ここから本文です。

更新日:平成27(2015)年11月13日

千葉県東総文化会館指定管理者(候補者)の選定結果について(平成28~32年度)

1選定結果

概要

指定管理者
候補者

千葉県千葉市中央区市場町11番2号

公益財団法人 千葉県文化振興財団

予定指定期間

平成28年4月1日~平成33年3月31日(5年間)

提案の概要

  • 管理運営の基本方針

文化振興に長くかかわってきた経験をもとに、地域に根差した特色ある会館運営と、文化芸術の持つ力による地域振興に取り組む。

  • 利用者増・サービスの向上

リピーターを増やし新たな利用者を開拓するため、地域の文化資源を活用した伝統文化関連事業や、参加型の文化公演事業や舞台鑑賞事業などの多彩な事業を実施する。

  • 費用対効果

補助金の積極的な活用や、企業との協力や財団のネットワークを活かして複数館で文化講演会を実施することや、また県内の多様な施設と連携した広報活動を展開することで経費の削減を図る。

  • 団体の安定性

複数の専門資格を持った常勤職員を各部門に配置し、サービス・広報、文化振興事業、舞台運営の各業務を相互に応援する体制で会館運営を行う。

  • 地域への貢献

若い世代に芸術文化への興味を引き出すアウトリーチ活動により、地域と県民とホールが一体となって地域振興を図る事業を実施する。

選定理由

利用者の増加やサービスの向上を図る手法、管理運営能力、地域への貢献等のいずれの審査項目についても十分な水準にあると評価されることから、総合的に判断し当該団体を選定した。

応募者数 1団体

2評価点数

(1)必須項目の審査
審査内容 配点

公益財団法人

千葉県

文化振興財団

選定

施設の設置目的を理解しているか

3

2.6

県が示した管理の方針と事業者が提案した運営方針が合致するか

3

2.4

経営理念やコンプライアンスの取組等、団体の経営モラルは適切か

3

2.2

事業内容等が一部の県民、団体に対して不当に利用を制限又は優遇するものではないか

3

2.2

社会的弱者へ配慮されているか

3

2.4

個人情報保護のための適切な措置が取られているか

3

2.2

必須項目小計

18

14.0

※「1点」を標準とし、優れたものについては特に加点。各項目とも3点満点。標準に満たない場合は0点。意見聴取した外部有識者等の過半数が0点を付けた審査内容があり、選定委員会がこれを適切な評価と認めた場合は失格。

(2)一般項目の審査
審査内容 配点

公益財団法人

千葉県

文化振興財団

選定

年間の広報計画の内容は適切か(情報発信、利用拡大の取組は適切か)

2

1.4

利用者増加への取組内容は適切か(利用者のニーズの把握、苦情への対応は十分なされる体制となっているか)

3

2.0

地域、関係機関、ボランティア等との連携が図れているか(市町村文化施設、市民やNPOなど)

2

1.2

県の施策を理解し、募集要項に示した内容への提案が適切なものか

3

2.2

県民が質の高い芸術文化に接する機会を提供できるか

3

2.2

県民参加型の芸術文化公演企画や、事業の企画に県民参加を図る方策を考えているか

3

2.2

青少年及び新進芸術家を育てる事業が企画されているか(千葉県文化会館については、千葉県少年少女オーケストラの活用が図られているか)

3

2.4

伝統文化の普及・振興を図っているか(青葉の森公園芸術文化ホールについては、能舞台の活用が図られているか)

3

1.6

地域で活躍するアマチュア団体の活動を活性化させるプランや人材育成のプログラムを持っているか

3

2.4

文化会館のギャラリーの運営は適切か

3

1.8

文化会館の特性を活かした発展的な提案が盛り込まれているか

3

2.2

芸術文化に県民が関心を持つような啓発的な提案があるか

3

2.0

求めている内容が事業計画書で提案されているか

2

1.2

施設管理・安全管理・危機管理は適切か

2

1.8

維持管理は効率的に計画されているか

2

1.2

県が想定した参考金額を下回っているか、また見積額の比較はどうか

10

1.0

経費の縮減に向けた工夫は適当か

15

7.4

収入、支出の積算と事業計画の整合性は図れているか

2

1.2

収支計画の実現可能性はあるか

2

1.2

販売費及び一般管理費の額は適正か

2

1.2

事業を企画する職員の配置が十分か

3

2.4

ホールの運営(舞台、照明、音響)体制は適切か

3

2.4

勤務体制の機動的・機能的な運営が図られているか

3

2.4

専門的技術を有するスタッフ確保の方策は適切か

3

2.4

職員の指導育成、研修体制は十分か

3

2.6

団体の財務状況は健全か

2

1.4

金融機関、出資者等の支援体制は十分か

2

1.4

実績からして、本件施設を良好に管理運営できる可能性はどうか

2

1.8

地域の文化的な特徴を活かした地域の活性化や地域振興などに貢献する事業の提案がなされているか

5

2.6

東京オリンピック・パラリンピックを契機に本県に訪れる人々に対し、芸術文化活動を通して地域の魅力を発信し、地域振興に寄与する取組みが提案されているか

3

1.4

一般項目小計

100

60.6

合計(必須項目+一般項目)

118

74.6

 

(3)指定管理者選定委員会委員

区分

氏名

役職

委員長

遠山 誠一

千葉県環境生活部長

委員

戸部 知子

千葉県環境生活部生活安全・有害鳥獣担当部長

委員

半田 徹也

千葉県環境生活部次長

委員

大竹 毅

千葉県環境生活部次長

委員

生駒 昌弘

千葉県環境生活部環境対策監

委員

冨塚 昌子

千葉県環境生活部環境政策課長

委員

工藤 智子

千葉県環境生活部大気保全課長

委員

森 美則

千葉県環境生活部水質保全課長

委員

伊藤 亮一

千葉県環境生活部自然保護課長

委員

櫻井 博幸

千葉県環境生活部循環型社会推進課長

委員

葉岡部 循一

千葉県環境生活部廃棄物指導課長

委員

野溝 慎次

千葉県環境生活部生活安全課長

委員

小澤 誠一

千葉県環境生活部県民生活・文化課長

※委員長である遠山環境生活部長が申請団体の役員であり、審査に関する議事に参与することができないため、半田次長を職務代理者に指名した。

 

(4)選定審査にあたり意見聴取した外部有識者等

氏名

役職等

神野 真吾

千葉大学教育学部准教授

伊藤 久幸

新国立劇場技術部長

牧野 勇次

日本公認会計士協会千葉県会副会長

吉原 廣

特定非営利活動法人いちかわ市民文化ネットワーク代表理事

服部 驍

千葉交響楽団協会理事長

 3.審査基準

(1)必須項目の審査
選定基準 審査項目 審査内容 配点
事業計画書の内容が県民の平等な利用を確保することができるものであるか
(指定手続条例第3条第1号)
施設の設置目的及び県が示した管理の方針 施設の設置目的を理解しているか

3

県が示した管理の方針と事業者が提案した運営方針が合致するか

3

運営理念やコンプライアンスの取組等、団体の経営モラルは適切か

3

平等な利用を図るための具体的な手法及び期待される効果 事業内容等が一部の県民、団体に対して不当に利用を制限又は優遇するものではないか

3

社会的弱者へ配慮されているか

3

個人情報の取り扱いは適正か 個人情報保護の取り組み 個人情報保護のための適切な措置がとられているか

3

必須項目小計

18

※「1点」を標準とし、優れたものについては特に加点。各項目とも3点満点。標準に満たない場合は0点。意見聴取した外部有識者等の過半数が0点を付けた審査内容があり、選定委員会がこれを適切な評価と認めた場合は失格。

(2)一般項目の審査
選定基準 審査項目 審査内容 配点
事業計画書の内容が、当該公の施設の効用を最大限に効果的に効率的に発揮させるものであるか。
(指定手続条例第3条第2号)
利用者の増加を図るための具体的手法及び期待される効果 年間の広報計画の内容は適切か
(情報発信、利用拡大の取組は適切か)

2

利用者増加への取組内容は適切か
(利用者のニーズの把握、苦情への対応は十分なされる体制となっているか)

3

地域、関係機関、ボランティア等との連携が図れているか
(市町村文化施設、市民やNPOなど)

2

サービスの向上を図るための具体的手法及び期待される効果 県の施策を理解し、募集要項に示した内容への提案が適切なものか

3

県民が質の高い芸術文化に接する機会を提供できるか

3

県民参加型の芸術文化公演企画や、事業の企画に県民参加を図る方策を考えているか

3

青少年及び新進芸術家を育てる事業が企画されているか
(千葉県文化会館については、千葉県少年少女オーケストラの活用が図られているか)

3

伝統文化の普及・振興を図っているか
(青葉の森公園芸術文化ホールについては、能舞台の活用が図られているか)

3

地域で活躍するアマチュア団体の活動を活性化させるプランや人材育成のプログラムを持っているか

3

文化会館のギャラリーの運営は適切か

3

文化会館の特性を活かした発展的な提案が盛り込まれているか

3

芸術文化に県民が関心を持つような啓発的な提案があるか

3

施設の維持管理の内容、適格性及び実現の可能性 求めている内容が事業計画書で提案されているか

2

施設管理・安全管理・危機管理は適切か

2

維持管理は効率的に計画されているか

2

管理に係る経費の縮減効果(又は収益性の確保) 県が想定した参考金額を下回っているか、また見積額の比較はどうか

10

経費の縮減に向けた工夫は適当か

15

事業計画書に沿った管理を安定して行うために必要な能力(人員、財政的基盤等)を有しているか。
(指定手続条例第3条第3号)
収支計画の内容、適格性及び実現の可能性 収入、支出の積算と事業計画の整合性は図れているか

2

収支計画の実現可能性はあるか

2

販売費及び一般管理費の額は適正か

2

安定的な運営が可能となる人的能力 事業を企画する職員の配置が十分か

3

ホールの運営(舞台、照明、音響)体制は適切か

3

勤務体制の機動的・機能的な運営が図られているか

3

専門的技術を有するスタッフ確保の方策は適切か

3

職員の指導育成、研修体制は十分か

3

安定的な運営が可能となる財政的基盤 団体の財務状況は健全か

2

金融機関、出資者等の支援体制は十分か

2

類似施設の運営実績 実績からして、本件施設を良好に管理運営できる可能性はどうか

2

その他 地域への貢献 地域の文化的な特徴を活かした地域の活性化や地域振興などに貢献する事業の提案がなされているか

5

東京オリンピック・パラリンピックを契機に本県に訪れる人々に対し、芸術文化活動を通して地域の魅力を発信し、地域振興に寄与する取組みが提案されているか

3

一般項目小計

100

合計(必須項目+一般項目)

118

 

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:環境生活部県民生活・文化課文化振興班

電話番号:043-223-2408

ファックス番号:043-221-5858

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?