サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:令和元(2019)年7月18日

ちばNPO・ボランティア情報マガジン第419号

ちばNPO・ボランティア情報マガジン第419号

2019年7月10日発行
千葉県環境生活部県民生活・文化課

”地域のみんなで創る支え合いと活力のある千葉県”を目指して
千葉県NPO・ボランティア情報ネットもぜひご覧ください。

〈メルマガindex〉

(千葉県県民生活・文化課)

(千葉県県民生活・文化課、7月20日:館山市、7月23日:千葉市)

(千葉県県民生活・文化課)

(千葉県循環型社会推進課)

 【1】2020年、#ちょいボラで参加してみませんか?(千葉県県民生活・文化課)

家族や友だち、サークルの仲間などと一緒に、身近に取り組めるちょっとしたボランティア「#ちょいボラ キャンペーン」を開始しました。

 

<取り組み方その1「#ちょいつく」>

折り紙アートなど、手作りの「おもてなしグッズ」を作って、2020年夏に国内外からやってくる大会観戦者や観光客などに配付しましょう!

(グッズの一部は2020年に活動する「都市ボランティア」が会場周辺や空港でも配付を予定しています)

 

<取り組み方その2>

身近にできる「#ちょい○○」に取り組んで、活動をSNSやウェブで広めましょう!

 

【詳細はこちら】

https://wwwp.pref.chiba.lg.jp/volunteer2020/entry/little.html

(#ちょいボラ(参加者・活動報告募集中)千葉県の東京2020に向けた都市ボランティア特設サイト)

 

【問い合わせ先】

千葉県環境生活部 県民生活・文化課(都市ボランティア事務局)

TEL:043-223-4147

 【2】協働のまちづくりセミナー参加者を募集しています(千葉県県民生活・文化課、7月20日:館山市、7月23日:千葉市)

人口減少・少子高齢化等が進む中、これらの課題を行政のみで解決していくには限界があるため、地域コミュニティによる自発的・自立的な課題解決の取組が必要不可欠となっております。

さらに効果的に解決するためには、多様な主体が連携・協働して取組むことが重要となります。

そこで、協働促進についての課題を抱えている地域において、市町村と地縁団体、市民活動団体、企業等が地域課題の解決について、共通の認識を深め、協働による取組を検討する契機となるよう、セミナーを開催しております。

今年度につきましても下記のセミナーが決定しましたので、参加者を募集します。

 

1.協働のまちづくりセミナーin館山[館山市制施行80周年記念事業]

【日時】令和元年7月20日(土曜日)13時30分~15時30分(開場13時00分)

【場所】館山市コミュニティセンター第1集会室

(館山市北条740-1、JR館山駅より徒歩21分)

【内容】基調講演「これからの地域づくりに何が必要か~協働の必要性について」

講師:関谷昇氏(千葉大学大学院社会科学研究院教授)

【定員】100名(申込先着順・参加費無料)要申込(7月18日(木曜日)〆切)

【共催】館山市

【URL】https://www.pref.chiba.lg.jp/kkbunka/npo/kyodo/r1/190720tateyama.html

((令和元年度)安房地域|協働によるコミュニティづくり)

 

2.協働のまちづくりセミナー特別編

休眠預金等活用を契機に考える、民間公益活動

【日時】令和元年7月23日(火曜日)14時00分~17時00分(開場13時40分)

【場所】千葉市幕張勤労市民プラザ多目的ホール

(千葉市美浜区若葉3-1-8、JR海浜幕張駅から徒歩13分、

もしくは駅北口<6>番乗りば『幕張ベイパーク線』「若葉三丁目」下車すぐ)

【内容】制度説明「休眠預金等活用について」

講師:内閣府休眠預金等活用担当室

基調講演「評価を通じた業務・組織改善」

講師:清水潤子氏(日本ファンドレイジング協会)

事例発表「組織基盤強化から始める評価」

講師:石川紗樹氏(特定非営利活動法人市川子ども文化ステーション副理事長)

【定員】100名(申込先着順・参加費無料)要申込(7月19日(金曜日)〆切)

【共催】千葉市

【URL】https://www.pref.chiba.lg.jp/kkbunka/npo/kyodo/r1/190723kyumin.html

((令和元年度)千葉地域|協働によるコミュニティづくり)

 

<共通事項>

【申込方法】希望会場、氏名、居住市町村、所属(自治会、NPO、一般市民等)、

連絡先電話番号を明記し、FAX、Eメールまたは電話にてお申し込みください。

【主催】千葉県

【問い合わせ先】

千葉県環境生活部 県民生活・文化課

TEL:043-223-4133 FAX:043-221-5858

email:npo-vo@mz.pref.chiba.lg.jp

 【3】第9回「ちばコラボ大賞(千葉県知事賞)」を募集しています(千葉県県民生活・文化課)

県内では、福祉や環境、子育て、まちづくりなどの様々な分野で、市民活動団体と地緑団体、社会福祉協議会、学校・大学、企業、行政機関とが連携して、地域の課題解決に取り組んでいる事例がたくさんあります。

県ではそのような連携事例の中から、他のモデルとなるような優れた事例を「ちばコラボ大賞(千葉県知事賞)」として表彰し、連携の重要性や効果を広く県民の皆さまにお知らせすることにより、連携による地域づくりの促進を図ります。

つきましては市民活動団体と地緑団体、社会福祉協議会、学校・大学、企業や行政機関との連携事例を募集します。

 

【締め切り】

8月1日(木曜日)午後5時必着

 

【詳細はこちら】

https://www.pref.chiba.lg.jp/kkbunka/collabo/r1/boshu.html

(令和元年度「ちばコラボ大賞(千葉県知事賞)」の候補事例の募集について)

 

【問い合わせ先】

千葉県環境生活部県民生活・文化課

TEL:043-223-4133

 【4】「エコメッセ2019inちば」ボランティア募集のお知らせ(千葉県循環型社会推進課)

幕張メッセを舞台に毎年開催される、環境活動見本市「エコメッセinちば」。

持続可能な社会の実現を目指して、市民・大学・企業・行政による連携・協働の取組を促進することを目標に、1996年から毎年開催し、今年で24回目となりました。

この千葉県内最大級の環境イベントのボランティアをしてみませんか?

 

【日時】令和元年10月20日(日曜日)

早朝(6時50分~10時00分)、午前(9時00分~13時00分)、

午後(12時30分~16時30分)、夕方(15時30分~17時00分)の4部

【場所】幕張メッセ国際会議場

【対象】高校生以上

【内容】屋内作業、屋外作業、着ぐるみ、搬入手伝いなど

【申込】ホームページの応募フォームから御応募ください。

https://www.ecomesse.com/volunteer

(エコメッセinちば)

 

【備考】交通費を一律1,000円支給いたします。

一括してイベント保険に加入します。御参加は半日でも1日でも結構です。

なお、開催日以外でも、実行委員として活動に参加されたい方は御連絡ください。

 

【問い合わせ先】

千葉県環境生活部 循環型社会推進課

TEL:043-223-2760

 【5】民間団体等からの助成情報の更新(新着情報)

  • 2019「チャンピオン・オブ・チェンジ」日本大賞(公益財団法人パブリックソース財団)
  • 第7回エクセレントNPO大賞(「エクセレントNPO」をめざそう市民会議)
  • 第93回リユースPC寄与プログラム(認定NPO法人イーパーツ)
  • 令和元年度上期 障害児・者に対する自立支援活動への助成募集(公益財団法人洲崎福祉財団)

【詳細はこちら】

民間団体からの助成情報

=================================
「ちばNPO・ボランティア情報マガジン」バックナンバーのページ
=================================

編集・発行
千葉県環境生活部県民生活・文化課
〒260-8667千葉市中央区市場町1-1

TEL

043-223-4147・4133(県民活動推進班)
043-223-4137・4166(NPO法人班)
043-223-2408(文化企画班)
043-223-2406(文化振興班)
043-223-2288・2330・2291(子ども・若者育成支援室)

FAX
043-221-5858

配信停止・変更
お問い合わせ・ご意見はこちら
npo-vo@mz.pref.chiba.lg.jp

【『ちばNPO・ボランティア情報マガジン』は、転載、複写、大歓迎です】

===================================

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:環境生活部県民生活・文化課県民活動推進班

電話番号:043-223-4147

ファックス番号:043-221-5858

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?