ここから本文です。

ホーム > くらし・福祉・健康 > くらし > NPO・ボランティア > 東京2020に向けたボランティア関連情報 > 東京2020に向けたスキルアップのための各種講座情報 > 東京2020に向けたボランティアシンポジウム(2018年7月16日開催)~申込受付は終了しました~

更新日:平成30(2018)年8月25日

ページ番号:334

東京2020に向けたボランティアシンポジウム(2018年7月16日開催)~申込受付は終了しました~

開催結果レポートはこちらから(千葉県の東京2020に向けた都市ボランティア募集特設サイトへ)外部サイトへのリンク

チラシダウンロードはこちら(PDF:1,131KB)

いよいよ、この9月から始まるボランティア募集に向けて、オール千葉で大会を成功に導き、最上級のおもてなしで国内外からくる選手や旅行者の皆さんをお迎えするために、ボランティアで参加する方法について一緒に考えましょう。(7月2日まで要申込。申込多数の場合抽選)

このような方必見!
大会ボランティアとして競技運営を様々な活動で支えたい!」
都市ボランティアとして千葉ならではのおもてなしがしたい!」

※参照:大会関連ボランティア(詳細はこちら)

日時・会場

日時

平成30年7月16日(月曜・祝日)

14時00分~16時30分

(受付:13時30分~)

会場

幕張メッセ

国際会議場2階「コンベンションホール」(千葉市美浜区中瀬2丁目1)
※アクセス:JR京葉線海浜幕張駅から徒歩約5分

ページの先頭へ戻る

対象者

学生/社会人、年齢等を問わず、ご関心のある方ならどなたでも

ページの先頭へ戻る

プログラム

※時間は変更となる場合があります。

一覧
14時00分 開会
14時05分 説明:大会ボランティア・都市ボランティアとは、募集情報など
14時25分

基調講演:千葉にオリンピック・パラリンピックがやってくる!~みんなで参加する感動と価値~
講師:太田雄貴(公益社団法人日本フェンシング協会会長、北京・ロンドンオリンピック銀メダリスト)

15時05分

講演(報告):国際スポーツ大会におけるボランティアの意義~平昌冬季オリンピックボランティアの成果と見えた課題を中心に~

講師:朴ジョンヨン(神田外語大学体育・スポーツセンター専任講師/ボランティアセンター・スポーツ通訳ボランティア推進室長)

15時30分 休憩
15時45分

パネルディスカッション:~みんなで参加!東京2020に向けたボランティア~

  • コーディネーター:森村ゆき(RunforSmile株式会社代表/東京マラソン財団オフィシャルボランティアクラブ「VOLUNTAINER」アドバイザー/ちばアクアラインマラソン2012大会及び2014大会ボランティアコーディネータ―)
  • パネリスト:村山浩(日本障がい者バドミントン連盟強化指定選手)
  • パネリスト:蛇沼香野(神田外語大学英米語学科3年、平昌冬季オリンピックでのボランティア経験者)
  • パネリスト:荒井洋子(成田空港案内ボランティア、NPO法人成田空港ボランティア・スカイレッツ会長)
16時30分 閉会

ページの先頭へ戻る

申込方法・申込先

(1)もしくは(2)のいずれかの方法でお申込みください。

~申込受付は終了しました~

(1)ウェブから

パソコンからお申込みの方はこちら

スマートフォンからお申し込みの方はこちら

携帯電話(ガラケー)からお申し込みの方はこちら

(2)郵送・はがき

送付先:

〒260-8667(住所記載不要)千葉県県民生活・文化課ボランティアシンポジウム担当行

以下の情報をお届けください(様式は問いません)。

  1. 氏名・フリガナ
  2. 電話番号
  3. 郵便番号・住所
  4. (ウェブから申し込まれる方のみ)メールアドレス

ページの先頭へ戻る

募集期間

~申込受付は終了しました~

平成30年7月2日(月曜日)まで
※郵送でお申し込みの場合は同日消印有効です。

ページの先頭へ戻る

注意事項

  • すでに定員を超える申込をいただいており、7月2日申込締め切り後、抽選を行います。応募者多数の場合は抽選します。結果は7月5日(木曜日)頃発送します。(ウェブ申込の方にはメールにて、郵送・はがき申込の方には郵送にて、当落に関わらず全員に結果を通知します。)
  • ペア(2名)でお申込みを希望される方は、お連れ様の氏名・フリガナも併せてご提出ください。
  • 結果は(1)で記載の代表者の方にお送りしますので、連絡先情報のお届けは代表者の方のみで構いません。
  • いただいた個人情報は厳重に管理の上、本行事のご案内のみに使用させていただきます。
  • 講座の受講に当たり、障害等の理由により配慮や支援が必要な方は事前にご相談ください。

ページの先頭へ戻る

講師・登壇者プロフィール

基調講演講師

太田雄貴(おおたゆうき)氏

国際フェンシング連盟 理事/公益社団法人日本フェンシング協会 会長

1985年11月25日生まれ、同志社大学出身。
2008年、北京オリンピックにて個人銀メダルを獲得。日本フェンシング界初のオリンピックメダリストとなる。2012年、ロンドン大会にて団体でも銀メダルを獲得。2015年フェンシング世界選手権では日本史上初となる個人優勝を果たすなど、数多くの世界大会で優秀な成績を残す。4大会連続となる2016年リオデジャネイロオリンピックにも出場。2016年には日本人で初めてとなる国際フェンシング連盟 理事に就任。同年に現役引退後、2017年から日本フェンシング協会会長に就任。2020年の東京オリンピックに向けて、日本の顔として日本フェンシング界を牽引していく。

講演(報告)講師

朴ジョンヨン(ぱくじょんよん)氏

神田外語大学体育・スポーツセンター専任講師/ボランティアセンター・スポーツ通訳ボランティア推進室長
韓国ソウル市出身。筑波大学大学院(体育学)を修了し、現在、神田外語大学の専任講師の他、筑波大学や上智大学、早稲田大学にて、非常勤講師、ゲスト講師等にも携わる一方、全国外大連合主催「通訳ボランティア育成セミナー」の教育担当役を務めている。2007年から現在まで132回の国際大会に1,174名のボランティア人材を送り出し、国際大会におけるボランティアの経験が及ぼす学習効果に関する研究を行っている。

パネルディスカッション登壇者

森村ゆき(もりむらゆき)氏
RunforSmile株式会社 代表/東京マラソン財団オフィシャルボランティアクラブ「VOLUNTAINER」アドバイザー/ちばアクアラインマラソン2012大会・2014大会ボランティアコーディネーター
東京マラソンの1回目から2015年まで、ボランティア運営に携わり、育成、研修を行い、ボランティアセンター長を務める。現在は、2019年ラグビーW杯のボランティア運営にコンサルタントとして携わる。2005年から自身もボランティアでPARACUP~未来へつなぐ、つながるTASUKI~というチャリティーランイベントを立ち上げ、約30名のボランティアとともに企画運営を行っている。

村山浩(むらやまひろし)氏
SMBCグリーンサービス株式会社/千葉飛翔ウェーブ所属

2008年に慢性炎症性脱髄性多発神経炎を発症し、車いす生活に。

第3回日本障がい者バドミントン選手権大会ダブルス優勝・シングルス3位、2016年コロンビアパラバドミントンインターナショナル シングルス優勝、2017年ペルーパラバドミントンインターナショナル ダブルス優勝・シングルス2位、2018年トルコパラバドミントンインターナショナル ダブルス3位他。シングルス世界ランキング12位(2018年3月31日現在)。
東京2020大会で初めてパラリンピック正式競技となった同競技について、自身の競技生活に並行し、次世代育成のための競技普及活動にも勤しむ。

蛇沼香野(じゃぬまかの)氏

神田外語大学英米語学科3年、平昌冬季オリンピックでのボランティア経験者

荒井洋子(あらいようこ)氏

成田空港案内ボランティア、NPO法人成田空港ボランティア・スカイレッツ 会長

 

ページの先頭へ戻る

主催・問い合わせ

主催等

  • 主催:千葉県
  • 共催:千葉市・一宮町・成田市・浦安市

問い合わせ

千葉県環境生活部県民生活・文化課

県民活動推進班ボランティアシンポジウム担当

電話:043-223-4147(土曜日・日曜日・祝日を除く9時~17時)

メール:npo-vo@mz.pref.chiba.lg.jp

お問い合わせ

所属課室:環境生活部県民生活・文化課県民活動推進班

電話番号:043-223-4147

ファックス番号:043-221-5858

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?