• 病院紹介
  • 病院ご利用案内
  • 診療科・部門紹介
  • 採用情報
  • 地域医療連携室

ここから本文です。

更新日:令和3(2021)年6月9日

教育・研修

教育目的・教育目標

教育目標

  1. 千葉県こども病院の使命と役割を理解し、組織の一員として行動できるよう育成する。
  2. 小児専門病院として、質の高い看護を実践できる能力を育む。
  3. 専門職業人として常に自己研鑽し、社会の変革に目を向けられる自律した看護師を育成する。
  4. 医療チームの中でリーダーシップが発揮できる看護師を育成する。

教育目標

  1. こども病院の看護師としての役割を認識し、責任と自覚をもって行動できる。
  2. 小児の成長発達を支援し、安全・安楽を考えた看護を提供できる。
  3. コミュニケーション能力を高め、患者・家族及び医療チームと望ましい対人関係がとれる。
  4. 医療チームの中でリーダーシップを発揮できる。
  5. 看護の実践を通して、研究的態度を養い、問題解決ができる。
  6. 看護実践能力を高めるため、主体的な自己研鑽を継続できる。

新人看護師への教育の関わり方

1)看護方式PNSの導入と実践を展開
2)臨床の看護師の教育指導により、学校で学んだ基礎的看護技術を現場で実践できる技術につなげる
3)採用初期から、千葉県立病院群6施設の共同企画を展開し施設間の交流を図る
4)高度実践看護師(専門看護師・認定看護師)の技術・知識に触れるよう多彩な研修計画を展開する
5)高度実践看護師(専門看護師・認定看護師)との協働の機会を持つ

看護研修画像3

看護研修画像4

 

看護研修画像1

看護研修画像2

 

キャリア開発支援

千葉県立看護職員キャリアパスとは、千葉県立看護職員としての能力開発の道筋を示すものであり、千葉県立看護職員クリニカルラダー(臨床実践能力段階別到達目標)により最終的に県立病院の求める看護師像として、以下の4点をめざしている。

  • 千葉県職員・専門職業人として高い倫理観のある看護師
  • 専門職業人として生涯学習できる看護師
  • 看護の専門能力の開発を目指せる看護師
  • 県立病院の医療・看護の発展に貢献できる看護師

(1)クリニカルラダーの概要

レベルIからレベルVまでの5段階を設定しており各段階の職務目的は以下の通りである。

レベルI(新人):専門職業人としての基本的な知識・技術・態度を習得する

レベルII(一人立ち):確実な看護技術を習得して主体的に看護を実践する

レベルIII(一人前):看護実践において適切な看護サービスを提供する

レベルIV(ジェネラリストI):実践モデルとなり、リーダーシップを発揮して質の高い看護サービスを提供し、部署の目標達成を推進することができる

レベルV(ジェネラリストII):教育的役割を担い、優れた看護実践能力を用いて看護の質向上に寄与する

(2)臨床実践能力の構成

下記の5項目で構成されている。

 

<1>看護サービスの実践能力<2>マネジメント能力<3>人間関係能力<4>教育能力<5>研究能力

レベル別教育プログラム

看護レベル別

画像は圧縮されています。詳細は下記リンクのPDFファイルをご覧ください。

レベル別教育プログラムPDF(PDF:146KB)

新卒新人看護師の一年間

一年

画像は圧縮されています。詳細は下記リンクのPDFファイルをご覧ください。

新卒新人看護師の一年間PDF(PDF:131KB)