• 病院紹介
  • 病院ご利用案内
  • 診療科・部門紹介
  • 採用情報
  • 地域医療連携室

ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年5月29日

こども・家族支援センター業務紹介

さまざまな業務を行っています。その一部を紹介します

かるがも早期支援システム

平成28年度からかるがも早期支援システムを導入しています。

看護師が入院前からお子様とご家族の情報をお聞きすることで、支援が必要な場合には早期から関係職種と連携して、入院、退院、在宅と継続した支援に取り組んでいます。

また、病棟看護師や外来看護師と一緒に入院中やご自宅での生活に、必要な医療ケアの指導や相談に対応しています。

かるがも早期支援システムとは

入院前から患者と家族が安心して医療を受けられるよう、一人ひとりの状況を身体的、精神的、社会的な背景から把握し、入院前から退院まで多職種で一貫した支援を早期からマネージメントし、地域で生活することを支援システム。

きょうだい預かり

当院では13歳未満のごきょうだいは病棟内に入ることができません。そのため、ご家族が安心して入院中のお子様と面会できるように「きょうだい預かり」を行っています。

きょうだい預かりを実施する日にボランティアさんの協力によりお一人につき1時間ごきょうだいをお預かりすることができます。

実施日時、お預かりできるお子様の人数、申し込み方法については、事務局にご連絡いただくか院内の掲示をご覧ください。※掲示は1階食堂前など数か所にあります。

院内TV電話を使った面会支援

院内感染予防対策として、病棟内へ入れるご家族には、年齢制限などがあります。

そこで、長期入院(概ね1か月以上)中のお子様とそのご家族を対象に、専用院内TV電話を利用して、両親・祖父母以外のご面会の方、13歳未満のお子様とは遠隔画面での面会ができるようになっています。

利用方法、実施日時、申し込み方法については、事務局にご連絡いただくか院内の掲示をご覧ください。
※掲示は1階食堂前など数か所にあります。


私たちが、こども達とご家族の支援にあたっています