サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:平成30(2018)年7月20日

ちばNPO・ボランティア情報マガジン第394号

ちばNPO・ボランティア情報マガジン第394号

2018年6月28日発行
千葉県環境生活部県民生活・文化課

”地域のみんなで創る支え合いと活力のある千葉県”を目指して
千葉県NPO・ボランティア情報ネットもぜひご覧ください。

<メルマガindex>

 【1】7月20日、8月18日開催!協働まちづくりセミナーin匝瑳、in香取(県民生活・文化課)

協働まちづくりセミナーとは、県内地域において日頃の地域づくりやボランティア活動等に課題を抱えている方や地域での取組に関心のある方を対象に、
活動のヒントとなる講演やスキルを高めるワークショップ、情報交換会を行う取組です。

今回は直近で開催予定の2つのセミナーをご案内します。

協働まちづくりセミナーin匝瑳
【日程】平成30年7月20日(金曜日)13時30分~16時30分
【会場】匝瑳市民ふれあいセンター
【内容】地域コミュニティを元気にする会議の進め方・つくり方
何事も活動するのに会議はつきもの。実は会議を一工夫すれば、地域活動の魅力がアップし、地域コミュニティも元気にすることができます。
その“会議のコツ”を学んでいきます。
【講師】市民社会パートナーズ代表庄嶋孝広氏
【定員】55名(先着)
【詳細はこちら】
https://www.pref.chiba.lg.jp/kkbunka/npo/kyodo/h29/sousa180720.html
((平成29年度)印旛地域|協働によるコミュニティづくり)

協働まちづくりセミナーin香取
【日程】平成30年8月18日(土曜日)13時30分~16時30分
【会場】佐原中央公民館大会議室
【内容】“コラボ”が生み出す、相乗効果から考えるこれからのまちづくり
人口減少・少子高齢化が進む中で、「地域の活力の維持」や「地域の困りごとの解決」はコミュニティの大問題となっています。
このセミナーでは、様々なひとが「出来ること」や「やりたいこと」を持ち寄り、コラボして地域の課題に取り組む県内事例から、これからのまちづくりを考えます。
【コーディネーター】千葉工業大学副学長鎌田元弘氏
【定員】100名(先着)
【詳細はこちら】
https://www.pref.chiba.lg.jp/kkbunka/npo/kyodo/h29/katorikorabo180818.html
((平成29年度)東葛地域|協働によるコミュニティづくり)

共通事項
【参加費】無料
【申込】電話、ファックス、メールのいずれか(※要事前申込)
【問い合わせ・申込先】
千葉県県民生活・文化課県民活動推進班
TEL:043-223-4133
FAX:043-221-5858
MAIL:npo-vo@mz.pref.chiba.lg.jp

 【2】第8回「ちばコラボ大賞(千葉県知事賞)」を募集しています。

県内では、福祉や環境、子育て、まちづくりなどの様々な分野で、市民活動団体と地緑団体、社会福祉協議会、
学校・大学、企業、行政機関とが連携して、地域の課題解決に取り組んでいる事例がたくさんあります。

県ではそのような連携事例の中から、他のモデルとなるような優れた事例を「ちばコラボ大賞(千葉県知事賞)」として表彰し、
連携の重要性や効果を広く県民の皆さまにお知らせすることにより、連携による地域づくりの促進を図ります。

つきましては市民活動団体と地緑団体、社会福祉協議会、学校・大学、企業や行政機関との連携事例を募集します!

【募集期間】
平成30年6月1日(金曜日)~8月1日(水曜日)

【詳細はこちら】
https://www.pref.chiba.lg.jp/kkbunka/collabo/h30/boshu.html
(平成30年度「ちばコラボ大賞(千葉県知事賞)」の候補事例の募集について)

 【3】岸田ひろ実さん(株式会社ミライロ講師・日本ユニバーサルマナー協会理事)による講演会(県健康福祉政策課)

県では人権問題に対する正しい理解と認識を深めるため、「平成30年度人権問題講演会」を開催します。
「バリアバリューから社会を変える~みんなが求めるユニバーサルマナー~」と題し、
岸田ひろ実さん(株式会社ミライロ講師・日本ユニバーサルマナー協会理事)による講演を行います。(入場無料)

【日程】8月8日(水曜日)13時20分~16時00分(事前申込制)

【場所】千葉市文化センター(千葉市中央区中央2-5-1)

【問い合わせ】
健康福祉政策課人権室
電話:043-223-2348

【詳しくはこちら】
https://www.pref.chiba.lg.jp/kenfuku/press/2018/kouenkai-30.html
(平成30年度人権問題講演会の開催について)

 【4】第13回「みどり香るまちづくり」企画コンテストについて(環境省)

かおりの樹木・草花を用いた、街区・近郊地区等の「みどり香るまちづくり」を演出する企画を募集します。
環境大臣賞(1点)には50万~100万相当の苗木等を副賞として提供。ふるってご応募ください。

【応募要件】

  1. かおりの樹木・草花等(原則として総計30本以上)を使用する企画であること。
  2. 今後実施を想定しており、植栽場所を確保している企画であること(既に実施している事業については、植え替えや拡大などを想定している事業であること)。

【募集期間】
平成30年5月14日(月曜日)から9月14日(金曜日)まで

【詳しくはこちら】
環境省ホームページをご覧ください。
応募の流れ、過去の受賞企画に関すること:
http://www.env.go.jp/air/midori-kaoru/index.html
募集要項、応募用紙に関すること:
http://www.env.go.jp/air/akushu/midori_machi/index.html

 【5】民間団体等からの助成情報(新着情報)

  • 第10回『関東・水と緑のネットワーク』(日本生態系協会)
  • 平成30年度上期障害児者に対する自立支援活動への助成募集(洲崎福祉財団)

【詳細はこちら】
民間団体からの助成情報

 【6】【講演会】NPO法制定20年NPOの役割再考-NPO1.0から2.0へ-(ちばNPO協議会)

NPO法の制定から20年。社会的課題に対応した事業の担い手として、NPO法人の役割は大きくなっていると言えますが、
一方で市民を巻き込んだ「参加型事業」の運営ができているかどうか、社会的役割についての疑問も生じています。


長年、NPO活動を推進してきた松原明さんは「NPOの活動は新しい段階に入りつつある」と言います。
-NPO1.0から2.0へ-今後どのような発展を遂げていけるのか、松原さんにお話しいただきます。

【日時】7月6日(金曜日)16時00分~18時30分
【会場】船橋市勤労市民センター3階第1会議室(船橋駅南口徒歩5分)
【講師】
松原明さん(認定NPO法人シーズ・市民活動を支える制度をつくる会理事)
【参加費】500円(資料代)
【定員】40名
【主催】ちばNPO協議会
【申込み】
NPOクラブ(協議会事務局)http://www.npoclub.com
電話:043-303-1688
FAX:043-303-1689
E-mail:npo-club@par.odn.ne.jp

=================================
「ちばNPO・ボランティア情報マガジン」バックナンバーのページ
=================================

編集・発行
千葉県環境生活部県民生活・文化課
〒260-8667千葉市中央区市場町1-1

TEL

043-223-4147・4133(県民活動推進班)
043-223-4137・4166(NPO法人班)
043-223-2408(文化企画班)
043-223-2406(文化振興班)
043-223-2288・2330・2291(子ども・若者育成支援室)

FAX
043-221-5858

配信停止・変更
お問い合わせ・ご意見はこちら
npo-vo@mz.pref.chiba.lg.jp

【『ちばNPO・ボランティア情報マガジン』は、転載、複写、大歓迎です】

===================================

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:環境生活部県民生活・文化課県民活動推進班

電話番号:043-223-4133

ファックス番号:043-221-5858

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?