ここから本文です。

ホーム > 県政情報・統計 > 県のご案内 > 国際交流・協力 > 国際交流・協力に関する情報 > 内閣府青年国際交流事業 > 2019年度「東南アジア青年の船」参加青年の副知事表敬訪問について(10月29日)

報道発表案件

更新日:令和元(2019)年10月24日

2019年度「東南アジア青年の船」参加青年の副知事表敬訪問について(10月29日)

発表日:令和元年10月23日
千葉県環境生活部県民生活・文化課

内閣府主催「東南アジア青年の船」事業において、日本及びASEAN(東南アジア諸国連合)10か国の参加青年が、県内で4日間の地方プログラムを体験します。また、地方プログラムの一環として、参加青年が千葉県を訪問して、滝川副知事の表敬を行います。

  1. 日時  令和元年10月29日(火曜日)午前10時30分~午前11時
  2. 会場  プラザ菜の花3階菜の花
  3. 訪問者 東南アジア青年の船参加青年
        (日本及びASEAN10か国の参加青年 29名 うち日本人3名)
  4. 次第
      (1)滝川副知事あいさつ
      (2)ナショナルリーダーあいさつ
      (3)参加青年自己紹介
      (4)記念品贈呈
      (5)記念撮影

 

【県内の予定(地方プログラム)】

  • 10月26日(土曜日) 成田国際空港株式会社視察
             歓迎会・ホームステイマッチング(ホテル日航成田)
  • 10月27日(日曜日) ホームステイ(主に成田市内)
  • 10月28日(月曜日) 地元青年とのディスカッション(敬愛大学)
             イオンモール株式会社視察
  • 10月29日(火曜日) 滝川副知事表敬訪問
             亥鼻城(千葉城)周辺散策
             海ほたる視察

 

◆「東南アジア青年の船」事業について◆

内閣府の青年国際交流事業の一つで、昭和49年に日本とASEAN(東南アジア諸国連合)加盟国の間の共同事業として発足し、その後、毎年実施され、今回で46回目を迎えます。ASEAN10か国と日本の青年が参加し、約40日間船で生活を共にし、船内及び東南アジアの訪問国において交流活動を行います。乗船に先立ち、ASEANの青年が来日し、千葉県をはじめ11県の受入先に分かれ、4日間の地方プログラムを体験します。終了後は再び東京に集合し、東南アジアに向けて出航します。(事業全体参加青年:280人、うち日本人39人)

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:環境生活部県民生活・文化課子ども・若者育成支援室  

電話番号:043-223-2288

ファックス番号:043-221-5858

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?