

F50以外

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0.0

F6成人の人格及び行動の障害

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0.0

F7精神遅滞

3

1

0

0

0

0

4

4

0

0

0

0

0

4

8

5.3

F8心理的発達の障害

F84広汎性発達障害

10

4

2

2

0

0

18

4

2

3

1

0

0

10

28

15.4

F84以外

3

2

0

1

0

0

6

0

0

0

1

0

0

1

7

3.8

F9行動及び情緒の障害

F90多動性障害

5

10

6

2

0

0

23

0

3

4

0

0

0

7

30

20.0

F91行為障害

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0.0

F92混合性障害

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0.0

F93情緒障害

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0.0

F94・・・社会的機能障害

1

1

0

0

0

0

2

0

2

0

0

0

0

2

4

2.7

F95チック障害

2

1

2

0

0

0

5

0

0

0

1

0

0

1

6

4.0

F98その他

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0.0

F99特定不能

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0.0

G40てんかん

 

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0.0

その他

 

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0.0

合計

 

30

20

16

15

0

1

82

10

13

23

22

0

0

68

150

100.0

(2020年4月1日~2021年3月31日】

論文・書籍・メディア

メヂカルフレンド社:新体系 看護学全書 精神看護学(2)「精神障害をもつ人の看護」

茨城いのちの電話:第96号2018年4月「児童虐待-心と行動に及ぼす影響」

千葉県医師会広報課:ミレニアム第59号~64号「こどもの心と大人の社会」

医療従事者の方々へ

外来への紹介に際し、なかなか予約が取れないというご迷惑をおかけしており、大変申し訳ありません。精神科は1回の診療に時間がかかり、既に状況を把握している再来患者さんだけでも一日30人程度で手いっぱいです。また、患者さんが一度受診されると数年にわたって通院される場合がほとんどですので、受け持ち患者さんは増える一方とも言えます。こうした事情をどうかご理解ください。

しかし、急ぐべき患者さんがいらっしゃるのも事実です。その場合、直接医師に電話でご連絡ください。

入院は、摂食障害の患者さんのみお受けすることにしています。当院の病床は全て小児科病床(届け出)なので、精神保健福祉法のいう医療保護入院などはお引き受けできないことも理由の一つです。ご注意ください。

研修をご希望の若い先生方には、千葉県立病院群レジデント制度がございます。詳細は専用Webページをご覧ください。

患者さんとその御家族へ

新規の受診は、中学生までのお子さんとさせていただきます(継続の方はその後も通院いただけます)。

初診予約はお電話で受け付けておりますが、毎月最初の開院日の朝9時から、翌月分の予約のみ承っております。予約が取りにくい状況が発生しているかと思われますが、ご迷惑をおかけして申し訳ございません。お急ぎの際は、紹介状を書いて下さるかかりつけの先生にご相談ください。

何らかの事情でお子さんご本人が来院できない場合、親御さんだけの受診でも構いません。お話しの内容から、考え得る診断と当面の対処法について、ご一緒に検討させていただきます。

お子さんが来院された場合でも、ご希望に応じて個別にお話をお伺いすることが可能です。ただし、その場合特にご本人が不信感を抱いたり、逆にご本人に問題意識が生まれず治療に協力していただけなかったりする可能性もございます。この辺りは医師の判断で臨機応変に対応いたしますので、それとなくご相談いただければ幸いです。