ここから本文です。

更新日:平成28(2016)年12月8日

肉の生食・加熱不足にご注意を!

肉の生食・加熱不足による食中毒

近年、「カンピロバクター」や「腸管出血性大腸菌(O157など)」などの細菌による食中毒が多発しています。この原因の多くは、肉の生食(鶏の刺身、レバ刺し等)や、加熱不足(焼肉、焼き鳥、バーベキュー等)です。また、これら細菌が手指や調理器具を通して食品に付着し、食中毒を引き起こすともあります。

食中毒予防のポイント

  • 生肉・加熱不足の肉は食べない。
  • 肉は中心部までよく加熱する(中心温度75℃1分以上)。
  • 生肉を触った後の手指、調理器具はよく洗浄して消毒する。
  • 焼肉をするときは、生肉を取り分ける箸(トング)と焼き上がった肉を食べる箸を使い分ける。

参考となるホームページ

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部松戸健康福祉センター疾病対策課

電話番号:047-361-2139

ファックス番号:047-368-0689

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?