ここから本文です。

ホーム > 教育・文化・スポーツ > 歴史・文化 > 文化振興事業 > ちばの街道を歩こう > ちばの街道を歩こう〔御成街道を歩く〕

更新日:令和2(2020)年9月23日

ページ番号:5911

ちばの街道を歩こう〔御成街道を歩く〕

 

御成街道は、江戸時代の初め、徳川家康が東金へ鷹狩りに出かけるために作られた街道です。

家康の命を受けた老中佐倉藩主土井利勝は、船橋から東金間約37キロの沿道の村97ヶ村の農民を総動員し、三日三晩で造ったといわれています。

街道沿いには、徳川家にまつわる社寺(船橋東照宮、金光院など)や屋敷跡(御茶屋御殿・東金御殿)が点在しています。

 

 コースの紹介

御成街道の地図

“ちばの街道を歩こう・御成街道を歩く”
平成18年9月16日(土曜日)
総勢約40名の方々とバスと徒歩で御成街道の魅力にふれてみました。

実際の日程

8時45分 JR千葉駅前集合
↓*バス移動
9時15分 御成台入口交差点到着
↓*徒歩
提灯塚・高札場跡・金光院・御茶屋御殿
↓*徒歩
11時50分~12時45分 昼食・市乳育成牧場
12時45分~12時50分 バス移動
(八街市)旧道見学(バス下車)
13時20分~13時55分 バス移動
13時55分~15時15分 徒歩
(東金市)日吉神社・本漸寺・東金御殿
↓*バス移動
16時30分 JR千葉駅解散
立ち寄った場所の一覧
立ち寄った場所 種類 位置 説明
提灯塚 史跡 千葉市
千城台東
街道の8ヶ所にあった一里塚のひとつで、造成のとき、直線を定めるため、この塚に昼は白旗、夜は提灯を揚げ、工事を行ったという。
金光院 社寺 千葉市
金親町
元和元年(1615)に家康がこの寺に宿泊したといわれる。山門は御茶屋御殿の裏門を移築したものと伝えられている。
御茶屋御殿跡 史跡 千葉市
御殿町
船橋を基点に東金まで続く御成街道の中間地点にある、一重の空堀と土塁とに囲まれた方形状の館跡である。
日吉神社 社寺 東金市
大豆谷
大山昨命(おおやまくいのみこと)を祀っている。表参道の杉並木は、東金市の天然記念物にも指定されている。
本漸寺 社寺 東金市
東金
家康が東金御殿に宿泊したとき、境内に自ら植えたといわれる金柑の木がある。
東金御殿跡 史跡 東金市
東金
慶長18年から19年(1613~14)にかけて建てられた、家康・秀忠のための休憩・宿泊施設。現在の東金高校。

 おすすめスポット

 景勝

名称 位置 説明
八鶴湖 東金市
東金
東金城跡に連なる山々を背に広がる周囲約800mの美しい湖。もとは小さな池だったものを、徳川家康の東金御殿建設の際に大きく開削され、現在の姿になったと伝えられている。

 社寺

名称 位置 説明
常磐神社(意富比神社) 船橋市
宮本
通称「船橋大明神」と呼ばれる意富比神社、その境内の東側に建つのが常磐神社である。慶長13年(1608)に建立され、祭神は、本殿が日本武尊、相殿の左が東照宮、右が秀忠公である。
元観音堂 千葉市
稲毛区長沼町
三代将軍家光が鷹狩りの際に愛馬が死んでしまったことから、その屍を葬り供養するために建てたといわれている。

 祭り

名称 位置 説明
和良比大六天の
はだか祭り
四街道市
和良比
毎年2月25日、大六天の和良比の皇産神社に伝わる奇祭。ふんどし一つの若者が近くの神田で泥をぶつけ合ったり、相撲をとる。

 史跡

名称 位置 説明
船橋御殿跡(東照宮) 船橋市
本町
慶長19年(1614)前後に造営。家康が鷹狩りに出かける際に使われた。同地は船橋大神宮神職の富氏に払い下げられ、家康を祀る東照宮を建立したと伝えられている。
魂霊坂と道標 東金市
黒田
天正18年(1590)に家康軍に敗れ、ここで亡くなった酒井氏の家臣を大木の根元に奉ったことにより、この名が伝えられている。この坂を東金方面に下ると、右側に道標がある。

 

お問い合わせ

所属課室:環境生活部県民生活・文化課文化企画班

電話番号:043-223-2408

ファックス番号:043-221-5858

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?