サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > くらし・福祉・健康 > くらし > NPO・ボランティア > (2)地域の様々な主体と市民活動団体等の連携・協働の促進|県民活動推進施策の3つの柱 > 次世代ボランティア人材育成事業 > 2020ちばおもてなし隊トライアルステージ~「参画」、「つながり」から「人づくり」へ~「ボランティアトライアル2019 ~NIPPON 体感~ 和×話×輪 WAWAWA 「和」にふれて「話」弾んで「輪」になって」を開催しました(令和元年12月14日開催)

報道発表案件

更新日:令和元(2019)年12月18日

2020ちばおもてなし隊トライアルステージ~「参画」、「つながり」から「人づくり」へ~「ボランティアトライアル2019 ~NIPPON 体感~ 和×話×輪 WAWAWA 「和」にふれて「話」弾んで「輪」になって」を開催しました(令和元年12月14日開催)

発表日:令和元年12月6日
環境生活部県民生活・文化課

事業報告

千葉県内の各所から高校生・大学生など約130名が参加し、留学生や外国人親子と日本文化体験やパラスポーツ体験などを通じて交流を図りました。

イベント名のとおり、日本文化である「和」にふれる中で、学生が様々な方法でコミュニケーションを行い「話」弾んでいき、最後には大きな「輪」が生まれました。

I 講演会「スポーツ大会のボランティアとは?」

ボランティアトライアル1

ボランティアトライアル2

西川千春氏からこれまでのボランティア経験から培われてきたスポーツボランティアの醍醐味について講演していただきました。学生たちはボランティア活動への意欲が芽生え、西川氏に対して様々な質問をしていました。

 II グループワーク・ランチタイム

ボランティアトライアル3

ボランティアトライアル4

親睦を深めるため8つのグループに分かれて行ったジェスチャーゲームでは、お互いが恥ずかしがりながらも精一杯のジェスチャーで伝えたり、ジェスチャーを読み取ろうとしており、その姿に言葉の壁を感じませんでした。

III レッツ体験

ボランティアトライアル5

ボッチャ体験

ボランティアトライアル8

折り紙&箸置き作り

 

ボランティアトライアル7

ペン習字&年賀はがき作り

ボランティアトライアル6

ゴールボール体験

 

高校生・大学生が考えたパラスポーツ体験や日本文化体験は、これまでの講演やグループワークの中で学んだことや感じたことを活かして、スタッフだけでなく参加学生同士で体験内容を教えあうなどコミュニケーションを取り、皆が楽しく体験を行っていました。

IV スポーツ講談

ボランティアトライアル9

ボランティアトライアル10

神田山緑氏からスポーツを題材として講談を行っていただきました。学生たちは日本の伝統「和」を再認識しているようでした。

事業概要

2020ちばおもてなし隊のこれまでの活動中で培われた高校生等と大学生のつながりを継続・発展させ、若い世代が活躍する場を創出するとともに、多様な交流の場づくりを行います。

今回はボランティアやおもてなし活動に意欲を示す高校生・大学生たちが、千葉で学ぶ留学生や千葉で生活する外国人親子と一緒にパラリンピック競技や日本文化体験などを通じて相互に交流を図ります。

高校生や大学生の皆さん、一緒にボランティアやおもてなし活動を始めてみませんか?

事業名

平成31年度次世代ボランティア人材育成事業

2020ちばおもてなし隊トライアルステージ~「参画」、「つながり」から「人づくり」へ~

ボランティアトライアル2019 ~NIPPON 体感~

和×話×輪 WAWAWA 「和」にふれて「話」弾んで「輪」になって

チラシダウンロード(PDF:2,142KB)

チラシ1

チラシ2

日程・会場

日時

令和元年12月14日(土曜日) 午前9時30分から午後4時まで

会場

神田外語大学2号館、8号館、食堂 等(千葉市美浜区若葉1-4-1)

アクセス

JR海浜幕張駅から徒歩約15分又はバス約5分、JR幕張本郷駅から徒歩約15分又はバス約8分、

JR幕張駅から徒歩約20分

全体構成

  • I 講演会「スポーツ大会のボランティアとは?」
    講師:西川千春氏(公益財団法人笹川スポーツ財団特別研究員、東京オリンピック・パラリンピック協議大会組織委員会ボランティア検討委員)

    これまでのスポーツ大会でのボランティア経験を活かし、スポーツ大会におけるボランティアについて講演します。
  • II グループワーク・ランチタイム
    1日を共に過ごすメンバーと色々な話をするだけでなく、ランチも一緒にすることでより深い交流をはかります。
  • III レッツ体験
    パラリンピック競技や書道、福笑い、太巻き祭り寿司などの日本文化体験ブースをグループで回って、色々な体験・交流を行います。
  • IV スポーツ講談
    講談師:神田山緑氏

    スポーツを題材として、日本の伝統芸能である講談を行い、来年に向けた高校生・大学生たちの雰囲気を盛り上げていきます。

対象者

内在住もしくは在学の高校生、大学生

※大変申し訳ございませんが、一般の方のご鑑賞はご遠慮いただいております。

申込方法

記のQRコードから申し込みフォームへ入力。または、下記の問合せ先のメールアドレス若しくはファックスで件名を「ボランティアトライアル2019」とし、<1>氏名(ふりがな)、<2>在学校名、<3>連絡先を記載してお申し込みください。

申込用QRコード

ボランティアトライアルQRコード

申込期限:12月10日(火曜日)まで

問合せ先

特定非営利活動法人生涯学習応援団ちば

TEL:090-9205-3450

FAX:043-304-5545

MAIL:2020chiba.omotenashi@gmail.com

2020ちばおもてなし隊とは…

成26年度千葉県の「ボランティア参加促進事業」による企画提案な中で、2020年に本県でオリンピック・パラリンピック8競技が開催されることを踏まえ、ボランティア活動の中心的な世代として、大学生や高校生等が活躍してほしいという思いから、特定非営利活動法人生涯学習応援団ちばにより創設されました。大学生や高校生等の若者が主体となり、大会の成功に向けおもてなし活動の実践体験やオリンピック・パラリンピックの理解促進を行っています。

細は参考インタビューをご覧ください。

参考インタビュー:事例紹介「2020ちばおもてなし隊」による若者のチャレンジを応援(特定非営利活動法人生涯学習応援団ちば)

 

よくある質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:環境生活部県民生活・文化課県民活動推進班

電話番号:043-223-4147

ファックス番号:043-221-5858

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?